遺伝する?気になるアレルギー

自分がアレルギーもちだと、子供に遺伝するかも…と心配になる妊婦さんは多いようです。

view248

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 妊娠中の食べ物は子供のアレルギーに影響する?

  • 「妊娠中にアレルギーに関わる食品をたくさん食べたから赤ちゃんに影響する」という訳ではないようです。まず両親が本来もっているアレルギー体質を赤ちゃんが受け継ぎます。そして妊娠中にアレルギーの原因がある食品がその体質を目覚めさせてしまうのです(発症させる)。

    妊娠後期に胎児にアレルギー抗体(IgE抗体)が作られ始めます。この時期に家系にアレルギー体質がある人が注意が必要なのです。
    出典 :妊娠とアレルギー 今から始めるアレルギー対策
  • 妊娠後期からが注意時期なんですね。何が何でも食べてはいけないわけではないなら、ちょっと気を緩めることが出来そうです。

  • バランスの良い食事が大切

  • 冬の時期は、冷たい牛乳を飲むよりあったかい牛乳を飲む人が多いのではないでしょうか。牛乳は高温殺菌されたものだったりすると、たんぱく質やカルシウムが、摂取しにくい形に変形してしまいます。そのため、栄養が偏ってしまい赤ちゃんのアレルギー体質との関係が疑われています。
    余談ですが、牛乳は本来はほぼ無臭です。しかし、日持ちさせるために高温殺菌しています。高温殺菌する過程で牛乳に「こげ臭」 がつきます。スーパーで売っている牛乳のにおいの原因は、「こげ臭」によるものです。
    食欲がなくなるつわりの時期、おなかが大きくなってくる妊娠5ヶ月以降の食事は、注意が必要です。特にお腹が大きくなると、今まで以上に食事の準備に限らず大変になります。栄養価の高い食品で食事を済ませ過ぎないようにしましょう。
    出典 :赤ちゃんのアレルギー体質を防ぐ ガラガラガラ.com
  • これさえ食べておけば~…というのがいけないようですね。過ぎたるは及ばざるがごとし、ということでしょう。

  • 母乳はアレルギーを防ぐ効果がある

  • タンパク質などのアレルゲンは、体内で消化吸収され、アミノ酸まで分解されれば、異物と認識されず、抗原抗体反応はおきません。ところが、消化能力が未熟な赤ちゃんの場合は、分解がうまくいかないため、タンパク質が腸壁を通り抜けて血液中のIgEと反応をおこしてしまいます。しかし、身体の中には抗原抗体反応をおこさないように、身体の未熟な部分を補うしくみも、またあります。消化能力が未熟で分解がうまくいかないとき、血液中にIgA(免疫グロブリンの一種)が待機していると、IgEと反応をおこす前にタンパク質の分解を助けてくれるのです。このIgAは、母乳の中に多く含まれています。「母乳育児でアトピー予防を」というようなことがよく言われるのは、こういう理由からなのです。
    出典 :アレルギー体質の妊婦さんの食べ物
  • 母乳と言うか、母の身体は偉大ですね。母乳育児は大変なようですが、ちょっと頑張ってみるのも良いかもしれません。

  • 食事だけに気を付ければ良い?

  • ここ数十年の子供のアレルギー体質の増加の原因は、妊娠中の食事の仕方だけではありません。他にも住宅の密閉度高によるダニやカビが増えたこと、大気汚染、現代社会における精神的ストレスなどが考えられます。
    出典 :赤ちゃんのアレルギー体質を防ぐ ガラガラガラ.com
  • 食事以外にも色々気を付けないといけないんですね…。清潔な環境と言うのは、やはり基本なのでしょう。

  • 他に気を付けることは?

  • ●私が頻繁に書いています様に、普通の食事ではなかなか摂れず不足気味
      になるカルシウムは、妊娠期に1000mg、授乳期には1100mgもの
      カルシウムを毎日補充する必要があるのです。

    ●また忘れてはいけないのは、妊娠中の女性は赤ちゃんが排泄する老廃物
     も自分の肝臓で解毒・処理しなければならず、それだけ肝臓の負担も大きく
     なります。
     そして出産後の女性では母乳を与えているお母さんに取りましては、
     アミノ酸は欠かすことのできない重要な栄養素なのです。

    ●母乳にはアルブミンと呼ばれるたんぱく質の一つが豊富に含まれています。
      このアルブミンは血液中に存在して食事などで摂取したタンパク質を元に
      肝臓で合成され血管を通って全身に行きわたります。
      そしてアルブミンには細胞間に溜まった水分を再び血管に吸収すると
      いう働きもあり、体内の水分調節の役割も果たしています。

    ☆授乳期にはお母さんの身体はこのアルブミンを作るために、お母さんの
     肝臓は昼夜毎日フル回転で働いているのです。
     ~>肝臓の機能が衰えてアルブミンが合成されにくくなりますと細胞間に
        溢れた水分を回収できなくなり「浮腫み」の原因となります。

    ●この様に妊娠期・授乳期の女性にとっては、栄養をバランスよく摂り、人体
     の脳など各種組織細胞や骨格を正常に成長させる意味でも、非常に大切
     であり、肝臓を労り栄養=カルシウム+アミノ酸ー不足を起こさない様に
     注意が必要です。
    出典 :☆アレルギー・虚弱体質を避けるには妊娠期・授乳中の栄養管理が大切!☆|くすり・健康相談の招福堂 体質改善で根本的治癒を目指す相談専門の薬店です。熱海市清水町6-27 ニュー山田ビル101号
  • 肝臓をいたわりつつバランスを考えた食事…というのが大事なようです。