自分の家で出産!?自宅出産☆

自分の家で出産出来るって知っていましたか?
自宅出産について色々調べてみました☆

view149

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自宅出産

  • ご自宅で出産をされたいという方に、助産師としてお手伝いしたいと思っています自宅でのお産の良さはなによりリラックスできるということです。家族に囲まれ、見慣れた景色の中で新しい生命を迎えます。緊張が少ない分、お産の進行もスムーズです。分娩台で固定される事もなく、自由に動けますし、好きな姿勢でお産ができます。
    出典 :自宅出産とは
  •  

    上にお子さんがいる場合は入院してお母さんと離ればなれに
    なることもなく、その子なりに新しいきょうだいを迎えられます。医療の場ではないので、リスクのある方やなんらかの異常になった場合自宅での出産はできません。

  • ここがポイント

  • ●妊婦さんが健康であること
    ●正常分娩が予測できること
    ●妊娠中、嘱託医療機関の診察を受けること
    ●妊娠中に安産のための努力ができること
    ●家族が自宅助産院での出産に理解があること
    出典 :自宅出産とは? - ai-josanin ページ!
  • 出来ない人もいる

  • ●貧血の強い人
    ●妊娠性高血圧症候群と診断された人
    ●感染症のある人
    ●逆子(さかご)の人
    ●RHマイナスの人
    出典 :自宅出産とは? - ai-josanin ページ!
  • ●前回帝王切開でお産している人
    ●37週未満の出産、42週以降の出産
    ●推定体重が2500gに満たない場合
    出典 :自宅出産とは? - ai-josanin ページ!
  • 全部自宅!

  • 健診も自宅で待っていればいい 自宅での健診風景。日当たりのいいリビングでリラックスしながら診察。「ああ、気持ちがいい!」。マッサージは心身の状態を知るための重要な手がかりになる。
    お話をうかがっている間も、健診は進んでいます。
    出典 :自宅出産|プレママタウン
  •  

    足、ふくらはぎ、腿、腰、手、肩、頭……。村上さんは気持ちよさそうに身をまかせています。神谷さんは、体の凝りや滞りの状態を診ています。腰痛があれば、腰痛を予防するような姿勢やラクな姿勢をアドバイス

  • こんな人もお断りされる

  • ・妊娠経過に問題のある方(逆子、妊娠高血圧症など)・帝王切開の既往のある方・糖尿病、心臓疾患などの合併症のある方・ウィルス性肝炎などの感染症がある方・頻産婦(5回目以上のお産の方)の方・35歳以上の初産婦
    出典 :助産院は安全? 危機感のない助産師-自宅出産、女児死亡
     

    この辺は知っておきましょうね!

  • 24時間

  • 神谷さんは、妊娠36週を過ぎると、出産で使うガーゼや脱脂綿などの衛生用品と機材を、にんぷさんの自宅に置かせてもらいます。あとは24時間体制。携帯電話がいつでもつながるようになっているので、連絡が入ったら、夜中でも車やタクシーを使って、駆けつけます。
    出典 :自宅出産|プレママタウン
     

    すごいですよね

  • 助産師さんも自分のためだけについていてくれる。万一のことがあれば、提携先の病院に行くこともできる。これ以上はない、ぜいたくな出産に思えました。ちなみに、自宅出産の場合、1回の健診料が5000円くらい。分娩費用は、分娩介助料と産後の母子のケア数日分など、すべて含めて30~35万円くらいです。
    出典 :自宅出産|プレママタウン
     

    費用も一応