皆知っている?「日焼けの種類」は二種類ある!

日焼けの種類を知っていますか?二種類あるそうなのですがしってるかな?

view102

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日焼けの種類

  • よい日焼け=サンタンニング まずは、よい日焼け。これを「サンタンニング」と呼びます。日光を浴びることによって生まれるメラニン色素を、肌にムリなく自然に定着させること。皮膚表面の細胞組織に負担をかけないように、段階的に日光を浴びながら、徐々に美しい小麦色の肌に仕上げてゆくことを指します。
    出典 :日焼けには2種類ある!?
  • 悪い日焼け=サンバーン 反対に、悪い日焼けを「サンバーン」といい、急激に強い日光を浴びたために皮膚の表面組織がヤケドして炎症に発展した状態を指します。これは厳密には、とても“日焼け”とは呼べないかも知れません。バーンとは「ヤケド」を意味するコトバだからです。
    出典 :日焼けには2種類ある!?
     

    普通の人だとこのような場合が多いのではないでしょうか?

  • 日焼けにはこの二種類があるのですね

     

    しかし、内容をみてみると分かる通り、天国と地獄のように効果がちがいますよね。日本ではひとくくりにされていますが、大きな間違いと言っても良いかもしれませんね。

  • サンバーンの症状って

  • 赤くなり、ヒリヒリとした痛みやほてりを生じます。肌タイプにより異なりますが、日本人の肌タイプでは赤くなった後褐色になり、サンバーンを繰り返すと黒くなります。白人の場合は赤くなっても、その後黒くなりません。
    出典 :【日焼けの種類】肌タイプで異なる紫外線の影響 - 日焼け止めで美人肌
  • また、サンバーンの状態が悪くなると、水ぶくれになったり、発熱や頭痛をともなったりします。炎症が治ってくると、角質層の水分がなくなり、皮がはがれてきます。
    出典 :【日焼けの種類】肌タイプで異なる紫外線の影響 - 日焼け止めで美人肌
     

    こうなると痛くて辛いですよね。

  • サンタンの働き

  • サンタンを引き起こす紫外線は波長の長いUV-Aです。体への影響は少ないですが、UV-Bに比べて肌の奥まで入り込むので、コラーゲンを破壊します。これは肌のたるみ・しわの原因となります。また、UV-Aはメラニンの生成を促進します。
    出典 :【日焼けの種類】肌タイプで異なる紫外線の影響 - 日焼け止めで美人肌
  • サンタンには2種類あり、日焼けをしてすぐに黒くなる場合と、数日たってから黒くなる場合があります。すぐに肌が黒くなるのは、紫外線によるメラニンが酸化して黒っぽく見えることが原因です。この場合メラニンの生成はないので、肌の色はすぐに元に戻ります。
    出典 :【日焼けの種類】肌タイプで異なる紫外線の影響 - 日焼け止めで美人肌
     

    これがサンタンですね。

  • メラニンの働きが関連している

  • ◎紫外線を浴びる。⇒血管が拡張し血液量が増え赤くなる(紫外線を浴びると遺伝子が傷つき、その傷が治らないときも血管が拡張する)。⇒紫外線を浴びるとメラニンという色素細胞が作られ、肌が黒くなる(色素沈着)。⇒紫外線を大量に浴びた場合、メラニンが過剰に作られ、それが「シミ」となる。
    出典 :日焼けの種類・タイプ
  • このようになり、肌が赤くなり⇒黒くなっていくのです。ちなみにメラニンを作る能力は遺伝によって決まっており、メラニンを作る能力が高い人は肌が黒く(褐色)なりやすく、逆にメラニンを作る能力が低い人は肌が赤くなるだけで黒く(褐色)ならないのです。
    出典 :日焼けの種類・タイプ
     

    このような場合もあるのですね。

  • つまり肌が赤くなるだけで黒くならない人は紫外線の悪影響を受けやすく、さらに傷ついた遺伝子が修復されない=皮膚ガンの大きな原因なので、メラニンを作る能力が低い人=肌が赤くなるだけで黒くならない人は、より紫外線に対して注意しなければならないのです!
    出典 :日焼けの種類・タイプ
     

    このあたりは知っておきたいですね。

  • 男性でも女性でも

     

    言えた事ですが、日焼けは気になる部分ではないでしょうか?紫外線は毎年増え続けています。メラニンを作る能力が高いからといって良いとという訳ではないというのもわかりますよね。