しっかりと見直そう!「妊娠体質になる食事」を摂ろう!

妊娠体質になる食事を摂ろう!そして、しっかりと妊活をすすめましょう!

view114

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずはきちんとここから始めて!

  • タバコには4000種類を超える化学物質が含まれており、卵子や精子を傷つける”活性酸素”を生成したり、血管障害や体内の栄養素の破壊などから卵巣や子宮の機能を低下させる原因となってしまいます。本数を減らすのではなくキッパリと禁煙することをお勧めします。
    出典 :妊娠のための体質改善|不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』
  • 過度のアルコールは子宮内膜の状態を不安定にさせ、着床障害や流産のリスクを高めると言われています。そのため、お酒を飲む場合は適量を守るようにしましょう。体内のホルモン量を調整してくれる肝臓のためにも、週に1日はお酒を飲まない日をつくるようにしましょう。
    出典 :妊娠のための体質改善|不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』
  • 睡眠が不足すると自律神経が乱れ、その影響からホルモン分泌も乱れやすくなってしまいます。理想は一日7時間だと言われていますが、目覚めの良い睡眠時間であることが重要です。
    出典 :妊娠のための体質改善|不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』
  • 冷え性は気をつけよう

     

    冷えは血管を収縮させ血行不良を起こすことから、栄養の巡りやホルモンの分泌を悪化させる原因となってしまいます。他にも、免疫を下げ病気にかかりやすくなったりと妊娠にとって良いことはありません。こまめに冷えを取りできるだけ体を温めることでより妊娠しやすい体に近づけることができます。

  • 妊娠体質になる食事を始めよう!

  • 食事でポカポカ体質を目指すには、特別な料理や高価な食材は必要ありません。ちょっと食材選びに気をつけるだけで大丈夫です。根菜類は、食べる部分が土の中で育っている野菜のことです。根菜には体を温める効果が期待できます。具体的にはゴボウ・人参・サツマイモ・レンコン・こんにゃく・生姜などが根菜類に含まれています。
    出典 :ポカポカ体質になるコツ
  • ゴボウは食物繊維(水溶性食物繊維イヌリン)も豊富だから、便秘気味でも薬を飲めない妊娠中は便秘薬代わりにおすすめです。色味も薄くて、それだけでメインにすることが少ないので地味な野菜だと思われがちですが、酢水に浸してアク抜きすれば調理後もきれいな色をしています。
    出典 :ポカポカ体質になるコツ
  • ゴボウに限らず根菜類には食物繊維が豊富です。中には水溶性食物繊維のため溶けだしてしまうものもあります。しっかり摂取するには味噌汁やスープに加えます。基本的に、味がしみ込むと美味しいと言われる食材が多いので煮込み料理にも適しています。
    出典 :ポカポカ体質になるコツ
  • 他にも、生姜(ショウガ)は血行促進や体温保持、唾液や胃液の分泌を促して食欲増進と消化促進、殺菌作用も期待できるので風邪などウイルスに感染したくない妊婦にとってはおすすめの食材です。簡単にポカポカ体質を体験するには、紅茶やハチミツ湯に、すりおろし生姜を加えてみましょう。体の内側がポカポカ発熱し始めるのがわかります。
    出典 :ポカポカ体質になるコツ
  • 食事だけじゃない!ストレスを解消しよう!

  • ストレスというのは、体の肉体的にも精神的にもかなりの影響を及ぼします。精神的がストレスの影響を受けると、拒食症や過食症、不眠症になったり、うつ病や引きこもりになってしまうことがあります。
    出典 :ストレス対策
  • 肉体的に出る被害というのは、一般的に肩こりや腰痛、めまいなどの症状がありますが、ひどいものになると、胃潰瘍など胃を中心にした病気や円形脱毛症など髪の毛が抜けたりします。また、女性の場合には生理不順になったり、妊娠がしにくくなるという症状が現れることもあるそうです。
    出典 :ストレス対策
  • ストレス対策の一つ目は、まずストレスの原因をしっかり把握することが肝心です。仕事のせいなのか、家庭内不和なのか、人付きあいなのか、自分に対するコンプレックスなのか、などストレスの原因は人それぞれですが、原因を把握しなければ上手に解消出来ません。
    出典 :ストレス対策
  • 好きな映画を見たり本を読んだり、音楽を聴きながらドライブもいいでしょう。ストレス社会といわれる中でストレスを溜めないというのは難しいものですが、溜めこまないように、自分を癒してあげる対策を見つけておきましょう。
    出典 :ストレス対策
  • 冷え性対策をしよう

     

    お風呂と違って準備も片付けも簡単なのが継続しやすいポイントです。寒くなる前から日課にして朝から体の内側を温めていきましょう。