低い音だけ聞こえない!?「低音性突発性難聴」

突発性難聴とは少し違い、低い音が聞こえない、「低音突発性難聴」をまとめてみました。

view1139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 低音性突発性難聴

  • 近年増加している疾患で耳が詰まった感じ、聞こえにくい症状があり、検査では低音部(低い音)の聴力が低下しています。原因はストレスが背景にあるとされていますが、はっきりとわかっていません。
    血流改善剤やビタミン剤で治療を行います。
    出典 :今井耳鼻咽喉科~耳の病気~
  •  

    低い音だけとは言え、、聞こえないのはとても不安です。

  • 耳が詰まった重い感じがして、耳鳴りがする内耳の病気です。聴力検査をすると片側または両側の低音部の聴こえが落ちていることからこのような名前がついています。
    出典 :名古屋・昭和区の耳鼻科・高木耳鼻咽喉科医院
  • 低音障害型感音性難聴とも言うみたいですね

  • 突然生じる耳の異常感
    (耳閉感、耳鳴、難聴感、音の響きなど。一般に“ワーン” “ボー”と表現することが多い)。
    若い女性に多くみられる(20~30歳代)。
    低音域(125, 250, 500Hz)の聴力だけが低下する。
    出典 :若年性難聴 - 東京都中央区・岩佐耳鼻咽喉科
  •  

    耳の異常感は、突発性難聴と非常によく似てますねえ

  • 突然 低い音だけが聞こえなくなるようです。

  • 原因は?

  • 原因は自律神経失調、ストレスなどを背景として、内耳血行障害に起因する内リンパ水腫、一部は内耳自己免疫病と関連するとの説が有力
    出典 :若年性難聴 - 東京都中央区・岩佐耳鼻咽喉科
  • 血行障害やストレスとさまざまなようです。

  • 治療法は?

  • 治療に関しては、ストレスを避ける生活を心掛けていただき、神経代謝賦活剤やビタミン剤、精神安定剤を、場合によってはイソソルビド、副腎皮質ホルモンなどを投与します。
    出典 :若年性難聴 - 東京都中央区・岩佐耳鼻咽喉科
  • 治す方法はまず良く寝ること!! そしてストレスを避け、疲れを癒すことにつきます。
    これだけでも軽い人は治ってしまうことが多いのです
    出典 :名古屋・昭和区の耳鼻科・高木耳鼻咽喉科医院
  • ストレスをなくして治す!!

  •  

    よく寝て、体の疲れをとり、ストレスを無くすことだけでも早く治りそうです。
    ビタミンなどの栄養補給もわすれずに!!

  • ある日突然、急に聞こえの悪くなる感音難聴としては、突発性難聴というものが以前よりあり、急性低音障害型感音難聴もこの範疇に含められていました。しかし症状として「耳閉感(じへいかん;耳のつまる感じ)」が多いことや、突発性難聴よりも治りやすいなど、病態が異なることから、最近では別の病気と考えられるようになりました。
    出典 :急性低音障害型感音難聴とは? : 耳鼻科医の診療日記
  • 突発性難聴と、症状は似ているが別の病気と考えた方がよさそうですね。
    いずれにせよ、早めに病院へ行くことが大事ですね。