妊娠中期のクラミジア検査

最近非常に多くなっているクラミジア感染症。妊娠中期の検査で初めて感染をしていることを知る方もいるでしょう。クラミジア感染症とは?妊娠中の検査方法、治療、赤ちゃんへの影響など、気になることが沢山ありますよね?!調べていきましょう。

view546

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • クラミジア感染症とは?

  • クラミジア 感染症は10代~20代前半の女性を中心に最近増えてきている性感染症。女性の性感染症の中では、HPV感染を除くと最も多く、20代前半では性交経験のある人の5~10人に1人は感染していると予測されています。

    症状がほとんど出ないために、妊婦健診で検査をしてみて初めて感染に気づくというケースも少なくありません。 クラミジア による卵管炎は不妊症の原因となるため、若い頃の感染が将来弊害をもたらすこともあります。

    また、クラミジアに感染していると、HIVへの感染率が3~5倍に増えると言われています。
    出典 :クラミジア感染症の症状、原因、治療法 [性感染症・STD] All About
  • クラミジア感染症の症状は?

  • 男女ともに、感染してもほとんど症状が出ないのが特徴。そのため、感染に気づかず、パートナーが変わるごとに次々に感染を拡げてしまう危険性があります。

    男性は尿道炎を起こすため、排尿時の痛みや尿道から膿が出るといった自覚症状が見られることがあります。

    女性は、子宮頚管炎(子宮の出口の炎症)が起きると水っぽいおりものが増えたりおりものに少量の出血が混ざったりする事があります。尿道や膀胱に菌が入ると、頻尿や排尿痛などの膀胱炎症状を引き起こします。炎症がお腹の中まで拡がると、腹痛・発熱などの症状が出る場合もあります。時には炎症が肝臓の周囲まで拡がってしまう事があり、その場合は右側の肋骨の下の辺りに痛みが出るため、内科の病気と間違われる可能性もあります。

    クラミジア による炎症が卵管に拡がると「卵管炎」を引き起こし、卵管閉塞の原因となります。卵管閉塞になると、将来卵管性不妊や子宮外妊娠のリスクが高くなります。

    30代の女性で子宮外妊娠のために緊急手術を行ったら、お腹の中は クラミジア 感染を疑う癒着があり、卵管は周囲とくっついてしまっていたというケースもありました。本人が自覚がないままクラミジア感染が進行してしまうと、何年も経ってからこのようなトラブルが起きてくることもあります。
    出典 :クラミジア感染症の症状、原因、治療法 [性感染症・STD] All About
  • クラミジア感染症の原因は?

  • クラミジアトラコマティスという細菌が原因です。性交渉によって尿道や子宮頚管や喉の奥にクラミジアが感染します。喉への感染もあるため、性器同士の接触がなくても感染する場合があります。

    プールや大衆浴場など、性行為以外の場で感染することはありません。
    出典 :クラミジア感染症の症状、原因、治療法 [性感染症・STD] All About
  • 妊娠中のクラミジア感染症の罹患の影響は?

  • 妊娠中にクラミジア感染があると子宮頸管炎から絨毛膜羊膜炎となり流産や早産の原因となりえます。
    ただ、先天性風疹症候群のように何らかの先天奇形が多くなるということはないようです。
    しかし、子宮頸部にいたクラミジアが分娩時に新生児に感染し肺炎や結膜炎の原因となることもあります。
    出典 :産婦人科の基礎知識/妊娠とクラミジア
  • 未治療の感染母体が出産した場合に20%~50%の新生児に感染するといわれています。
    感染した場合は生後5~12日くらいの早期に新生児結膜炎を発症します。膿性、粘液性の目やにと結膜の充血が特徴的です。 また、生後2~12週くらいして間質性肺炎を発症します。鼻水やけいれんの様な咳を伴い、熱があまりでないタイプの肺炎をおこします。そうなると小児科や新生児科で治療を行うことになります。
    出典 :産婦人科の基礎知識/妊娠とクラミジア
     

    新生児の肺炎は重症化しやすくなります。
    無熱性肺炎と言って、熱の出ないタイプの肺炎になることもあり、発見が遅くなることもあります。
    出産までに完治させたいですね。

  • 妊娠中期のクラミジア検査の方法

  • クラミジア検査には、抗原と抗体を調べる検査があるが、赤ちゃんに感染するかどうかには子宮頸管の抗原を調べ、クラミジアが感染しているかどうかを調べる。もし、陽性(感染)の場合には出産までに治療を完了しないといけないので、検査は妊娠30週頃までに行う。




    検査時期 妊娠中期(妊娠30週まで)
    検査方法 細長い検査器具(綿棒)で子宮頸管の粘膜表皮細胞をこすりとる
    検査内容 クラミジア・トラコマティスの感染の有無を調べる
    検査結果 基準値:陰性(-)
    母子健康手帳への記載例 クラミジア検査:陰性(-)または陽性(+)






    妊婦全員が受ける必須の検査ではないが、女性は感染していても自覚症状がないことが多いので、多くの医療機関で検査を勧めている。
    出典 :妊娠中のクラミジア検査|プレママタウン
  •  

    内診台で受けます。腟鏡で膣を少し拡張し、細長い検体採取器具(綿棒)を挿入して、子宮頸管の表皮細胞をこすりとります。人によっては少し出血することがありますが、心配はいりません。痛みはほとんどありません。

  • クラミジア感染症の治療は?

  •  

    抗生物質を使い、お産まで完治させる
    分娩時までに完治しないと、赤ちゃんが肺炎や結膜炎を起こす可能性があります。クラミジアの治療には、マクロライド系、ペニシリン系の抗生物質が処方されます。

    【目的と効果】
    赤ちゃんに産道感染をしないように、お産までに完治させます。抗生物質をきちんと使用して。

    【注意点】
    夫婦で協力して治療しましょう。安全性が確立している抗生物質なので、安心して服用を

  • 検査で陽性であれば症状がなくてもパートナーの治療も同時に行う必要があります。 男性はクラミジアを持っていても検査が陰性とでることが多いためです。 クラミジアに効果のある抗生剤をちゃんと内服して治療すればほぼ100%に治癒します。 (妊娠中でも使用できる抗生剤はあります)

    パートナーの治療がちゃんと行われないと、再感染もあり得ます。
    出典 :産婦人科の基礎知識/妊娠とクラミジア
     

    夫婦で治療しないとピンポン感染して、何度も感染を繰り返してしまいます。
    病院でパートナーの分も薬を処方してもらえるところもあるみたいですが、パートナーにも受診してもらい、きちんと治療してもらいましょう。