お正月太りもスッキリ解消?香りダイエット

ダイエットに香りを取り入れることで、よりスムーズに痩せられるのだとか…。情報を集めてみました。

view195

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 香りダイエットって何?

  • 香りダイエットとは、

    「やせる香り」をかぐだけで自律神経を刺激し、脂肪を燃焼させて代謝を高め太りにくくなるというダイエット法です。
    出典 :香りダイエット
  • 香水などを活用しても良いそうです。もちろん、ピッタリの香りがあれば…ですが。

  • どんなタイミングでやるのがいい?

  • 食前の30分〜1時間前に、効果のある香りを嗅ぐと食欲が抑えられるそう。また、お風呂上がりに香りを嗅いで眠るとリラックスできて、自律神経が整い脂肪が燃えやすくなるそう♪ 毎日の習慣にしたいですね☆

    香りはアロマオイルやハンドクリームなどでも良いそうなので、携帯もできて外出先でもお手軽にダイエット効果を得られちゃう♪
    出典 :嗅ぐだけダイエット!? リラックスしながら燃焼BODYを手に入れる♪ | Glitty(グリッティ)
  • ハンドクリームでも良いなら、職場でも出来ますね。さり気なくランチの30分前にハンドクリームを使いましょう。

  • オススメは柑橘系

  • 柑橘系のすっきりとした香りは、消化器系の機能を高めますが、胃腸のみならず肝臓や胆のうの強化にも有効です。このことから、胆石などの解消にも役立つといわれます。
    なかでも、みかんやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系に含まれるリモネン(Limonene)という香りの成分は、交感神経を活性化して血行促進やエネルギー消費を高めます。特筆すべきは、脂肪分解酵素リパーゼの分泌を促して、脂肪を燃焼させることです。
    また、ノルアドレナリンが分泌され、脂肪を消費するUCPというたんぱく質を増やすともいわれます。さらに、リモネンには、ビタミン類のはたらきを強化して、細胞を活性化させる作用もあるので、肌荒れやかぜの予防にも役立ちます。
    出典 :健康管理情報(05/05)│香りのパワーでこころとからだをリフレッシュ ~① 香りでダイエット~
  • 特にグレープフルーツが良いそうですよ。おなかがすいた時にも良いかもしれません。

  • 食欲を抑えるのも、香りで

  • 甘いお菓子についつい手が伸びてしまいそうな時、甘い香りをかぐと食欲が抑えられるといいます。アメリカの肥満者を対象とした調査では、空腹時にペパーミント、グリーンアップル、バナナのアロマを嗅ぐようにしたグループは、減量に成功した人が多かったという結果もある程です。甘い香りといえば、ヴァニラも効果的でしょう。
    出典 :香水だけじゃない!香りの秘められたパワー あなたにぴったりの香りの選び方 | 女子力アップCafe Googirl
  • ペパーミントはわかりますが、グリーンアップルやバナナは意外でした。余計おなかがすきそうなものですが、案外そうでもないんですね。

  • 大手メーカーでも商品化されている

  • 大手化粧品メーカー資生堂さんより、2002年1月「香りには中性脂肪を燃やす働きがある」とする研究成果の発表がありました。特定の香りには交感神経を活性化させることによってそれが中性脂肪を燃焼させるたんぱく質「UCP」の発現を促すそう。
    これら香料を配合したボディーローションを使って20~30歳の女性20人を対象にテストを実施。1カ月の使用で、8割の人がウエストが引き締まったり、体重が減るなどの効果が出たそうです。
    これら香りに関しての効能が研究され始めたのは意外と歴史は浅く、1986年に第一回「香りの心理学」学会で『香りの脳に及ぼす影響』が発表。民間療法として利用されてきた香りに治療医学としての道が開けたのはわずか15年前のことなのです。これから香りの効果がどんどんと科学的に実証されてゆくのは時間の問題でしょう!(某プレス誌より)
    出典 :香りでダイエット?!の不思議を紐解いてみましょう|恋愛力アップと能力アップにアロマを活用しよう|かおるこさん☆どっとこむ
  • 入浴剤をグレープフルーツにするだけでも良いのでしょうか。だったら1ヶ月やってみようかな…と思います。