出産後の体調管理に役立つ情報

出産後の体調管理は、赤ちゃんのお世話をするお母さんには大切です。

view565

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産後の肥立ちが悪い

     

    産後うつの症状として不眠が続いたり、子供をかわいいと思えない、疲労感が強い、イライラする、動悸がするなどさまざまな症状が出ます。真面目な女性がなりやすいといわれていますが、生活環境がガラリと変わることに加えて子宮の戻りが悪いために起こる症状と考えられています。

    多くの場合、血行不良が見られ、血流を改善する漢方+血不足を補う漢方、血流を改善する漢方+自律神経のバランスを調える漢方など、その人の症状に合わせて処方することでつらい悩みから解放されることが少なくありません。また、新薬と異なり、母乳育児を続けながら治療をしていけることも特ちょうの一つです。

  • ストレスコーピングという言葉をご存知でしょうか

     

    ストレスをどのように受け止めて、どのように行動するかということを、「ストレスコーピング」(ストレスに対する対処法)と言うのですが、ストレスコーピングの技術を上手に使うことで、ストレスを溜めにくい体質に徐々に改善しやすくなります。

    コーピング技術にはいくつかの方法があるのですが、
    一人で全てを抱えこまない
    相談上手になる
    というものもあります。

  • 産後ダイエットでは、お茶も多いに利用しましょう。

    とは言ってもカフェインは授乳中の女性に刺激が強すぎるので、ノンカフェインが基本です。ノンカフェインのお茶で妊婦・授乳中の女性に圧倒的な人気を集めているのは、南アフリカ原産の「ルイボスティー」でしょう。

    産後に必要な鉄分・亜鉛・ミネラルが豊富で、ビタミンCやカルシウムも摂取できます。産後ダイエットの効果を上げるだけではなく、母乳の栄養価も上がり、まさに一石二鳥のスーパー健康茶です。

    更に、腸内環境を整えて便秘解消作用も期待できますから、むくみも解消できますし、美肌効果も!蜂蜜との相性もばっちりです。
    出典 :授乳中でも安心のダイエットティーをご紹介します。
     

    産後はノンカフェインにしましょう。

  • 身体的なケアでは、衰えた腹筋をストレッチや体操が鍛えるのが一番です。
    腹筋を強化すれば腰への負担を軽減できますから、子育ての合間を狙い、無理のない範囲で鍛えてみて下さい。
    就寝前後のストレッチだけでも随分楽になる筈です。
    また、産後の腰痛改善用に重宝するグッズも色々ありますから、上手に活用しましょう。腰ベルトもおススメですし、中腰になる回数が激減するベビーベッドも便利です。
    また、こういったセルフケアでもどうしようもない時、限界まで我慢せずに整体や整形外科に相談して下さい。
    腰は1度壊してしまうと産後限定どころか本当の持病になってしまいます
    出典 :http://www.pmsddp.com/knowledge005.htm
     

    産後の腰痛は、必然と考えて、日頃から腹筋を鍛えられるとよいですね。

  • 産後のおろの始末方法ですが、とにかく清潔第一です。

    特に出産直後のおろは通常使用するトイレットペーパーではなく、脱脂綿が理想的です。ナプキンもトイレに行く度に交換し、出産直後は産褥ナプキンや夜用ナプキンなど大きめサイズのナプキンがおススメです。

    トイレの後はもちろん、トイレに入る直前にも手を洗い、便座も除菌シートなどできれいにしたいものです。

    出典 :心配しないで!産後のおろの対処法
     

    産後は、清潔にすることが大事です。

  • 妊娠前は便秘トラブルなど経験したことのない女性でも、妊娠・出産をきっかけに腸内環境が変化し、便秘に苦しめられるそうです。なぜなら、授乳中は赤ちゃんにミルクをあげているせいで、どうしても水分不足になりがちです。そこに食物繊維不足が重なると、あっという間に便秘になってしまいます。

    また、赤ちゃんのお世話でゆっくりトイレにこもっていられない精神状態も影響しているのかも知れません。便秘も症状が悪化すれば痔を引き起こしますから、積極的に水分と食物繊維を補給し、腸内環境を整えましょう
    出典 :体調が変化しやすい産後の食事管理についてご紹介します。
     

    産後は食物繊維を豊富に摂りましょう。

  • 特に産後は鉄分不足に陥りやすいので、意識して鉄分を摂取し、貧血対策して下さい。産後ダイエットの食事管理では、各栄養素を万遍なく摂取するのが理想的ですが、鉄分が必要量に達するよう心掛けましょう。

    鉄分を多く含む食材は、野菜だとほうれん草が有名ですが、小松菜でもOKですし、レバーも定期的に献立に加えましょう。
    出典 :体調が変化しやすい産後の食事管理についてご紹介します。
     

    産後は貧血になりやすいと覚えておくとよいですね。

  • 産後の体のラインを整えるための補正下着も売られていますが、最初の半年間はスーツを着て外出することもあまりないでしょうし、産後しばらく経ってから必要であれば取り入れていく、という程度でいいと思います。気をつけて欲しいのが、産後直後からお腹やウエストを引き締める下着類。引き締めるべき箇所を間違うと、腰痛など体調不良の原因にもなります。

    出典 :3/3 産後ダイエットの最新スタンダード [出産準備] All About
     

    産後の体型を整えるには、ゆっくりと少しずつ、身体に負担をかけない程度がよいですね。

  • 口の中の健康に関しては、妊娠・出産以前に気を配っておくことが大切です。肝心なのは歯周病の予防です。歯周病は、20歳代よりも30歳代後半になってから、急激に罹患率が上がります。

    近年になって、歯周病に罹っていると糖尿病や肺炎、心筋梗塞などのリスクが高くなる、ということも盛んに警告されていますし、アメリカでは「歯周病は早産の危険因子の1つ」という研究報告が発表されました。妊娠37週未満で生まれた早産の人、2500g以下の低出生体重児を出産した人たちの中には、歯周病が進行している人が大勢いたのです。

    早産になってしまうリスクは、歯周病でない人の、7.5倍もあるということです。

    出典 :http://allabout.co.jp/gm/gc/188878/2/
     

    これから妊娠を考えている人は特にデンタルケアをしておきたいものですね。

  • 断乳・卒乳後に太るとしても痩せるとしても、授乳中は特にベビーのためにも ビタミン、ミネラル類や水分をたっぷり摂り、疲れが溜まらないようくれぐれも無理なダイエットは避けるようにしてください。

    生活習慣の中に、カロリーOFFだけでなく、続けやすい運動を何か1つプラスするだけでも、痩せ体質に変わっていくことがあります。授乳期が終わり、さらにスクスクと成長していく子どもと元気で遊ぶためにも、それぞれの目標や体調に合わせて、カロリーコントロール+運動の生活習慣を身につけるようにするのがオススメです。断乳・卒乳後も生活習慣を整え、スマートママを目指していきましょう!
    出典 :2/2 断乳・卒乳太りを予防しましょう! [産後ダイエット] All About
     

    産後太りの解消は、必要な栄養素をとりながら、身体を動かすとよいですね。

  • 母乳を飲んでいる赤ちゃんに、特別な栄養剤は必要ありませんが、母親が肉や乳製品をほとんど食べない場合はビタミンB12の欠乏、赤ちゃんが日光浴をしない場合はビタミンDの欠乏のリスクがあります。赤ちゃんが6ヶ月を過ぎると、母乳だけは鉄をはじめとする栄養素が不足するので離乳食の開始が必要です。

    出典 :2/2 母乳育児を目指すママへ!母乳の基礎知識 [栄養管理] All About
     

    母乳をあげている間はバランスの摂れた食事が必須ですね。

  • 産後1ヶ月目くらいまではみんな夢中で育てられるのですが、1ヶ月過ぎる頃になるとホルモンが変化し、また子育てにもようやく慣れてきて、ふっと立ち止まっていろいろなことを考えるようになるんですよ。初産婦さんは、ここで「これからちゃんと育てていけるだろうか・・・・・・」という子育ての不安が現れます。

    出典 :妊産婦に人気の天神尚子先生に聞きました! 初産婦は特に注意!産後ブルー [ストレス] All About
     

    産後は楽しんで子育てするくらいの余裕をもって。

  • 産後の支援のひとつに「産褥入院」

    産後をおだやかに過ごすために、出産前からいろいろと準備をしておくことは大切です。夫や両親といった家族が、産後3週間サポートしてくれる場合は、この期間はしっかり甘えて、支えあいましょう。また、サポートできる家族が夫だけで、その夫も出張などが多い、両親がいても高齢で体調が悪く、産後の手伝いの頼りにはできない、という場合は、自宅に産褥シッターに来てもらうというサービスを利用することもできます。民間のものもあれば、地域でそのようなサービスを行っている場合もあるようです。
    出典 :2/3 産後をゆったり過ごす「産褥入院」とは [出産準備] All About
     

    産後が心配という方はこういったサービスを利用するのも良いですね。

  • 成人の方の一日の所要量は5mgです。妊娠されている女性の場合は、それに6mg、授乳をされている方は7mgを所要量としています。特に、妊娠・産後の女性の方には重要な成分ですので、パントテン酸の含まれるレバーなどの食品を口にしたり、パントテン酸の含まれるサプリメントを意識して利用してみてはいかがでしょうか。

    出典 :3/3 妊娠、産後の女性は注目!パントテン酸 [栄養管理] All About
     

    産後には、パントテン酸を摂取するように心がけて。

  • 子育て中に、強いストレスを感じたり焦りを感じて「リラックスが必要…」という時には、その場で眼を閉じて深呼吸してみるだけでもリラクゼーションにつながります。

    実は、目を閉じると、脳の感覚関連機能の3分の2を休息させられることができます。授乳中でも良いのでゆったりとした椅子に体を預け、ひと休みすることができると、身体も脳も休息モードに入りやすくなります。
    出典 :2/3 産後のメンタルヘルス…ストレスをためない体質づくり [ストレス] All About
     

    ストレスを感じたら、ちょっと立ち止まって深呼吸。

  • 出産後、うつの症状を感じた場合でも、よくある症状だなと思って気を楽にしましょう。
    心身ともに限界になる前に、辛い時には少しの間母親に子どもを預けるなどして、寝不足を解消するようにしましょう。
    身体が重いときなどは、それでも無理して赤ちゃんを抱っこするということは避けましょう。
    家事全般から育児に至るまで、さらに仕事などもどれもこれも完璧にできるはずがありません。
    よそのママと比べて自分は何もできていないと決めつけるのはいけません。

    出典 :http://www.danny-nelissen.com/health/
     

    産後は、頑張ってしまいがち。でも一歩引いて、無理をしないことも大切です。

  • 産後すぐに体調が妊娠前に戻るわけではありません。産後は体調管理を行い、過ごし方に工夫が必要であることは知っておいた方がいいでしょう。

    特に初めての出産の場合、出産後の生活まで気持ちがまわらずに分娩を迎えてしまう方もいます。産後の体調変化やトラブルに直面した時に慌てない為にも産後しばらくは様々な変化があることを覚えておきましょう。


    出典 :産後の体調とトラブル
     

    産後のさまざまな体調の変化を知って、体調管理に努めましょう。