寒さと乾燥に立ち向かう!【冬の健康管理】

冬は病気に対する抵抗力、体力が低下する時期です。
普段以上の気配りをして健康管理を行いましょう。

view2365

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 温度差に注意

  • 心臓麻痺が多い季節です

     

    この時期は心臓麻痺で亡くなる方が最も多い季節です。たかが気温差であっても注意が必要です。

  • 冬の寒さは人の活動を鈍らせます。また、暖かい部屋から寒い場所に移動すると血管が収縮することにより、血圧は急激に上昇し、心臓や脳の血管の障害を引き起こすことがあるので、高血圧などの病気を持っている人は注意が必要です。
    出典 :國學院大學 | 健康コラム&ニュース
  • 寒さだけでなく温度差も血管に大きな負担をかけます。温度差が大きいと血管の拡張と収縮が急激に行われるため、血圧も急激に変化し、これが心臓や脳血管の障害を引き起こすのです。暖かい部屋から寒い部屋に移動するときは、深呼吸をする事をおすすめします。深呼吸によって血圧の上昇が多少でも抑えられ、血管の中に酸素が沢山送り込まれるので、血管への負担が軽減されるのです。
    出典 :冬の健康管理について
  • 室内であっても、暖かい部屋から寒いお風呂場に行った時に倒れるケースも多いそうです。

  • 風邪に注意

  • 最も風邪がはやる時期です

     

    インフルエンザ等のウィルスだけではなく、その他の風邪も大流行します。

  • 冬に限らず一年中いつでも風邪を引きますが、特に気温が低く空気の乾燥した冬に流行します。冬の冷たく乾燥した空気は皮膚や喉、気管などの粘膜に悪影響を与え、風邪や気管支炎を起こしやすくなります。
    出典 :國學院大學 | 健康コラム&ニュース
  • 風邪症候群の原因は80~90%がウイルスの感染です。ウイルスとは生きた細胞の中だけで増殖する特異な微生物のこと。風邪のウイルスは200種類以上あるといわれますが、多くは冬場の低温乾燥の環境で空気中の飛散量が増加します。
    また、空気が乾燥すると、ノドの粘膜が乾燥して炎症をおこしやすくなり、ウイルスを防御する力が衰えてきます。こうしたことが重なって、空気が乾燥する冬には風邪をひきやすくなります。
    出典 :冬の対策 ~乾燥対策と風邪予防~
  • 鼻水やくしゃみが止まらなかったり、咳が止まらなかったり、喉が痛くて声が出なかったり、熱の出ていない小さな症状であっても本人にとってはとても辛いものですよね。

  • 入浴で体を温める

  • 体の芯からしっかり温めましょう

     

    お風呂に入る前に、シャワー等でお風呂の室内を温めておくと、急な温度差が無くて良いですね。

  • 寒くなると血液の循環が悪くなり手足や腰などがいつも冷たくなります。そのような方にはゆっくりとお風呂につかることをおすすめします。室内外の温度差に気をつけ、できれば脱衣所を温かくして、38~40℃のぬるめのお湯に15~20分ゆっくりつかりましょう。入浴後は水分補給をすることも大切です。
    出典 :國學院大學 | 健康コラム&ニュース
  • 入浴は体を清潔にするほか、全身を暖めて、血液の循環をよくして、疲労を回復させます。また、薬湯は保温効果が強いので、風邪の予防にもなります。
    出典 :冬の健康管理について
  • 入浴で疲労を回復させておく事は免疫力を低下させない為にも大切な事ですね。手足も冷えやすい時期ですのでしっかり温めたいですね。

  • 食事で栄養をしっかりとる

  • 食事で免疫力を上げる

     

    あたたかく栄養たっぷりの、バランス良い食事で体の中から管理しましょう。

  • みかんなどの柑橘類や野菜に多く含まれているビタミンCには免疫力を高める働きがあります。また、レバーやにんじんなどは含まれるビタミンAを多く含み、ほうれん草などの青菜類やブロッコリー、かぼちゃなどはビタミンA・Cを多く含みますので、積極的に摂り免疫力を高めましょう。
    出典 :國學院大學 | 健康コラム&ニュース
  • 良質なタンパク質、ミネラル、ビタミンなどバランスのよい食生活を。ほかにも、昔から言われることですが、体が冷えないように、血流をスムーズにするのも大切です。栄養バランスのよい食事とあわせて、体を温める食品をとるようにしましょう。当然、寒い季節に冷たい飲み物、食べ物は、控えめにしましょうね。
    出典 :風邪も吹き飛ばす! 冬を乗り切る食事- ビューティー研究室|シティウェーブ
  • ビタミンは冬のかさかさお肌にもいいので、上手に摂取して行きたいですね♩あたたかく栄養のあるお野菜をたっぷりとれるので、やはり冬はお鍋がいいかもしれません!