大人だって例外じゃない!「大人の分離不安障害」アダルトチルドレンが増えている!

幼い子供に限定したものではなく大人の分離不安障害もあるそうなのです。

view5566

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大人の分離不安障害?

  • 分離不安障害というものは、幼い子どもに限定したものではなく大人の年齢になっても出てくる恐れがあります。中学時代や高校時代に見られる分離不安は、身体的な問題が出ることにより判明することが多いと言われています。
    出典 :分離不安障害は大人にも表れることがあります | 分離不安とは
  • 頭痛や腹痛以外に微熱などの症状が継続し、酷くなると過敏性腸症候群や自律神経失調症などのトラブルを招く可能性も高くなります。朝と夜の生活がまるで逆になってしまったようになることもあり、学校に行くために起きなくてはいけない時間なのに目を覚ますことができないという子どもも存在します。
    出典 :分離不安障害は大人にも表れることがあります | 分離不安とは
  • 子供の場合は

  • Aくんは小学校に行く時間が近づくと、腹痛を訴えぐずりだします。母親にくっつき離れようとせず、登校しない日も度々です。Aくんは「お母さんと離れたくないから、学校に行きたくない。」と言います。このような場合はその背景に分離不安障害が考えられます。
    出典 :分離不安障害(こころの病気のはなし/専門編)
  • こうした症状は、ほとんどすべての子ども(特に年少児)にみられるものですが、不安が過剰なものであったり、それが元となり登校できないなど行動面に支障を来している場合などは、分離不安障害が疑われます。
    出典 :分離不安障害(こころの病気のはなし/専門編)
     

    こちらが一般的に知られている分離不安障害ですよね。

  • 分離不安障害では

     

    症状としては頭痛、腹痛や、赤ちゃん返り、夜尿、悪夢などが多く見られ、「自分や家族に何か恐ろしいことが起こるのではないか」など常に不安に支配されているのも特徴です。また、時に抑うつ、怒り、無気力などの精神症状が表出して、不登校などの一要因になることもあります。

  • 大人では若い世代が多い

  • 子供であれば7歳まで、大人は。20代30代で発症します。肉親や友人、ペットの死、転居や転校などの経験はこの障害の引き金になることがあります。遺伝的に不安になりやすい性質も大きくかかわっています。
    出典 :ジョンのブログ: アダルトチルドレンは分離不安障害はない。
  • 寝るときにも問題がみられます。分離不安障害の子供は自分が寝つくまでだれかが部屋にいてくれないと嫌だと言い張ったりします。家族が火事などの惨事に巻きこまれて死んでしまうといった悪夢によって、彼らの抱いている恐怖が明らかになることもあります。
    出典 :ジョンのブログ: アダルトチルドレンは分離不安障害はない。
     

    大人でも言える事なのです。

  • 治療はどうしたら良いのか

  • 内気で新しい環境に踏み出す事に困難を覚えやすく、親への依存が強い家族のまとまりが非常に強い親が過保護である病気で入院、親類の死、慣れ親しんだ場所からの引越しなどの辛い経験がある
    出典 :2/2 1人でいられない…分離不安障害とは? [強迫神経症・不安神経症・パニック障害] All About
     

    これらが原因としてあるとされてます。

  • 分離不安障害は認知行動療法、家族療法などの心理療法によって治療されます。認知行動療法は子供の分離不安を軽減させ、親や家から離れた活動に慣れる事が目的です。両親と子供が共に受ける家族療法では、両親も一緒に分離不安障害に対する理解を深め、子供への適切なサポートを見出す事が目的となります。
    出典 :2/2 1人でいられない…分離不安障害とは? [強迫神経症・不安神経症・パニック障害] All About
  • 分離不安障害の予後は基本的に症状の程度によりますが、発症年齢が小学校へ上がる年頃と比べて早くても遅くても回復に時間がかかる傾向があります。また、分離不安が強過ぎて学校へ行けなくなってしまった時はかなり深刻な状態になっていると考えられ、治療をすぐ受ける事が望ましいです。
    出典 :2/2 1人でいられない…分離不安障害とは? [強迫神経症・不安神経症・パニック障害] All About
  • 分離不安だけではない

     

    不安には私達に危険の存在を知らせる重要な役目がありますが、時に、治療が必要になる程、不安症状が過剰になる事があります。分離不安障害の場合、学校へ行けなくなくなってしまう程、不安が強くなる前に精神科や神経科を受診する事が望ましいです。