子供に発症する気管支炎【喘息様気管支炎】

赤ちゃんに多くみられる病気で
喘息のような症状が出る事からこの名前が
付けられたそうです

view166

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 喘息様気管支炎

  • 0~1才の赤ちゃんに多く見られる病気で、ゼンソクのような症状が出る気管支炎という意味で、このような名前がつけられました。だからゼンソク様気管支炎と気管支ゼンソクというのは、全く別の病気。
    出典 :ゼンソク様気管支炎 - gooベビー
  •  

    大人がかぜをひいても、ゼンソクのようにゼロゼロしたりすることは、ほとんどありません。でも赤ちゃんの気管支は大人とくらべると非常に細く、しかもせきをする力も弱いので気管支内の粘液(たん)がたまりやすいのです。そこに炎症が起きると、粘液の分泌も多くなり、さらに気管支の中が細くなってしまいます。この細くなった気管支を空気が出入りするときの音が、ゼロゼロ、ゼーゼーの正体!

  • 症状が出ると、かぜのたびに似た症状が出ることも。また眠っている間はより気道が狭くなり夜中や明け方などにひどくなり、続けざまにせきをしたり、呼吸困難を起こす場合もあります。こういう場合は、入院になることも。2~3才ぐらいになって、気管も乳児のものから幼児のものに変わって、ゼンソク様気管支炎は自然に治ってきます。
    出典 :ゼンソク様気管支炎 - gooベビー
  • 原因は何?

  • かぜ症候群の病原体であるウイルスや細菌、マイコプラズマやクラミジアといった病原体が感染がきっかけとなります。アレルギー素因のある子どもが起こしてきやすいと考えられます。
    出典 :喘息様気管支炎
  • 原因

     

    ハウスダストも原因の一つとなるそうです
    出来るだけ清潔にしておきたい所なのですが
    中々そうも上手くはいかないですよね
    ウイルスや細菌をもらわないように
    手洗いやうがいはしましょうね

  • 次のような症状が見られたら喘息様

  • (1)喘鳴がある(ゼーゼー、ヒューヒュー)
    (2)苦しそうな呼吸をする
    (3)感染症の症状がある(熱・鼻水・咳など)
    (4)よく繰り返す
    (5)3歳までの年齢に限る
    出典 :ぜんそく様気管支炎
  • 気管支喘息とこの病気との違いはアレルギーの関与の大きさの違いです。 小児喘息のアレルゲンの主なものはハウスダスト(ほこり)とダニです。そのほかには猫、犬、ハムスターなどの動物、タバコや花火の煙、冷たい空気が発作の誘因となります。したがって喘息の場合は体質が大いに関与していますので、遺伝に関係があります。
    出典 :ぜんそく様気管支炎
  • 家庭で注意出来る事は

  • 水分は多めに与えましょう。部屋もできるだけ湿度を上げておきましょう。加湿器があれば使います。なければ洗濯物を干したり、洗面器に水を張っておくなど工夫してください。 小さな子どもで急に元気がなくなり、母乳やミルクを飲まなくなり、呼吸が早く、苦しそうなときは早めに診察を受けて下さい。
    出典 :喘息様気管支炎
  • ケア方法はなにがある?

  • かぜと同じで特効薬はなく、基本的にこれ以上ひどくなるのを防ぎ、自分の体力で治るのを待ちます。症状が長く続いたとき、息苦しそうなとき、熱があるときは小児科を受診しましょう。
    出典 :ゼンソク様気管支炎 - gooベビー
     

    この場合は小児科になるそうです

  • 対処療法として

     

    赤ちゃんの場合、たんをうまく出せずに気管内に分泌物がたまってしまうと、それに細菌感染を合併して、細菌性肺炎を併発することがあります。この細菌性肺炎を予防する意味で抗生物質が処方されたり、気管支を広げる薬、たんを出しやすくする薬などが出されます。