リスクが高い!?「高血圧と動脈硬化」は一緒に考えよう

高血圧と動脈硬化は深い関係にあるのです。関係性についての情報をあつめてみました

view127

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高血圧と動脈硬化は

  • 高血圧とは、一般的に最大血圧が140mmHg以上、最小血圧が90mmHg以上である場合を言い、食事療法がとても重要になります。原因不明で遺伝に関係すると言われる本態性高血圧症と、腎臓・心臓血管系・内分泌系・神経系疾患の一症状として起こる症候性高血圧症があります。高血圧はサイレントキラーと言われています。
    出典 :高血圧・動脈硬化症|病気別食事法|自然食レシピ カラダのための「ケアごはん」
  • 動脈硬化と高血圧とは一体の関係にあります。 高血圧のため常に動脈に強い圧力がかかると、動脈壁に傷が発生し、この傷から血液中の脂肪分が浸透して、動脈硬化を起こします。また、動脈硬化が進むと、血管が狭くなるので、血液の流れが悪化します。それを改善しようと、心臓が拍動を強め、そのため血圧が上昇します。
    出典 :高血圧症と動脈硬化|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    動脈硬化を進行させ悪循環をもたらしてしまうのです

  • 高血圧と動脈硬化はともに代表的な成人病であり、お互いに深い関係があります。高血圧があると動脈硬化になりやすく、動脈硬化があると高血圧になりやすいのです。動脈硬化というのは動脈の壁が厚く、硬くなる状態ですが、そのため血管の内腔は狭くなって、血流に対する抵抗が大きくなります
    出典 :高血圧と動脈硬化
     

    このような関係性があるとされているのです

  • 腎臓も関係している!?

  • 心臓病や脳卒中の陰に隠れて意外に知られていないけれど、腎臓も動脈硬化の影響を大きく受ける臓器なんだよ。腎臓は、血液の中からいらない老廃物や有害なものを濾過してとりだし、それを尿にして体外に出すという働きを持っている臓器だ。
    出典 :高血圧だと何が悪いの?|厚生労働省
     

    この臓器にまで影響してしまうのです

  • そのため腎臓の本質部分は、毛細血管のかたまりのようになっているんだね。だから、動脈硬化が起こって血液の流れが悪くなると、腎臓の働きはぐんと落ちてしまうんだ。
    出典 :高血圧だと何が悪いの?|厚生労働省
     

    こんな問題を抱える事になるのですね

  • 治療の研究がすすみ

     

    高血圧の治療が進んで、昔にくらべれば腎臓病になる確率は減っているものの、高血圧の人が長生きするようになっているのですが、それでも注意しておきたい所ですね

  • 若い頃からでも始まります

  • 動脈の老化と言われていますが、若い頃から始まることもあります。 主に、脂肪代謝障害(コレステロールや中性脂肪の上昇)、高血圧、内分泌障害(糖尿病、更年期障害、痛風、肥満など)、薬物・毒物、感染症などによる血管障害、喫煙、ストレス、運動不足などが原因すると言われています。
    出典 :高血圧・動脈硬化症|病気別食事法|自然食レシピ カラダのための「ケアごはん」
     

    これらがそろえば若くても罹患してしまう事になるのです

  • 厚生労働省の調査統計によりますと、我が国では健常者でも血圧は年齢が高くなるにつれ上昇しています。 脳梗塞は増えており、若い人も要注意です。一度壊れた脳細胞は元に戻りません。
    出典 :高血圧・動脈硬化症|病気別食事法|自然食レシピ カラダのための「ケアごはん」
     

    このあたりも関係しているのできをつけたいですね

  • 高血圧の予防をしよう

  • 高血圧予防の代表的なものが、塩分摂取を抑えることです。では、なぜ塩分の過剰な摂取が問題なのでしょうか? 塩分(ナトリウム)をとりすぎると、血液中の塩分濃度が上がらないように、水分で薄める作用が働きます。そのため体内の水分が多くなり、血液の全体量が増大し、血圧が上昇するのです。
    出典 :高血圧の原因は?|高血圧の基本|血圧ドットコム 高血圧に関する総合情報サイト ノバルティスファーマ株式会社
  • あくまで高血圧になりやすい遺伝的因子の割合で、生活習慣に注意することによって発症しないケースもあります。遺伝との関係を知り、生活習慣に気をつけることは高血圧の予防につながります。
    出典 :高血圧の原因は?|高血圧の基本|血圧ドットコム 高血圧に関する総合情報サイト ノバルティスファーマ株式会社
  • 危険因子を

     

    しっかりと排除して健康的な生活を心掛けるようにしたいですね