沢山居る!!性同一性障害の芸能人!!みんな輝いています!!

性同一性障害の芸能人は実はたくさんいるのですが、中にはそのことをカミングアウトしている人がいます!!
同じ病気の人は励まされるのでは???
気になる性同一性障害の芸能人をまとめてみました!!!
色々な方面で活躍しています。

view24545

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも性同一性障害ってどんな病気なの???

  • 性同一性障害とは、生物学的な性別と、自分の意識としての性別が一致しないことです。
    このような病気にかかっている人は、心の中では自分は女性だと思っているのに、見た目は男性そのもののためとても苦しんでしまいます。
    多くの方は、自分の意識としての性を求めて、体の方を自分の望む性に一致させようとします。
    性分化疾患や異性装といったものとは異なるものです。

  • 単に女性のような服装を着たいからといって、その人が性同一性障害にかかっているとはいえません。
    また、性的指向の問題として、同性愛を求める方もいるのですが、その人が必ずしも性同一性障害になっているわけではありません。
    自分の本来の性と、心の中で確信している性が異なっていることが条件となっています。
    きちんとした疾患として認められており、医師の診断を受けることではっきりとします。

  • 性同一性障害が起きてしまう原因はよく分かっていません。
    脳の性分化に何らかの問題があることが原因であると考えられています。
    人は胎児の時にどちらかの性別に決まるのですが、その時の過程はかなり複雑となっています。
    その過程の中で何らかの異常が発生することにより、身体的な性別とは一致しない性別が脳の中に部分的に形成されてしまうため、性同一性障害が生じるとされています。

  • 性同一性障害の症状について

  • 自身の生物学的な性に対して嫌悪感を抱いたり、忌避する傾向が強くなります。
    精巣や陰茎、あるいは乳房や月経といったものに対して嫌悪感を抱いて、それらを取り除くことを強く希望するようになります。
    日常生活においては、自身の心の中の性別としての役割を果たすようになります。
    ただし、上記のような症状が出ていたとしても、必ずしも性同一性障害であると断定できるわけではありません。
    専門的な知識を持った医師によってきちんと診察を受けることが大切です。

  • 性同一性障害の治療について

  • 性同一性障害の治療としては、社会にうまく適応するためのサポートを受ける方法や、身体的治療を通して、自分の心の中の性に体を近づけていくといった方法があります。
    本人がこれからの人生をどのように生きていきたいのかを聞き出して、できるだけその意志を尊重することが大切です。
    また、その目的を達成するためにたとえば乳房を切除したり、ホルモン療法を行うといった治療をします。

  • 日本では、ホルモン療法や性別適合のための手術を行うのに保険が適用されません。
    戸籍の性別変更を行うことは可能となっています。
    このような環境となっているため、自分でお金を貯めて手術を受けて、性別を変更している人が日本では増えています。

  • 芸能界にも性同一性障害の人が沢山活躍しています

  • 佐藤 かよ(さとう かよ、1988年12月26日 - )

     

    15歳の時に女性ホルモン注射を受けるようになった

  • 女性よりも女性らしい彼女の今後の活躍が楽しみ!!!

  • はるな 愛(はるな あい、1972年7月21日 - )

     

    はるな愛さんは性同一性障害にかかっていることでとても有名です。
    大人気のタレントになっています。

  • みんな悩みを抱えながらも頑張っています!!!

  • 現在、性同一性障害で悩んでいる方は、自分と同じ悩みを抱えている芸能人をみて勇気を持ちましょう。
    また、この疾患にかかっていない方は、性同一性障害の方に対する偏見を改めて、きちんと理解してあげるようにしましょう。