白砂糖は肌に悪いから・・・なら、こんなオススメ代替甘味料はいかが?

「白砂糖」ってお肌に悪いと良く聞きます。
でも・・・逆に“肌に良い砂糖”なんてあるのでしょうか?
実はお肌にも良いとされる甘味料があるそうなんです!
まとめてみました♪

view1297

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お肌にも悪い?ってことでしょうか・・・。

  • お肌に良い“甘味料”って何があるの?

  • 蜂蜜

     

    蜂蜜にはビタミンB1、B6、Cをはじめとして、ナイアシン、葉酸といった美肌を目指す身にとってはありがたい成分も含まれている甘味料。また、鉄分やカルシウム、カリウムといったミネラルもバランス良く含有しているからこそ、日常生活において気軽に、そして頻繁に使いたい甘味類と言えるのではないでしょうか。また、カロリーも10gあたり29.4kcalと思いのほかヘルシーなのも嬉しいポイント。

    引用)http://lbr-japan.com/2013/10/21/26141/

  • 甘くてただ栄養価が高いだけじゃなく、女性に嬉しい成分もタップリ♪

  • 甘くても太りにくいから、女性にうれしい

    さて、糖分と聞くと、「太るのでは?」と思われる方も多いかもしれませんが、同じ量の砂糖とはちみつでは、はちみつの方が甘みが強いにもかかわらずカロリーは低いのです。さらに、はちみつの糖分はある一定量以上は血液中に吸収されませんので、砂糖より脂肪になる率が低いといわれています。ですから、毎日の食生活で砂糖のかわりにはちみつを使えば、それだけでダイエット効果も期待できるのです。また、はちみつには糖分以外にもカルシウムなどのミネラルや、ビタミンCなどのビタミン類、栄養豊富な小さな花粉なども含まれています。
    出典 :はちみつはなぜ体に良いの? - とちみつ屋 はちみつ百科
     

    カロリーが低く、さらに糖分が吸収されにくい。良いですね!

  • 昔話に出てきそう。ちょっと舐めてみたいな~と思うのは私だけ?(笑)

  • 米飴(こめあめ)は、米と麦を糖化させて、昔ながらの製法で作られる伝統的な甘味料。お米のでんぷんを麦芽で糖化することによって作られる、昔ながらの伝統的な甘味料として砂糖の代わりや、古くは乳のみ子の母乳代わりに使われたりしていました。

    ゆっくり吸収、消化される為、体に負担がかからず、栄養価が高いことから、自然派志向の人たちから人気が出てきています。自家製減農薬米を炊いたご飯に、ぬるま湯を入れ、60℃まで温度を下げます。そして、糖化させる為、麦芽を入れ6~7時間密閉し、ゆっくり寝かせます。
    出典 :米飴 - 高知いいもの市場
     

    お米と麦を使って作るんですね~日本人に合った甘味料って感じがしますね♪

  • 黒砂糖

     

    サトウキビが本来持つ栄養がそのまま残っているのが黒糖。蜜をそのまま煮詰めることと、製造過程で石灰を加えてアルカリ性にすることで、豊富なビタミンとミネラルはもちろん、抗酸化ポリフェノールなどを含む。(カルシウム、カリウム、ナトリウ、マグネシウ、マンガン、リン、亜鉛、鉄、銅、ビタミンB1やB2、ナイアシン、パントテン酸など) 黒い部分に含まれる「フェニルグルコシド」という成分には、糖の吸収を抑制する働きがあるも言われ、血糖値の上昇もゆるやか。漢方では月経痛や冷え症にも使われる。

    引用)http://beach-press.go-naminori.com/beachtalk/6463/

  • これも体に良さそうな甘味料ですよね~あ、「げたんは」って鹿児島の昔ながらのお菓子が美味しいんですよ!

  • 甜菜糖

     

    北海道で栽培されている砂糖大根を原料とした甘味料。あっさりした甘味が特徴で、白砂糖の代わりに使っている方も多いのでは。白砂糖のように人工的な精製過程を経ていないので消化に時間がかかることから、こちらも低GI食品。体を温めオリゴ糖がおなかの調子を整える。ネガティブな情報はほとんどないので、日常的に使うならくせのない甜菜糖は料理などにはおすすめかと。ただ、アメリカでは、この砂糖大根=Sugar Beetは遺伝子組み換えされたものが非常に多いらしく問題となっているが、日本では甜菜は遺伝子組み換えの表示義務があるので、表示されていない国産品を選ぶように。

    引用)http://beach-press.go-naminori.com/beachtalk/6463/

  • 「てんさい糖」と読みます。意外と使ってる家庭も多くなってきてるようですね。