遊離アミノ酸のオルニチンはしじみで摂れる!

脂肪燃焼率アップに内臓の疲労回復も出来る
オルニチンを摂取してみませんか?

view154

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • オルニチン

  • オルニチンは、私たちの体内やシジミなどの食品に存在する遊離アミノ酸である。口から摂取すると、腸吸収されたのちに肝臓などに届けられ、尿素回路にてアンモニア解毒促進の働きをする。アンモニアが解毒されると、エネルギー産生が円滑になるため、内臓の疲労回復ほか、筋肉の活性化による脂肪燃焼率アップも期待できる。
    出典 :【オルニチン】解毒ほかダイエット効果も期待できる遊離アミノ酸 | ダイエットSlism
     

    便利ですよね

  • オルニチンは、シジミに多く存在する遊離アミノ酸の一種

    オルニチンは、タンパク質と結びつかない遊離アミノ酸の一種であり、私たちの体内やさまざまな食品のなかに存在している。オルニチンが存在する食品には、シジミ、キハダマグロ、チーズ、ヒラメなどが例に挙げられ、このうちで一番オルニチンの含有量が多いのはシジミである。
    出典 :【オルニチン】解毒ほかダイエット効果も期待できる遊離アミノ酸 | ダイエットSlism
     

    しじみのお味噌汁は二日酔いに良いって知ってました?

  • オルニチンで健康的に疲労回復

  • 肝臓の解毒システムとして、「オルニチンサイクル」と呼ばれ、スムーズなエネルギー生成を促進し、疲労の蓄積を未然に防ぎます。
    肝臓は他の臓器と違い、疲労による痛みを伴わないため、自覚症状がありませんので、疲れを感じ始めましたら、肝機能の低下の可能性がありますので、肝臓をいたわるように心がけましょう。
    出典 :オルニチンの効果と副作用
     

    肝機能の解毒作用をオルニチンが助けるのです

  • オルニチンには、二日酔いを解消する効果もあります

     

    二日酔いは自分の体のアルコール分解能力を超えた結果、体にアルコールが残りまして、吐き気や頭痛を引き起こす症状を指します。



    二日酔いで死に至ることはありませんが、治るまでは生活に支障をきたします。
    アルコールは過剰摂取しますと、肝臓が分解できずにアセルアルデヒドが体内に残ってしまいます。



    アセルアドレヒドが、めまいなどの二日酔いの症状を引き起こすのです。
    ここでも「オルニチンサイクル」により、アセルアドレヒドを解毒し、肝臓を守ります。

  • オルニチンサイクル

  • エネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるといわれているアンモニアを分解するのがオルニチンサイクル。オルニチンが増加すると、オルニチンサイクルは活発化して、アンモニアの分解を促進します。
    オルニチンサイクルは、尿素回路とも呼ばれるもので、肝細胞内にあって尿素を合成する代謝回路です。アミノ酸の代謝や激しい運動などにより生じる有毒なアンモニアが肝臓中のオルニチンと反応し、無毒な尿素に変換されます。そのときオルニチンは再生され、再び回路に入ります。
    出典 :オルニチンの疲労回復効果|働きと効果|オルニチン研究会
  • 肝臓の代謝経路の一つ「オルニチンサイクル」

     

    肝臓には、アンモニアを解毒する「オルニチンサイクル」、エネルギー(ATP)の産生に深く関わる「TCAサイクル」、ブドウ糖を合成する経路である「糖新生」などの主要な代謝経路があります。オルニチンはオルニチンサイクルを活性させてアンモニアの解毒を促進し、アンモニアを減らすことでTCAサイクルと糖新生の代謝を円滑にし、エネルギー産生を助けていると考えらえます。

  • ダイエット効果がある

  • 脂肪燃焼率アップ、ダイエットに有効な可能性あり

    オルニチンのもつ解毒作用や疲労回復の効果は、ダイエットに有効利用できる可能性がある。
    ATPの産生が円滑になれば、筋肉の働きが活発化し、脂肪燃焼率もアップするという理屈である。
    出典 :【オルニチン】解毒ほかダイエット効果も期待できる遊離アミノ酸 | ダイエットSlism
  • 副作用もある事をお忘れなく

  • その際に過剰摂取による副作用が気になりますが、医薬品ではありませんので、もともと体内でも生産されていますオルニチンの副作用はほとんどないとされています。
    オルニチンは蓄積されず、随時消費されていきますので、毎日摂取することが大切になります。
    出典 :オルニチンの効果と副作用
  • また、サプリメントには、オルニチン以外の成分も配合されていますので、過剰摂取によりアレルギーを引き起こす可能性もあります。
    そのため、オルニチン自体には大きな副作用はありませんが、サプリメントとして摂取する場合には、配合成分にも気をつけなくてはなりません。
    出典 :オルニチンの効果と副作用
  • オルニチンの安全と思われる摂取量は、1日あたり7gまでである。
    深刻な健康被害は今のところ報告されていないが(2013年8月現在)、10g以上の経口摂取で、腹痛や下痢などの副作用が起きる危険性があるため、過剰摂取には気を付けるべきである。
    出典 :【オルニチン】解毒ほかダイエット効果も期待できる遊離アミノ酸 | ダイエットSlism
     

    下痢はちょっと許しがたいですね