視点を全く変えたダイエットがある!【脳科学】貴女もこれで痩せられるかも!?

常識から考えると、食事制限や運動ですが
脳科学の視点から見たダイエットも存在するのです
どのようなものなのかまとめてみました

view331

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳科学とダイエットって?

  • 確かに肥満は万病の元で、心臓疾患との関係は良く知られていますが
    実は、脳機能も太っている人ほど低い傾向が有る事が研究発表されています。
    知能が低いから太るのではなくて、太ると機能が下がるようです。
    それに太ると認知症になるリスクも高くなります。
    出典 :トップページ>ダイエットを制する脳科学とは!
  • 食べることによって脳内の報酬系ホルモンが活性化されて
    ドーパミンという快感ホルモンが分泌されるのです。
    人は、ドーパミンを追い求めてさらに食べてしまうという繰り返しで
    どんどん肥満への負のスパイラルに陥ってしまいます。
    出典 :トップページ>ダイエットを制する脳科学とは!
     

    この報酬系ホルモンがダイエットの邪魔をしている事になるのです

  • 食欲増大の訳が分かった

  • 空腹感が続くと、脳細胞も他の臓器同様、エネルギーを摂取しようと働くそうだ。しかも、最近の研究によると、ダイエットで栄養が足りなくなってしまうと、脳細胞は、飢餓状態を救い栄養を補おうと、脳細胞自身を食べて栄養にしてしまう、ということが分かり始めた。
    飢餓状態が続くと、身体は脂肪組織が分解され、脂肪酸が放出される。また、身体は恒常性を維持しようと、脂肪を蓄えようとしたり、食欲を増大させようと働いたりするそうだ。
    出典 :脳科学の視点から考えるダイエットの秘密 | 女子力アップCafe Googirl
  • 脳科学ダイエットの神髄とは

  • http://googirl.jp/biyou/258noukagaku963/(一部引用)

     

    脳細胞が、脳細胞自身を食べてしまうことは、オートファジー (Autophagy)と呼ばれる行為の一つで、細胞が持っている仕組みの一つである。これは、細胞内のタンパク質を分解するための行為で、自食(じしょく)とも呼ばれている。

  • マウスを使った実験によると、脳細胞による自食、つまりオートファジーをやめさせることで、飢餓状態の中でも空腹感の上昇を抑えられる、ということがわかった。つまり、この脳細胞による自食(オートファジー)の研究を行うことで、ダイエットで空腹状態が続いたとしても、それによる空腹感が防げるようになるのかもしれないのだ。
    出典 :脳科学の視点から考えるダイエットの秘密 | 女子力アップCafe Googirl
     

    これでダイエットに繋がるのですね

  • ダイエットの大敵がわかる

  • 停滞期に入っても制限食を続けていると、摂取するエネルギーと消費するエネルギーがバランスが取れているため、生命の危機はないと脳が判断し、再びダイエットを開始することができます。
    逆に、停滞期に制限食をやめてしまい、元の食事量に戻してしまうと、消費するエネルギーよりも摂取するエネルギーが多くなってしまい、リバウンドしてしまうのです。
    出典 :脳科学でダイエットを成功させる - 脳科学について考える
     

    ここがリバウンドの原理です

  • 脳科学の知識があれば、停滞期はホメオスタシスの働きによる一時的なものだということが分かります。
    ダイエットの大敵はあきらめることなのです。
    出典 :脳科学でダイエットを成功させる - 脳科学について考える
     

    脳科学の視点からみても、あきらめる事はいけないようです

  • だます事がダイエット

  • 「食べたことにして騙すしかないでしょうね。おなかがすいている感じがするなら、お水を飲んだり、こんにゃくのようなものを食べておなかをいっぱいにしてあげるとか。カロリーのないようなガムを噛み続けるとか」
    出典 :美人脳科学者のお墨付き! ダイエットには「自慰行為」が効く - ライブドアニュース
     

    脳科学的にもだます事が大切なようです

  • 生存という意味では同じベクトルであるため、性的な刺激を受けたり、彼女をつくることもダイエットに効果があるという。

    「ドキドキ感がすごく大事で、ドキドキ感を出す物質が食欲を抑えてくれるんです。だから、恋愛をするのがいいんです」
    出典 :美人脳科学者のお墨付き! ダイエットには「自慰行為」が効く - ライブドアニュース
     

    斬新なダイエット方法だと思います

  • 私なりのまとめ

     

    ・脳をだます事で食欲を抑える
    噛む事、性欲などがそれにあたる

    現在の研究で今後もっと効果的なダイエットが生まれる
    という事ですね
    脳科学的なダイエット方法はだます事にありと
    言えるでしょう