冬に向かって温活グッズはかかせません。女性はとくに身体を冷やさないように!

朝晩寒くなってきました。これからは女性は身体を冷やしてはいけませんね。そこで温活グッズが役に立ちます。下着、靴下、ひざかけ、カイロ、マフラーなどなどあげるときりがありません。生姜などの内側からのものもあります。最近ではおしゃれなグッズもあります。でも、まずは身体を冷やさないことが大切です。

view280

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 温活グッズで身体を芯から温める前に冷えについて!

  • 女性にとって身体を冷やすことは、よくないことです。それはわかっているけど何故?なのか知らないことが多いようです。そもそも男性よりも女性の方が冷えやすい身体なんです。月に一度の生理は、血液の量が減ることになり、血液で運ばれる酸素の量も減少します。すると、食べ物の分解がされにくく、エネルギー源の不足により冷えやすくなります。また、卵巣や子宮に血液が滞りやすいので、熱が身体にまわりにくいため冷えやすいということです。たしかに女性は思い当たること多いのではないでしょうか。熱がおなかの辺りに溜まっているように感じることありませんか?それなのに手先や足先はいつも冷たいですよね。

  • 温活グッズ

     

    女性の敵である冷えについて考えてみましょう。女性はなぜ冷え性が多いのか?身体を知ることから始めましょう。

  • 次に、冷えやすい原因として考えられるのが薄着です。特に夏の冷房のなかでも、暑いなかを歩いてきたままの格好でいる人が多いです。流行もあるしょうが、夏は調節のきく服装に気をつけたいものです。また、体型を締め付ける下着などは、血行が悪くなるので冷えにつながります。もちろん、偏ったダイエットや急激なダイエットなども、栄養不足になり熱がつくられにくくなるので、冷えにつながります。食べないことも貧血になり、血行がわるくなるので冷えにつながります。

  • じつは、筋肉は身体の熱を作り出す役目もあります。しかし、女性は男性にくらべて筋肉量が少なく、筋肉がつきにくいといわれているため、冷えやすいのです。また、女性は男性にくらべて脂肪が多いといわれています。脂肪は冷やすと固まるためもとに戻るのに時間がかかります。それが冷えにつながるのです。女性ホルモンも関係してきます。女性ホルモンと自立神経は脳の同じ場所がら指令がでています。ホルモンバランスがくずれると、自律神経も乱れ、血行もわるくなるので冷えにつながります。出産後はなお気をつけなければいけません

  • 温活グッズです!身体の外側からと内側から

  • 身体の内側からといえば、生姜や根菜などを食べたり飲んだりすることです。身体の先端が冷えるのは血液が回りきれていないからです。老廃物を身体にためないよう身体の中から温めていきましょう。まずは飲み物です。白湯を時間をかけて飲むことが一番簡単ですね。お茶が飲みたいなら、茶葉が茶色く発酵している紅茶やほうじ茶をおすすめします。紅茶に生姜をプラスするともっと温まります。ポリフェノールたっぷりのココアは血流をよくします。

  • 温活グッズ

     

    身体の内側から温める

  • 食べて温まるものです。根菜やイモ類、黒いものからひじきや小豆、暖色系の人参やかぼちゃも身体をあたためます。意識して多く取り入れましょう。トマト、きゅうり、ナスなどの夏の野菜やスイカや梨などは暑い時に身体を冷してくれますが、冬は量を控えめにするといいでしょう。薬膳料理といわれるものの中でも身体をあたためるタイプのものは積極的に摂りましょう。香辛料の効いた鍋料理はこの時期ならではです。また、唐辛子のカプサイシンは身体の芯からホカホカになり、美容にもいいんです。

  • 温活グッズ

     

    根菜類やかぼちゃなどは身体を温める働きがあります。

  • 身体の外側から温めるものです。①5本指ソックスの重ね履き、②ぬるめのお風呂にゆっくりつかる③足湯④カイロ⑤薄いけどあたたかい下着(各社様々発売中)などなどあります。

  • 温活グッズ①靴下の重ね履き

     

    絹→綿→絹→綿の順番ではきましょう。

  • 温活グッズ②ぬるめのお風呂にゆっくりと

     

    低体温症なら半身浴もいいです。38~39度のお風呂に胸から下を20分~30分つかるのもおすすめです。

  • いかがでしたか?温活グッズをいろいろ試して、自分にあった温活をがんばってくださいね!