様々なリスクをもつ危険な「過剰歯」を見逃さないで!子どもの歯の健康な成長にも影響が!

「過剰歯」という言葉を聞いたことがありますか?その名前の通り、通常にはえてくる、あるべき本数以上の「歯」のことを「過剰歯」と言います。では「過剰歯」は放っておいてもいいのでしょうか?それとも・・・?

view149

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「過剰歯」ってどんなもの?もし診断されたらどうすれば良いの?

  • みなさん、「過剰歯」という言葉を聞いたことはありますか?

    これはその言葉の通り、通常に生えてくる歯の本数よりも多い、過剰な歯が生えている状態・症状のことです。

  • 過剰歯は本来余分な歯でいらない歯と思ってもいい歯です。そして、とてもリスクのある歯なので、早くに抜歯することが多いのです。
    出典 :過剰歯がお子さんに見つかった時は抜歯したほうがいい
     

    リスクの多い歯なので、歯科医師に早めに相談・適切な処置を。

  •  

    信頼できる歯医者さんとは一生のお付き合い

  • 過剰歯とは正常な歯の数より多くある歯のことで、子供の乳歯は20本、大人の永久歯は親知らずを含めて32本、これよりも多くある歯を過剰歯と呼びます。
    出典 :過剰歯がお子さんに見つかった時は抜歯したほうがいい
     

    子供の場合、過剰歯が原因で正常な歯が生えてこないということも

  •  

    インターネットではグロテスクな画像も多いのでご注意を。

  • 過剰歯(かじょうし)とは、正常な歯の数(乳歯20本、永久歯32本)を超えて作られた歯のことです。
    過剰歯は特に、小児歯科でレントゲンを撮った時に偶然発見されることが多いです。
    出典 :過剰歯【歯科大辞典】
     

    子供の乳歯の生え方が遅い時などは、特に注意してみては?

  •  

    子どもさんの過剰歯も治療を。

  • 「過剰歯」ってどのようにして起こるものなの?

  • 歯が作られるとき、顎の骨の中で歯の卵(歯胚しはい)が余分に作られたり、 何かの原因で二つに分かれたり、することで過剰歯ができます。女性よりも男性に多く、原因は今のところわかりません。
    出典 :過剰歯がお子さんに見つかった時は抜歯したほうがいい
     

    乳歯よりも永久歯に多いと言われます

  • 過剰歯の原因は、歯の元である「歯胚」(しはい)が過剰に作られたり、分裂したりすることによって、歯が多く作られてしまうことだと考えられています。
    出典 :過剰歯【歯科大辞典】
     

    生活習慣などに原因があるものではありません。

  • 「過剰歯」のでき方には特徴があるの???

  • では、過剰歯ができやすい人、またできやすい部位などはあるのでしょうか?

  • 最も多いのは、上顎の正中にできる正中過剰歯であるが、この他も、これまでの進化の過程にて失われてきた歯ができることが多い。大きさ(多くの場合他の歯より明らかに小さい)や形態等から見た目で過剰歯とわかるものが一般的だが稀に普通の歯とほぼ同じ大きさや形態を持ちどれが過剰歯かわからないこともある。
    出典 :過剰歯 - Wikipedia
     

    過剰歯の多くは、上の顎にできるものが多い

  • 乳歯よりも永久歯に多く見られ、永久歯の上顎の前歯の真ん中(上顎正中過剰歯・じょうがくせいちゅうかじょうし)に一番多く出てきます。形は正常な歯より小さいものが多く、数は1本が多いようです。
    出典 :過剰歯がお子さんに見つかった時は抜歯したほうがいい
     

    あまりにもたくさんの本数があるというわけではなさそうです。

  • 過剰歯は女性よりも男性に多く、また、そのほとんどが上の前歯部にできます。
    しかし、女性や臼歯部に過剰歯が出現することもあります。
    出典 :過剰歯【歯科大辞典】
     

    統計的には男性に発生比率がやや多い。