温泉施設から家庭用加湿器まで感染の可能性あり!レジオネラの対策

実際に死亡事故が起こっています!レジオネラの対策をみてみましょう!

view104

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 温泉施設でのレジオネラ菌の被害

  • そもそも掛流しであればレジオネラ菌の心配はいらないが、管理の悪い循環浴槽であれば本当にレジオネラ菌が発生している恐れが大きい。
    出典 :レジオネラ菌問題
  • 埼玉県北本市の温泉施設「北本温泉 湯楽(ゆら)の里」を利用した県内の60~83歳の男性3人がレジオネラ菌に感染し、66歳の男性が亡くなっていたことがわかった。
    出典 :温泉施設でレジオネラ菌3人感染、66歳男性死亡 埼玉:朝日新聞デジタル
     

    3人は別々に入浴して後日発熱などの症状が出て、66歳の男性は肺炎で死亡。県の検査で男性のたんや浴槽から基準を超えるレジオネラ菌が検出されたとのこと。県は「レジオネラ菌が原因で死亡した可能性は否定できない」としているそうです。

  • レジオネラ菌の特徴って?

  • レジオネラ属菌(レジオネラ)とは、土壌や河川、湖沼など自然界に生息する「細菌」の一種です。
    出典 :レジオネラ菌とは? 【プロが教えるレジオネラ菌対策】 温浴設備のスケールもレジオネラも一発洗浄
  • 実社会で存在する可能性があるのは24時間風呂、温泉、循環式風呂、公衆浴場、サウナ、プール、空調設備(エアコン)の水冷冷却塔、加湿器、給湯設備、人工の滝、噴水などです。
    出典 :レジオネラ肺炎
  • 25~43℃で増殖し、70℃以上の高温では1分以内に死滅します。潜伏期間は2~10日間です。レジオネラ菌はpHが6.8~6.9の範囲でしか増殖できません。
    出典 :レジオネラ肺炎
  • 本菌が混入したエアゾル(1~5μmの微少水滴)が飛散し、肺の中に吸引することにより感染することがありますが、発生率は数%と低いです。
    出典 :レジオネラ肺炎
  • レジオネラ肺炎について

  • レジオネラ症は、1976年にアメリカのフィラデルフィアのホテルで米国在郷軍入会総会が開かれ、その参加者が集団で原因不明の肺炎がかかったことが発見の発端だ。このとき221名が発症し、34名が死亡した。
    出典 :レジオネラ菌問題
     

    この病気は在郷軍人会Legion(レジオン)の名前から、「レジオネラ症Legionella」という病名がつけられたそうです。

  • 実は、 レジオネラ症( Legionellosis )には、在郷軍人病( Legionnaires' disease )と、ポンティアック熱( Pontiac fever )との二つの型があります。在郷軍人病( Legionnaires' disease )は、肺炎を含む「重症」の型であり、ポンティアック熱は「軽症」の型です。
    出典 :レジオネラ菌とは? 【プロが教えるレジオネラ菌対策】 温浴設備のスケールもレジオネラも一発洗浄
  • 前者は頭痛、発熱、筋肉痛、関節痛、下痢などの症状を呈しますが5日以内に自然治癒するのに対し、後者では高熱、悪寒、筋肉痛、吐き気、意識障害などの症状を呈します。
    出典 :レジオネラ肺炎
     

    病状は急速に悪化、重症になると適切な治療が行われない限り7日以内に死亡するそうです。

  • 発見当時は、大変な病原菌と考えられていたが、現在は幼児や老人など体の弱った人に感染するものと考えられている。
    出典 :レジオネラ菌問題
     

    レジオネラ肺炎にかかりやすいのは、上記のように幼児や老人、そして男性の喫煙者、飲酒家などといわれています。男女比は3:1で男性に多いのだそう。

  • レジオネラ菌の診断、治療

  • 患者さんの病歴、症状、レントゲン写真などでレジオネラ肺炎が推定されます。
    出典 :レジオネラ肺炎
  • 抗菌薬療法が主体となります。早期にマクロライド系、ニューキノロン系、テトラサイクリン系、リファンピシンなどの抗生物質を投与すれば治癒します。
    出典 :レジオネラ肺炎
     

    早めの処置が肝心そうですね。

  • レジオネラの対策

  • 外気取入口などから近い場所に設置している場合は、エアロゾルが室内に侵入することもあります。フィルターの性能をアップさせたり、設置場所を変更したりするなど、対策が必要です。
    出典 :レジオネラ菌感染対策/緑膿菌・レジオネラ菌感染対策の濤和化学
     

    エアコンの冷却塔の対策。レジオネラ属菌が増殖するのに適した温度が、冷却水の温度に適しているため、細菌が増殖しやすくなるそうです。

  • 湯が配管内を循環しているので、洗浄・消毒が不十分だとレジオネラ菌が増殖します。これを防ぐには、循環式浴槽の細部にいたるまで清潔さを保った維持管理が必要です。
    出典 :レジオネラ菌感染対策/緑膿菌・レジオネラ菌感染対策の濤和化学
     

    循環式浴槽とは、24時間風呂や高齢者福祉施設、社員寮などにある浴槽構造で、浴槽の湯をろ過しながら繰り返し利用するものだそうです。

  • 家庭用加湿器で超音波式などの非加熱式の機器は、加湿水を貯めておくことでタンクの汚染が起こりやすく、レジオネラ属菌が増殖しやすくなります。
    出典 :レジオネラ菌感染対策/緑膿菌・レジオネラ菌感染対策の濤和化学
     

    なんと家庭用加湿器でレジオネラが発生しやすいとのことですので、注意が必要ですね!できるだけ清潔を保ちましょう!