妊婦100人中12人が該当?…妊娠糖尿病とは?

決して少ないとはいえない確立で妊娠糖尿病になっている人がいるそうです。そうならないためにも妊娠糖尿病についてよく知っておくことが必要ではないのかと思います。

view764

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まず…妊娠糖尿病とは

  •  

    妊娠糖尿病は、妊娠中にはじめて発見された糖代謝異常で、妊娠前に診断された糖尿病や、妊娠中に診断された“明らかな糖尿病”は含めません。

  • 妊娠糖尿病になると母子に色々な障害が起こる

  • お母さんが高血糖であると、赤ちゃんも高血糖になり、いろんな障害が起こります。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  •  

    お母さん:妊娠高血圧症候群、羊水量の異常、肩甲難産など
    赤ちゃん:流産、奇形、巨大児、心臓の肥大、低血糖、多血症、電解質異常、黄疸、胎児死亡など

    出典:http://www.jsog.or.jp/public/knowledge/ninshintonyobyo.html

  • 妊婦さんの7〜9%は妊娠糖尿病と診断される

  • 妊婦さんの7〜9%は妊娠糖尿病と診断されるため、きちんと検査を受けましょう。特に肥満、糖尿病の家族歴のある人、高齢、巨大児出産既往のある人などはハイリスクですので必ず検査をうけてください。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 妊娠の早い時期に随時血糖をはかり、これが高いときにはブドウ糖負荷試験をして診断します。妊娠初期に陰性であった人も、妊娠が進むにつれ血糖を下げるインスリンというホルモンが効きにくくなるため、妊娠中期(24〜28週)にもう一度スクリーニングをうける必要があります。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 妊娠糖尿病を発症しやすい人とは?

     

    ・糖尿病の家族がいる・普段から食べ過ぎる傾向がある
    ・肥満である
    ・妊娠してから体重が急に増えた
    ・高齢出産である

    上記のようなリスク因子にあてはる方は妊娠糖尿病を発症しやすいといわれています。
    妊娠糖尿病は症状が進行するまで自覚症状はほとんどありません。
    妊娠に気づいたとき、これから妊娠を考えている場合にはぜひ普段の食生活や血糖値にも気を配るようにしましょう。そして、きちんと妊婦検診を受けましょう。

    出典:http://sp.lalu.jp/article/show/aid/945.html

  • もし妊娠糖尿病になったらまずは食事療法

  • 妊娠中は運動療法があまり出来ないため、まず食事療法を行います。食事療法では、お母さんと赤ちゃんがともに健全に妊娠を継続でき、食後の高血糖を起こさず、空腹時のケトン体産生を亢進させないよう配慮します。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • ケトン体って?

     

    ケトン体とは、ブドウ糖の代わりに脂肪が分解するとき生じる“廃棄物”です。本来はブドウ糖がエネルギーになれば問題ないのですが、インスリンが不足すると、脂肪をエネルギーにせざるをえなくなり、ケトン体が生じるわけです。つまり、血液中にケトン体があらわれることは、インスリンが不足していることのあらわれともいえるのです。

    出典:http://okwave.jp/qa/q49022.html

  • 4〜6分割食にしても血糖管理出来ない場合は、赤ちゃんに悪影響を与えないインスリン注射を用いて管理します。妊娠が進むにつれ、インスリンの使用量が増えますが、産後には減量あるいは中止できるので心配しないようにしましょう。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 食事療法をしっかりやっても血糖値が目標に達しない時は薬物療法を行います。ここで大事なことは、最初からインスリン治療を行うことです。のみ薬(経口血糖降下薬)は、胎盤を通過して副作用をおこす恐れがあります。この点インスリンは胎盤を通過しないため、そのような危険は全くなく安全な治療です。
    出典 :【第144号】妊娠糖尿病について、妊娠糖尿病の食事について | くす通信 | 国立病院機構 熊本医療センター
  • 産後6-12週間後に再びぶどう糖負荷試験うけ、妊娠糖尿病が治っているかどうか評価してもらいましょう。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 産後に母乳を与えると、お母さんも赤ちゃんも将来、糖尿病になる頻度が減ることが知られていますので、母乳栄養を心がけましょう。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 妊娠中はイライラしやすいのにも関わらずストレスは良くないのであまり神経質にならない程度に食事に気を使いながら上手に自分の体と付き合っていきましょう。

  • 妊娠糖尿病になった人はその後も定期的な検査が必要

  • 産後6-12週間後に再びぶどう糖負荷試験うけ、妊娠糖尿病が治っているかどうか評価してもらいましょう。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 治っていても妊娠糖尿病になった方は、妊娠糖尿病のなかった人に比べ、将来7.43倍の高頻度で糖尿病になりますので、その後も定期的な検診が必要です。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 産後、そして改善されたとしてもあまり気を緩めずに、食事には多少なりとも気をつかっていったほうが良さそうです。