必須アミノ酸等と言われている「アミノ酸」って一体なに!?

アミノ酸、アミノさん、網野さん
一体アミノ酸ってどのようなものなのでしょうか!?

view114

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アスパラガスから発見

  • 1806年フランスで、アスパラガスの芽からアミノ酸がはじめて発見され、アスパラギンと名づけられました。以降、尿結石からシステイン、ゼラチンからグリシン、筋肉や羊毛からロイシンが見つかり、1935年までにたんぱく質を構成するすべてのアミノ酸が発見されました。
    出典 :味の素KK|アミノ酸とは? |知る・楽しむ
     

    まさかのアスパラガスですよ・・・

  • 私たちになじみの深いグルタミン酸は1866年にドイツのリットハウゼンが小麦のたんぱく質グルテンから取り出し、グルタミン酸と名づけました。その後1908年、日本の池田菊苗博士がグルタミン酸は昆布のうま味成分であることを発見。アミノ酸がおいしさのヒミツを握る成分であることがわかり、日本でもアミノ酸のさまざまなチカラについての研究が盛んにすすめられるようになりました。
    出典 :味の素KK|アミノ酸とは? |知る・楽しむ
  • アミノ酸とははっきり言えば

  • アミノ酸とは、一言でいえばタンパク質を作っている最小の成分です。 地球上のあらゆる生命、植物も動物もアミノ酸が作り出すタンパク質から出来ています。 アミノ酸は全ての生命の素なのです。 私たちの細胞の一つ一つ、更に遺伝子情報であるDNAもアミノ酸から作られています
    出典 :専門知識[アミノ酸とは?]
  • アミノ酸とは?

     

    従って、食事などで補給しなければならないのです。 この合成できないアミノ酸は、必須アミノ酸と呼ばれています。 通常のタンパク質は、数百個~数千個のアミノ酸が連なって出来ています。 それぞれのアミノ酸が並ぶ順序と連なる長さによってタンパク質の種類や働きが決定付けられます。その並ぶ順番の情報がDNAにあることから、DNAは、タンパク質の設計図と呼ばれています。

  • 身体の20%は・・・

  • アミノ酸が体にとって重要な理由はいったいなんでしょう? それは、私たちの体の血管や内臓、皮膚、筋肉などのもとになるタンパク質を構成しているのがアミノ酸だからです。食べたものを消化したり、呼吸したりできるのも、アミノ酸のおかげ。
    出典 :基礎からわかるアミノ酸:アミノ酸とは |協和発酵バイオの健康成分研究所
  •  

    人間の生命活動を支えるためにとても大切なはたらきを担っています。私たちの身体の約20%はタンパク質といわれており、タンパク質はアミノ酸からできていますので体の約20%はアミノ酸。体重50kgの成人であれば、10kgものアミノ酸で身体が構成されているのです。

  • どんなものがある?

  • 体内では合成されず、必ず食物から補給しなければならない
    バリン  イソロイシン  ロイシン  メチオニン  リジン(リシン)
    フェニルアラニン  トリプトファン  スレオニン (トレオニン)ヒスチジン
    出典 :必須アミノ酸と非必須アミノ酸 | 栄養療法~薬だけに頼らない根本治療をめざす、心と身体に優しい治療法。 | オーソモレキュラー.jp
  • この20種類のアミノ酸は、からだの中でつくることのできない必須アミノ酸と、からだの中でつくられる非必須アミノ酸とに大きく分けることができます。必須アミノ酸は、毎日の食事から必ず摂ることが必要とされるアミノ酸です。
    出典 :必須アミノ酸と非必須アミノ酸 | 栄養療法~薬だけに頼らない根本治療をめざす、心と身体に優しい治療法。 | オーソモレキュラー.jp
  • 色々役立っている

  • ・筋肉破壊の防止


    スポーツなどによって体を動かすとエネルギーとして使うため筋肉が破壊されてしまいます。 血中アミノ酸濃度が高く保たれれば、筋肉の破壊は最小限に食い止められます。
    出典 :アミノ酸の効果
  • ・乳酸の発生を抑える


    運動のエネルギーは食事などで摂取したエネルギー源を分解して作り出しますが、 同時に疲労物質である乳酸が発生してしまいます。しかし、エネルギー源は他にもあって、 筋肉を分解してできるアミノ酸もエネルギーとなります。そしてこちらは乳酸を発生しません。
    出典 :アミノ酸の効果
     

    他にも色々あるので見てみて下さいね
    リンクを貼っておきます