40代の出産で気をつけること

40代の出産で気をつけること

高齢出産と言われる40代。
赤ちゃんができて嬉しいけど・・・何かと不安になりますよね。
40代で出産する際の注意事項をまとめてみました。

view1013

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも、なぜ40代での出産に注意が必要なのか?

  • 高齢出産のリスクとメリットは、どのように理解すればいいのでしょうか。まずリスクについてですが、一般に女性は、20歳~44歳頃(成熟期)に、女性として生殖機能が成熟し、最も活発な活動をする時期を迎えます。成熟期前半はそれほど問題は多くないのですが、高齢出産においては成熟期後半に妊娠・出産をするので、徐々に卵巣機能が低下したり、女性ホルモンが減少したりという体の変化を迎えながら、初産に臨むことになるという点が、大きく関わってきます。成熟期後半は、生殖機能の低下とともに体力の低下が始まる時期でもあります。高齢出産のリスクは、ほとんどがここに起因するものと理解してよいでしょう。
    出典 :高齢出産のリスクとメリット | 高齢出産ガイド
  • 高齢出産が増えている現在、30代で妊娠・出産をする女性も増えてきています。しかし40代になると、妊娠・出産は当たり前のことではなくなります。体力的な問題が大きく、妊娠しても胎児を無事に産むまでにはさまざまなリスクが高くなり、母親は若い頃の妊娠・出産と比べると、注意すべきことが増えます。

    出典 :40代の妊娠・出産は無理?40代でママになるための5つの心構え | 美容ブログ [女性の美学]
     

    当たり前ではなくなる妊娠・・・きちんと「体」と向き合わないといけませんね。

  • 「染色体異常」の確率が高くなる

  •  

    生まれてくる赤ちゃんにダウン症などの染色体異常がある確率は、

    ●25歳で1,200人に1人
    ●35歳で300人に1人
    ●40歳で100人に1人

    というようにママの年齢とともに上がります。
    胎児に染色体異常があるかどうかは、出生前検査(“しゅっせいぜんけんさ”または“しゅっしょうぜんけんさ”)で調べることができます。

    引用)http://pigeon.info/m_feature/m_kourei/

  • ●高齢妊娠・高齢出産で気をつけること。

     

    (1)飛行機に乗らない・・体に負担をかけるから
    (2)長時間移動しない・・疲れてしまうから
    (3)寝不足しない・・成長ホルモンが不足する可能性があるから
    (4)不正出血がでたら休む・・ひたすら寝たきりで体を動かさず安静にしてください。
    (5)話をする仕事をしている場合はお休みお休みしながらお仕事してください・・気を消耗します。
    (6)立仕事は退職する・・座りながら仕事を出来るのであれば様子をみて対応してください。
    (7)走らない・・気が落ちてしまうのと、ようやくくっついている赤ちゃんが落ちてしまわないように。

    引用)http://www.acsysun.co.jp/counseling/mailmagazine/mail130524.html

  • 普段の生活でも、自分の体力を過信せず注意が必要ですね。

  • 妊娠中毒症に注意する

  • 妊娠高血圧症候群は、以前は妊娠中毒症と呼ばれていた症状です。妊娠によって母体の血管や腎臓などにかかる負荷も大きくなってしまい、体が対応しきれない状態になると起こります。高齢出産の妊婦は妊娠高血圧症候群になりやすいと言われ、35歳以上の高齢妊娠では約20%の発症率との報告もあります。加齢とともに血管の老化が進んで、血管内皮細胞が障害を受けやすく、そのために高血圧、腎炎などの内科疾患も発症しやすくなるとされています。
    出典 :妊娠高血圧症候群 | 高齢出産への道のり
     

    血管の老化が原因だったりするんですね~・・・。

  • 妊娠糖尿病に注意する

  •  

    妊娠中に初めて発見、発症した軽い血糖値異常で、一過性のもので「妊娠糖尿病」といいます。糖尿病には、Ⅰ型・Ⅱ型・その他の特定の機序、疾患によるものと妊娠糖尿病という四つのタイプがあります。妊娠糖尿病の場合、出産後には血糖値は正常にもとにもどってしまうものですが、注意しないとその後母子ともに糖尿病になる割合が高いといわれています。※もともと糖尿病のある人が妊娠したときは「糖尿病合併妊娠」と言い、区別されます。この場合はそれまでの合併症が悪化する心配が加わります。

    引用)http://sepia53.net/03diabetic/diabep003/

  • 流産率が高くなる

  • 過度なダイエット経験で出産後“骨粗しょう症”に・・・!