笑って健康になろう!笑いの健康効果とは?

誰だって健康で過ごしたいですよね。しかも、お金をかけずに元気になれたらうれしいと思いませんか。実は笑うだけですごい健康効果があるんですって。笑うことのすごい効果を集めてみました。

view94

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 人は誰でも笑いますが、もし笑わなかったとしたら、この世の中はどうなるでしょうか。
    また笑いのない人生なんて考えられるでしょうか。
    出典 :日本笑い学会
  •  

    誰だって機嫌よく、いつも笑って過ごしたいですよね。

  • 笑いを科学的に研究する学会がある!

  • 私たちは、学会の目的として、「笑いの総合的研究」と「笑いの文化の発展」に寄与することをかかげています。
    出典 :日本笑い学会
  • 笑いの健康効果とは

  •  

    笑うだけで、脳への刺激やNK細胞が活性化に。
    免疫力アップ、ストレス解消などの効果が。

    中性脂肪が減るなどのダイエット効果も!!

  • “笑い”が発端となって作られた”善玉”の神経ペプチドは、血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK細胞の表面に付着し、NK細胞を活性化します。その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まるというわけです。
    出典 :“笑い”がもたらす 健康効果 | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課
  • NK細胞とは、ニューキラー細胞のことで、ガンなどをやっつける免疫の一つ。
    笑うことで免疫が活性化して、ガンにもいいということですね。

  • 日本医大の吉野槙一教授は、患者のリウマチの痛みと精神状態の関係に注目して、日本医大病院に日曜日の夕方の10チャンネル、”笑点”のレギュラーである落語家の林家木久蔵さんに来てもらって、中程度から重症の女性のリウマチ患者26名に落語を一時間聞いてもらうという実験をしました。
    出典 :「笑いの健康効果」
  •  

    笑点でおなじみの林家木久蔵さん。
    落語で大笑いした後の結果は…

  • 落語の前後に血液を採取し、ホルモンや免疫の状態を調べますと、関節の炎症が悪化するとふえる免疫活性化物質ILー6とインターフエロンーγが、独演会の後では顕著に減っていることが分かりました。
    出典 :「笑いの健康効果」
     

    なんと、リウマチの炎症を見る値が、大きく減少している。つまり、炎症が減って痛みが少なくなっているということ!すごいですね。

  • 笑いの効果は作り笑いでもいいらしい。

  • 同じ笑いでも、無理して笑う作り笑いはどうなるか気になりますよね。実は作り笑いでも同じように身体が活性化され、ナチュラルキラー細胞の働きが活発になるそうです。ただ、できれば無理矢理笑うのではなく、喜んだり楽しんだりするなかで自然に笑えるといいですね。
    出典 :笑いの効果
  •  

    作り笑いでも、笑いの効果は同じ。
    嫌なことがあっても、作り笑いをしていたら周りは笑顔になれる。

  • 笑うだけで健康になれるなんて嬉しいですよね。笑っているうちに、だんだんと楽しくなってくるはず。笑いの健康効果を発揮するために、まずは今日から笑ってみましょう。