今では色々な物に配合されている「オレイン酸」って何?

オレイン酸は色々な油やナッツ類になどに含まれるようですが
この効果って知っていますか?

view153

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • オレイン酸とは

  • オレイン酸とは、一価不飽和脂肪酸の一種であり、体内で合成できる脂質である。オリーブオイルの主成分であることでも知られている。動物性脂肪や植物性の油に多く含有されている
    出典 :【オレイン酸】 コレステロール値を下げる油と改善効果 | ダイエットSlism
     

    主成分らしいのです

  • オレイン酸は不飽和脂肪酸の中では最も酸化されにくく、ヒトの体内では活性酸素と結びついて過酸化脂質をつくりにくいため、動脈硬化・高血圧・心疾患などの生活習慣病を予防・改善するとして、リノール酸摂取過多の現代では見直されています。
    出典 :オレイン酸 | 栄養の基礎知識
     

    しかし油に含まれているので安心出来ない感じが・・・

  • 様々な効果がある

  • ●コレステロール値を下げる効果

     

    オレイン酸は、善玉(HDL)コレステロールを減少させることなく、悪玉(LDL)コレステロールを減少させる効果があります。

  • オレイン酸は悪玉(LDL)コレステロールを減少させるだけでなく、悪玉(LDL)コレステロールによって血管内に置かれた過剰なコレステロールを回収する役割を持つ善玉(HDL)コレステロールを増加させる働きがあることも確認されています
    出典 :オレイン酸 | 成分情報 | わかさの秘密
  • オレイン酸は胃での滞在時間が飽和脂肪酸に比べると短いため、その分、余計な胃酸を分泌しなくてもよくなります。このため、胃もたれ・胸焼けすることが少なくなり、胃酸過多症胃炎・胃弱・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの予防・改善にも効果的です。
    出典 :オレイン酸 | 栄養の基礎知識
  • 便秘になりやすいのは、食物繊維が不足することが最大の原因と考えられますが、ダイエットなどで油脂を避けることもまた、便秘に悪影響を及ぼします。オレイン酸は石けんやシャンプーの原料としても用いられ、これはオレイン酸のもつ界面活性(乳化)作用によるものです。
    出典 :オレイン酸 | 栄養の基礎知識
  • ヘアケアにも使われている

  • オレイン酸を主成分とする椿油のヘアケア製品

     

    オレイン酸を多く含む椿油を使ったヘアオイルやヘアクリーム、シャンプー、ヘアウォーターなど、多くのヘアケア製品が販売されている。

  • オレイン酸の保湿効果オレイン酸は、保湿効果が高く、石鹸などの洗浄剤や保湿剤、頭髪用化粧品などに多く活用されている。シャンプーやヘアクリームなどのヘアケア製品に活用されている椿油の主成分もオレイン酸である。
    出典 :【オレイン酸】 コレステロール値を下げる油と改善効果 | ダイエットSlism
  • こんな人におすすめ

  • こんな方におすすめ

     

    ○コレステロール値が気になる方
    ○体型が気になる方
    ○生活習慣病を予防する効果
    ○便秘でお悩みの方

  • ○オリーブ油
    ○紅花油
    ○ひまわり油
    ○アーモンド
    ○ピーナツ
    出典 :オレイン酸 | 成分情報 | わかさの秘密
     

    こんなものに良く含まれていますよ

  • オレイン酸含有率の高い植物油日清べに花油 オレイン酸含有率の高い主な植物油には、オリーブオイル・べに花油・こめ油・なたね油などがある
    出典 :【オレイン酸】 コレステロール値を下げる油と改善効果 | ダイエットSlism