卵管のつまり 原因・症状について【卵管障害】

卵管のつまり 原因や症状、検査方法についての情報を集めました。 

  • ssay 更新日:2014/06/22

view659

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 卵管のつまり(卵管障害)について

  • 卵管は、卵巣から排卵された卵子を取り込んだり、精子や受精卵が通る道であったりと、排卵・受精・着床の一連の流れにおいて非常に大きな役割を担っています。 そのため、この卵管が詰まったり塞がってしまうと不妊症の原因となり、この状態を「卵管障害」と言います。
    出典 :卵管障害の原因と治療法|不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』
  • 卵管は1mmほどしか幅がないため、些細なことですぐに塞がってしまいます。そのため、卵管障害の方はとても多いと言われています。

  • 卵管のつまり 原因

  • 原因として考えられているのは、主に以下の3つです。

  • ・クラミジアによる炎症の影響
    ・子宮内膜症の影響
    ・過去の手術の影響による癒着
    出典 :卵管が詰まる原因|楽しくゆる~く初ママ♡
  • 種々な原因で卵管の閉塞は起きますが、近年とくに増え続けているのが「クラミジア感染症」です。

  • 症状について。

  • 自覚症状がないことも多いですが、色やにおいがついた「おりもの」が出たり、下腹部痛、発熱を起こすこともあります。
    出典 :卵管障害(卵管性不妊)
     

    自分では気づかない場合も多い。中には、「卵管造影検査」で初めてわかる人もいます。

  • 検査方法について。

  • 最も一般的に行なわれている検査は「子宮卵管造影」というもので、子宮の中に造影剤を注入することで、子宮腔~卵管~腹腔内の通気性を調べます。
    出典 :卵管障害(卵管性不妊)
  • 子宮卵管造影検査とは

  • レントゲン室で行う検査です。
    子宮の入り口(子宮頚管)から子宮、卵管の方へと造影剤を流し、子宮の形や卵管の通過性、卵管周辺に異常がないかを調べます。
    出典 :熊本 産婦人科 福田病院(熊本県熊本市)地域周産期母子医療センター
     

    造影剤が通ることによって、卵管のつまりや癒着が解消されやすくなります。

  • 子宮卵管造影で分かる病気は?

  • 卵管閉塞・粘膜下子宮筋腫・子宮内膜ポリープ・子宮内癒着・子宮奇形などが分かります
    出典 :子宮卵管造影(HSG)|不妊検査一覧
  • 治療方法

  • 治療方法は2種類あります。マイクロサージェリー(顕微鏡下手術療法・卵管の疎通性を回復させる手術)と体外受精です。
    出典 :卵管閉塞 - リプロダクションセンター
  • まず卵管が通っているかを調べることが第一段階。
    上記の子宮卵管造影などの検査は、卵管のつまりを改善させることがあります。
    しかし子宮卵管造影をしても、改善されない場合には、卵管の手術や、体外受精が効果的な治療になります。