30代に多い!?「視神経脊髄炎症状」を知っておこう!

視神経脊髄炎症状をしっかりしって気づくようにしよう!早期発見・早期治療は病気の根治の合言葉!

view216

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 視神経脊髄炎とは

  • 神経のなかでも主に視神経と脊髄(せきずい)を繰り返し障害する病気で、以前は多発性硬化症(たはつせいこうかしょう)(MS)の一部と考えられていました。血液中のアクアポリン4抗体が病気の原因と考えられており、ほとんどの患者さんは女性(男女比は1:9)で、30代に発症することが多くみられます。
    出典 :視神経脊髄炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 原因は

     

    不明とされていますが、今では少しずつ研究されて解明されつつあるという事も書かれてありました。○印がされている所に障害が起きる為、病気になるという事のようです。

  • 視神経脊髄炎の症状は

  • しつこいシャックリや吐き気が病気の始まりのことがありますが、主な症状は視神経あるいは脊髄の炎症によって出現し、それらを繰り返す(いわゆる再発と寛解(かんかい))ことが多くなります。
    出典 :視神経脊髄炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 視神経炎は両眼に生じることも多く、症状が重い場合は失明することもあるので早期の治療が必要です。脊髄炎は横断性のタイプをとり、四肢、とくに両足に強い脱力や感覚障害を来し、回復しにくい場合があります。
    出典 :視神経脊髄炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 炎症によって組織が破壊された部分を病巣(びょうそう)または病変(びょうへん)といいます。NMOでは、放置されると、中枢神経系内のあちこちで、繰り返し炎症が起こりやすいのが特徴です。
    出典 :認定特定非営利活動法人MSキャビン - NMOのあらまし - 視神経脊髄炎(NMO)とは何ですか?
     

    放置はだめな症状が多いようなのです。

  • 視神経脊髄炎は再発のたびに神経組織が破壊される神経難病で、高度の視力障害、下肢の麻痺、脊髄炎による疼痛、異常感覚などを伴い、患者は全国に約4000人いると推定されます。
    出典 :プレスリリース詳細 | 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
  • 初発症状としては視神経炎(視力障害)が多く、はじめに眼科を受診されて治療を受ける場合が少なくありません。視力障害が高度な場合には失明することもあり、早期の診断と治療開始が重要と考えられます。
    出典 :【多発性硬化症・視神経脊髄炎とは】
  • 脊髄炎は体の一部分の感覚障害(しびれ、痛み、感覚低下)として認めることが多く、高度の場合には運動麻痺や排尿障害などもみられることがあります。脊髄炎の前駆症状としてしゃっくりや吐気が続くことがあります。
    出典 :【多発性硬化症・視神経脊髄炎とは】
  • 再発がかなり怖い

  • まれに脳にも再発することがあり、意識障害や片麻痺、失語症や小脳失調などが認められることがあります。再発頻度は多発性硬化症よりもやや高く、平均すると年に1~2回認められます。
    出典 :【多発性硬化症・視神経脊髄炎とは】
     

    意外と頻度が高い事が伺えますね。

  • 繰り返してしまう

  • 主に視神経炎や脊髄炎を繰り返しますが、なかには脊髄炎のみや視神経炎のみを繰り返すこともあります。脊髄のMRIでは3脊椎体以上の長い病変が認められることが多く、血液中のアクアポリン4抗体が陽性であれば、診断は確定します。
    出典 :視神経脊髄炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 視神経脊髄炎では

     

    視神経と脊髄はMSでもよく症状が出現する部位でもあり、この両者による症状が出現したからといって、NMOとは限りませんし、MS以外でも視神経と脊髄に病変が出現する疾患がありますから診断が大切と言えるのです!