妊娠中の子宮筋腫

妊娠中の子宮筋腫は大きさよりも、どこにできているかが問題となります。
子宮の外側に向かって発育する漿膜下筋腫の場合はまったくと言っていいほど、妊娠に影響はありません。子宮筋層内で発育する筋層内筋腫や粘膜下筋腫の場合は流産や早産のリスクが高くなるため、入院安静が必要になることもあります。

view122

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 筋腫はエストロゲンに依存して発育します。妊娠初期は卵巣から、妊娠中期・後期は胎盤からエストロゲンが放出されますので妊娠中は筋腫が成長期にあるといえます。

    しかし、子宮の外側にできる、漿膜下筋腫の場合は大きくなったとしても、全くと言っていいほど、妊娠に影響はありません。

    子宮筋層内で発育する筋層内筋腫や粘膜下筋腫の場合は妊娠している部分に直接的に外力が働くので流産や早産のリスクが高まります。

    筋腫が妊娠を妨げている場合は、筋腫核出手術が必要となることもあります。その場合、手術してから妊娠するか、手術しないで妊娠するかは最終的には夫婦が判断しなければなりません。それぞれのメリット、デメリットを医師からしっかりと聞くことが大切です。

    手術しないで妊娠を望む場合、流産や早産のリスクが上がる以外に、もうひとつ大きなデメリットがあります。それは血栓が形成されやすくなることです。
    特に骨盤内に筋腫がある場合、大きくなった筋腫と子宮が下肢からの血流を遮断し血栓ができやすくなります。
    この血栓が脳や肺に飛ぶと最悪の事態を招く可能性もあります。
    また、筋腫を養っている血流が低下し金主の変性がおこると激痛に襲われることもあります。妊娠中は手術が困難なので鎮痛剤で耐えるしかありません。

    このように、子宮筋腫は妊娠前に治しておくのが賢明です。
    妊活の第一歩は子宮筋腫や子宮内膜症はないか、子宮や卵巣に異常がないか、婦人科で検査してもらうことだといえます。