ポイントを抑えよう!「老眼鏡の度数」おしゃれに!

老眼鏡の度数!おしゃれにつけるにはきちんと知っておかなくてはいけませんよ。

view128

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 老眼とは

  • 老眼とは、年齢を経ることで、カメラでいうフォーカスがスムーズに行えない状態になることです。正視の人で、40歳頃から眼が疲れたり、新聞の文字などが見えにくくなったりする場合、老眼の疑いがあります。
    出典 :老眼の知識を豊富に紹介。老眼の度数の測り方をくわしく説明!
  • 例えば、指を目の前に持っていき一番近くで見える所を近点といいますが、若いときは近点が30cmより近くにあり、年齢とともに近点が離れていき40歳を超えた頃から近点が本などを読む30cmより遠くなります。
    出典 :老眼の知識を豊富に紹介。老眼の度数の測り方をくわしく説明!
     

    このようになっているので、凸レンズを使ったメガネを使う事になるのです。

  • 一般的な目安は

  • 40〜45歳・・・+1.00 〜 +1.50
    45〜50歳・・・+1.50 〜 +2.00
    50〜55歳・・・+2.00 〜 +2.50
    55〜60歳・・・+2.50 〜 +3.00
    60〜65歳・・・+3.00 〜 +3.50
    出典 :老眼鏡の度数-おしゃれな老眼鏡の選び方
  • 65〜70歳・・・+3.50 〜 +4.00
    となります。(この数字はあくまでも目安程度に考え、最初はメガネ専門店や眼科などの病院にてきちんと測定してもらうことをオススメします。)
    出典 :老眼鏡の度数-おしゃれな老眼鏡の選び方
     

    あくまで指針です。

  • ポイントは

  • 矯正は老眼鏡(老視鏡)で行います。 老眼鏡は凸レンズでできていて、原理は近視の眼鏡と同じです。ただし、老眼鏡は通常、近くのものを見る際に限定的に使用されます(近用単焦点レンズ)。
    出典 :老眼鏡の専門店 lens-lens 〜老眼鏡を選ぶポイント
     

    老化現象の一つの場合はこちらですね

  • 本を読むのが好きなのに目が疲れるからといって読まなくなるのも寂しいものですよね・・・細かい仕事をしている人で、見にくいと感じるなら無理をせずに老眼鏡を使うべきだと思います。個人的には眼を疲れさせない為にも、自覚症状が現れたらなるべく早く老眼鏡のご使用をお勧めします。
    出典 :老眼鏡の専門店 lens-lens 〜老眼鏡を選ぶポイント
     

    早めにかける方が老化現象を遅らせる事に繋がるそうです。

  • 老眼の平均的な進行は、60歳位までは比較的 早く進行し、おおよそ2年から3年でレンズの度数が変わります。そこで、lens-lensの老眼鏡をお買い求めになる前に、再度「度数診断」をしてみましょう。
    出典 :老眼鏡の専門店 lens-lens 〜老眼鏡を選ぶポイント
     

    まずは度数を図る事が大切!

  • 老眼鏡は

     

    恥ずかしがらず早めにかけた方が良いとされています。無理に目を酷使する事でどんどん老眼が進んでしまう・・・という結果を読んでしまう場合があるのです!

  • •意外と手軽に入りやすいシニアグラス(老眼鏡)。 コンビニエンスストア、ディスカウントショップ等、普段の生活にこれだけ身近な所で、手頃な値段で手に入ります。手軽で手頃なその眼鏡、もしかしたら、電車の隣の席で読書中の方と一緒かも?! 一つくらいはちょっと人とは違う眼鏡、持ちたいものですね・・・
    出典 :老眼鏡の専門店 lens-lens 〜老眼鏡を選ぶポイント
  • •一般的に+1.00が老眼の使い始めの度数で、+1.00、+1.50、+2.00 ・・・ +4.00までが一般的に使われている度数です。(さらに細かく +0.75、+1.25、+1.75・・・などもあります)
    出典 :老眼鏡の専門店 lens-lens 〜老眼鏡を選ぶポイント
  • •長時間使う老眼鏡なら重量も購入するときに考えましょう。重みがあるものや軽めのものと好みが分かれます。レンズの大きさや各度数により重量が変わります。一般的に度数が上がるにつれ (+1.00より+4.00のほうが)重くなっていきます。
    出典 :老眼鏡の専門店 lens-lens 〜老眼鏡を選ぶポイント
  • 始めっての場合は

     

    初めて購入する老眼鏡の度数は、裸眼視力が良好の方の場合+1.00もしくは+1.25あたりで完璧に見えます。大体これくらいを目安にしてみるのも良いかもしれませんね。