肌に良い椿油について

肌に良いとされる椿油について、椿油が肌に良い理由解説していきます。

view289

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 椿油とは?

  • 椿の花が咲いたあと、緑色の大きな実がなります。その熟した実の中の黒い種を搾ったものが椿油です。日本では、平安の昔(1000年も前)から、黒髪のお手入れに愛用されるなど、椿油は天然のヘアケアオイル、スキンケアオイル、そして食用油としても利用されてきました。
    出典 :株式会社椿:生の椿油とは
  • 椿油が肌に良い理由とは

  • なぜ、椿油がスキンケアにいいのでしょう。その秘密は椿油の主成分、オレイン酸にあります。椿油の成分は85%以上がオレイン酸という脂肪酸です。
    出典 :株式会社椿:生の椿油とは
  • オレイン酸含有量

     

    オレイン酸は脂肪酸のなかでも特に酸化しにくい性質を持ち、食用の場合、血液中の善玉コレステロールを減少させずに悪玉コレステロールを減らすことで、90年代以降、人気を得ています。

  • さらにオレイン酸は、ヒトの皮膚の表面にあって、潤いを保つとともに皮膚を守る役割をする皮脂にも多く含まれる成分でもあります。ヒトの皮脂の60%はトリグリセライド(中性脂肪)ですが、その中で最も多いのがオレイン酸トリグリセライド(オレイン酸のついたトリグリセライド)です。
    出典 :株式会社椿:生の椿油とは
  • 皮脂に近いオイル

     

    椿油は皮脂に近いオイルであり、肌になじみやすく、皮脂が不足することによって起きる肌の乾燥を防ぐことができ、柔らかで、みずみずしい肌へと導くことができるのです。

  • 椿油は皮脂に刺激を与えにくい!

  •  

    人の肌の潤いを与える成分である皮脂の41%がオレイン酸トリグリセリド、25%がワックスエステル、16%が皮脂酸、12%がスクワレン、その他5%となっています。 皮脂膜のケアには、41%を占めるオレイン酸トリグリセリドを補うスキンケアを行えば良いことになります。

  • 椿油にはこのオレイン酸が85%~93%も含まれており、まさにオイル王様を超えるオイルの神様と呼んでも過言ではありません。
    出典 :人の肌に近いといわれる椿油
  • 注目されている脂肪酸である

  • このオレイン酸はあらゆる脂肪酸の中でもっとも酸化しにくい油で、今もっとも注目されている脂肪酸です。 酸化によって様々な物質が腐敗することを考えれば人の肌といい、椿油といい良く出来たものです。 また、オレイン酸は不乾性油の一種で保湿力が高く、蒸発しにくいサラサラとした脂肪酸です。
    出典 :人の肌に近いといわれる椿油
  • 肌にとって理想的な油である

  • 皮脂はカビやダニと言った外的から肌を守るばかりか、肌の内部にある水分の蒸発を防ぎ潤いのある肌を保つ為には欠かせない物質です。
    皮脂がなくなると肌は乾燥し、アレルギーなどの原因になります。そこで潤いのある肌を保つ為に椿油を塗ることで若々しい肌を取り戻すことが出来るのです。 まさに椿油は人にとって理想的な油だと言えます。
    出典 :人の肌に近いといわれる椿油
  • まとめ

  • 肌に良いとされる椿油について解説してきました。
    是非ともスキンケアのお供として、利用してみてください。