【ドライアイ予防法】現代人は目を酷使しすぎている

パソコン、携帯、エアコン、テレビ、コンタクトレンズ、乾燥、睡眠不足、ドライアイになる原因は身近にたくさんあります。

ドライアイをそのままにしておくと視力原因など、さまざまなトラブルを引き起こしてしましますよ!

  • honey 更新日:2013/12/19

view233

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ドライアイの原因~乾燥~

  • その名の通り「乾燥」によるものが挙げられます。最も多いのが目を酷使しすぎたり睡眠不足が続いたりストレスがたまるなどして、涙の量が減少することによって起こるドライアイです
    出典 :ドライアイの原因が知りたい
     

    時間的には昼間より夜間の方が涙の量が減ります。

  • ドライアイの原因~まばたきの回数が少ない~

  • 一つの作業に集中することによって無意識のうちにまばたきの回数が少なくなってしまいます。まばたきの減少が原因のドライアイは、作業の途中で目を安めるなどの工夫で予防することができます。
    出典 :ドライアイの原因が知りたい
  • ドライアイの原因~涙の変化~

  • ドライアイの原因として「涙の量や成分が変化する」ことがあげられます。基本的に加齢に伴って涙の量は減少します。また病気や薬などの影響で涙の量や成分が変化することがあります。さらに不規則な生活や生活習慣の乱れによっても涙の量と成分が変化することがあります。涙の変化が原因のドライアイは、適切な涙の量と成分にしてくれる目薬をさすことによって対策することができます。
    出典 :ドライアイの原因が知りたい
  • ドライアイの原因~コンタクトレンズ~

  • コンタクトレンズとドライアイは深い関わりがあります。
    コンタクトレンズを長期間使うと目がその感覚に慣れてしまい涙の量やまばたきが減ってドライアイになってしまうのです。
    コンタクトレンズが原因のドライアイは自分にあったコンタクトレンズを使い目薬をさすなどして適度な涙の量を保つことが大切です。
    出典 :ドライアイの原因が知りたい
  • 軽い症状のドライアイなら少々疲れを感じる程度ですが、症状が悪化すると角膜までが傷ついて激しい痛みを感じたり炎症が出てきたりしますので注意が必要です
    出典 :ドライアイとは
  • 自覚症状がなくてもドライアイかも

     

    目に違和感や疲れを感じている人ははっきりした自覚症状がなくてもドライアイかもしれません

  • ドライアイになりやすい環境

     

    パソコンは1人1台の時代、仕事のほとんどをパソコンの前で過ごす人も少なくありません。また、銀行の手続きやショッピングなどもいまやインターネットで簡単にできますので、プライベートでもパソコンを利用する機会が増えてきています。
    電車の中でもスマフォ見てる方、多いです。

  • 一般的なオフィスだと3割がドライアイだと言われています。ですから業務のほとんどでパソコンを使うようなオフィスだとその割合はもっと増加します。さらにコンタクトレンズをつけていると目が乾きやすいためドライアイの人割合が多いと言われています
    出典 :ドライアイとは
  • 予防法

  • 目を休ませよう

     

    目を閉じたり遠くを見たり目をくるくると動かすだけでも目を休ませることができます。

  • 冷・温パックも効果的

     

    蒸しタオルで目を覆ってリラックスする温パックも良い予防方法になります。あたたかいタオルで目をリラックスさせることによって血行がよくなり涙も分泌されやすくなるためドライアイの予防方法としてとても効果的です。また充血が気になる人は冷たい水で絞った冷タオルで目を覆う冷パックも予防方法としておすすめです。温パックと冷パックを交互に目にあてるのも良いドライアイの予防方法になりますので、ぜひ試してみて下さい。

  • 目のつぼ押し

     

    ツボマッサージですっきり♪
    目の周りにはドライアイや眼精疲労に効くツボが集中しているので、目頭からぐるっと円をかくようにマッサージしましょう。
    目の周りは皮膚が薄いので優しく押してくださいね。

  • 目に良いと有名なブルーベリー

     

    ブルーベリーは食べてから約2~4時間で目に効き始め、その効果は約24時間継続するそうです。ですので、目を酷使する時間帯が予め分かっていれば、その数時間前に摂取しておくと丁度良いのですが、特にこの事は気にせず毎朝摂取するのが良いでしょう。
    しかし、大切なことは摂取する時間帯よりも、毎日きちんと摂取することです。
    継続的に摂取をすることで、疲れ目やドライアイの予防と対策の高い効果が期待できます