冷えを解消してぐっすり眠りましょう

冬になると冷たくてよく眠れない方がいらっしゃると思います。そこで今回はぐっすり眠るためにどうやって冷えを解消するかまとめてみました。

view152

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 眠りのメカニズム

  • 身体の冷えは寝不足の原因の一つです。寝る前に身体を温め、血めぐりを良くすれば、体温が上がり、体内の熱を上手に身体の表面から放熱できます。血めぐりアップし、放熱を促すことで、スムーズに眠れるようになりますよ!
    出典 :不眠・寝不足の原因は冷え!?|睡眠トラブル|気になる症状|血めぐり研究会公式サイト
     

    寝る前に温かくしなければ寝れないのですね

  •  

    人の体ってうまくできていますね。

  • 体の中心部の体温を、「深部体温」といいます。深部体温は1日のうちで、1~1.5度ほど上下します。夕方から夜にかけて最も高くなり、そのあと次第に下がって早朝に最低になります。深部体温が下がるときには、眠気が強くなります。さらに、寝つく前に一度、体温を上げておくと、そのあと体温が急激に下がってグッスリ眠られます。
    出典 :冬でもポカポカ! 冷え性の人のあったか快眠法 [不眠・睡眠障害] All About
     

    体温の格差で眠りに落ちるのですね。

  •  

    深部体温差が大きい人ほどよく眠れるのですね。

  • 冷えによって睡眠を中断されると疲れやすくなり、病気に対する抵抗力が低下しますから、健康的な生活を送るためにも夜間の冷え対策を万全にしましょう。
    出典 :睡眠中の冷え対策
     

    冷えによって様々な弊害が出てくるのですね。

  • 眠れない原因は?

  • 冷え性の人というのは、日中にあまり体温が高くありません。そのため、就寝中にも体温変化の幅が小さいので、寝付きが悪かったり、熟睡しにくいのです。



    例えば日中に体温が36.5分で、睡眠中に体温が35.5分まで下がる場合、体温変化が1度あるので、より深い眠りにつきやすいわけです。







    出典 :冷え性は睡眠の敵!冷えを改善して不眠解消♪ | 不眠症対策のファイナルアンサー
     

    体温の差がこんなに影響していたのですね。

  • 冷え 性の人は血液の循環が悪いため、深部体温を効率よく下げられません。これが冷え性による 睡眠 障害の大きな原因です。お風呂に入ると深部体温が上がるだけでなく、手足の血管が開いて血行がよくなります。体の中心の熱が血液で手足に運ばれ、手足で放熱されると、深部体温が下がりやすくなります。
    出典 :冬でもポカポカ! 冷え性の人のあったか快眠法 [不眠・睡眠障害] All About
     

    血行を良くしなければならないのですね。

  • 冷えを排除して眠るためには?

  • 就寝前の入浴でポカポカ、ぐっすり眠る

    1日の疲れを取りぐっすり暖かに眠るためにも欠かせないのが、就寝前の入浴。冷えを防ぐだけでなく、自律神経がリラックスし体内リズムがうまく調整されることで自然な眠りを誘います。ただし、熱いお湯での入浴は眠気が遠ざかってしまうので逆効果。ぬるめのお湯にゆっくり浸かるという入浴法が、体の眠る準備を整えてくれるのです。
    出典 :冬の睡眠 徹底「冷え対策」ぐっすり快眠術-快眠本舗
     

    熱過ぎるのはダメなんですね。

  •  

    ほどよい温度の湯にするのがポイントです。

  • 基本的に、体温より温かいものを食べましょう。冷たいものを食べると、それだけで体温が奪われてしまうからです。サラダより温野菜、冷奴より湯豆腐がお勧めです。少なくとも、冷蔵庫から出したものは常温に戻してから食べましょう。
    出典 :冬でもポカポカ! 冷え性の人のあったか快眠法 [不眠・睡眠障害] All About
     

    冬の野菜は全体的に体を温めてくれますからお勧めです。

  •  

    色々な料理に使える生姜なんかがお勧めです。

  • 保温力の高い寝具を使う こだわりたい寝具選び

    人工的にからだを温める電気毛布は、熟睡できずからだにかなりの悪影響を及ぼします。体温を逃さずフィットし汗のジメジメをため込んで冷やすことのない、自然素材の良質の寝具を使うと保温力はかなり高まります。
    出典 :冬の睡眠 徹底「冷え対策」ぐっすり快眠術-快眠本舗
     

    電気毛布で人工的に温めるより、保温力の強い寝具を使った方が良いのですね。

  • 布団と体を密着させるには、上掛けを敷布団の下に入れ込む方法が有効です。この方法を用いることで、睡眠中の保温性が格段にアップします。
    出典 :睡眠中の冷え対策
     

    これだったらお金をかけずにできますね。

  •  

    上掛け布団の端を敷布団の下に入れ込むとホント密着した感じになります。ただ少し息苦しくなる場合がありますので、そんな場合は中止しましょう。

  • 睡眠中の冷えは頭から肩へと広がる事も有ります。



    こうしたことから、寒い時期には、
    ナイトキャップをかぶるのもよい方法です。



    出典 :睡眠中の冷え対策とは? - 冷え性対策完全ガイド
     

    冷え対策にはフル装備で当たるべきなのですね。

  •  

    今は様々なナイトキャップが市販されています。

  • 足先が冷えるとなかなか寝付きにくくなる為、靴下を履いてお休みになると良いでしょう。靴下は足指の自由度が高い5本指タイプがお薦めです。 また、昔ながらの「湯たんぽ」の活用はいかがですか? 足元が暖かいと寝付きが良くなります。
    出典 :寝る時や睡眠中の冷え対策
     

    湯たんぽは温かさが意外と長続きしますので個人的にはお勧めです。