【心の病には必要不可欠!】意外と知らない、心療内科ってどんなとこ?

病院はあなたを救ってくれます。
心の病は、例え自分の体だとしても見逃してしまうもの。
ただのストレスなんかですまさないで!
心の病は早期治療が大切です。
でも、心療内科ってどんなところ?そんな疑問を一緒に解決しましょう!

view510

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 心療内科をまるはだか!知れば興味がわいてくる!

  • 心の病はとても不安になりやすい。

     

    心療内科ってどんなところ?精神科とは違うの?
    知らないところに行くって、とても不安ですよね。

    心の病は決して1人では治るものでもありません。
    治療には医師の協力が必要不可欠です。

    だからこそ、
    まずは心療内科を知ることから始めましょう!

  • 何となくじゃなくて、しっかりと知っていきましょう。
    何事も知ってしまえば意外と怖くなくなるものです。

  • そもそも心療内科って?

  • 一般的な内科とは違い、ストレスなど、精神的要因によっておこる様々な肉体的症状、もしくは肉体的要因がもとで起こる精神症状(これらをあわせて心身相関と呼ぶ)を診察の領域にしている。したがって主な領域は、拒食症、多食症、諸疾患に合併する不眠症、各種の○○恐怖症などが含まれる。コントロール不良の若年性糖尿病や神経難病の患者も対象となる。
    出典 :心療内科とは - はてなキーワード
     

    難しい言葉が多いけれど、しっかり読んでいきましょう。
    ひとつひとつ理解していくことが大切です。

  • どんな治療をしてくれるの?

  • お薬?カウンセリング?人には聞けない診療内容。

  • 一般的な内科と違い、カウンセリングがきわめて重視されるので、診察時間は長く、初診の人だと1時間くらいかけて診察をすることが多い。なので、どこの心療内科も常に混んでいて、完全予約制をとっているところも少なくない。一般内科でなかなか回復せず、精神・神経系統の治療が有効と認められる場合、心療内科を紹介されることもある。ストレスから何らかの症状を感じた場合は、一度受診してみることをすすめる。
    出典 :心療内科とは - はてなキーワード
     

    心療内科ってあまりピンと来ないですけど、カウンセリングが大切にしています。
    自分の気持ちを声に出すだけでも、気持ちがだいぶ楽になったりしますからね。
    薬だけが特効薬とは限らないのです。

  • 意外と違う!精神科と心療内科!

  • 似ているようで意外と違う!

  • 一般に心療内科を標榜しているところはたいてい精神科を兼ねていて、医師も精神科医であることが多く、主にうつ病や不眠症、統合失調症(むかしの精神分裂病)などを扱っていることが多いが、それこそが誤解を生む原因である。
    出典 :心療内科とは - はてなキーワード
     

    科が違えば、治療も違います。
    しっかりと認識すれば、治療の安心感も違うはずです。

  • 不安に思ったら、まずはネットで自己診断テスト!

  • 異変に気づいたら、病院へ行ってみましょう。

  • 家族にもし当てはまる人がいたら

  • 意外な言葉が相手を傷つけたりするかもしれません。
    しっかりとした知識を持つことで、心の病を持つご家族を支えてあげましょう。

  • 診療を受けたはいいけど、医師との相性が・・・。

  • 診断も医師によって、千差万別。

     

    医師も人間です。相性の善し悪しはどうしてもでてきます。

    しかし、ずっと一人の医師を選択する必要はありません。
    相性の良い医師を探しましょう。
    医師もそれが一番いいと思っています。

    医師を変えることは、薬を変えるのと同じです。
    無理をする必要はないのです。
    自分の一番の特効薬を探しましょう。