糖尿病が不治の病でなくなる?糖尿病の最新治療について@まとめ

生活習慣病のひとつ「糖尿病」。一度かかると一生、血糖値を気にする生活が続くと思われていましたが、最近の研究結果から、糖尿病は完治する可能性のある病気であることがわかってきました。

  • lips 更新日:2013/08/28

view884

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 糖尿病=肥満のイメージがありますが・・・

  • 糖尿病とは

  • 糖尿病(とうにょうびょう、拉,独,英,スペイン語,ポルトガル語: diabetes mellitus)は、血糖値(血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度)が病的に高い状態をさす病名である。ひとことに血糖値が高いと言っても、無症状の状態から、著しいのどの渇き・大量の尿を排泄する状態、さらには意識障害、昏睡に至るまで様々であるが、これらをすべてまとめて、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を超えている場合を糖尿病という。糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、目、腎臓を含む体中の様々な臓器に重大な障害(糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害)を及ぼす可能性があり、糖尿病治療の主な目的はそれら合併症を防ぐことにある。
    出典 :糖尿病 - Wikipedia
     

    糖尿病そのものよりも、合併症が怖いんですね。

  • 糖尿病の種類

  • いろいろな病気を引き起こす可能性があるので要注意!

  • 糖尿病の種類

    1型糖尿病
    膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。

    2型糖尿病
    インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがある。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプ。

    遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの
    遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもの。薬剤が原因となる場合もある。

    妊娠糖尿病
    妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもある。
    出典 :糖尿病ってどんな病気?|厚生労働省
     

    現在糖尿病の95%が、2型糖尿病と言われています

  • どんな人が糖尿病になりやすい人の?

  • ぽっちゃりは可愛いですよ~

  • よく言われているのが、肥満の人は糖尿病になりやすいということ。
    自分が肥満かどうか、まず調べてみましょう。

    下記のサイト↓↓↓では、簡単なセルフチェックの仕方が載っています。

  • 糖尿病かどうか、自分で調べる方法もある

  • 糖尿病かどうか、自分で調べる市販薬もあります。
    試験紙に尿をつけて調べるタイプのものなので、ひとりで手軽に調べることができますが、
    基準値以上の値が出た場合は、必ず医療機関で血液検査を受けましょう。

  • 一般的な糖尿病の治療方法

  • もし糖尿病と診断されたら、どのような治療を受ける必要があるのでしょう。

  • 食事療法

  • 医師の指示を受けて、1日に摂取するカロリーが制限されます。

  • 運動療法

  • 医師の指示を受けて、1日の運動メニューが決められます。

  • 糖尿病の最新治療

  • これまで糖尿病は不治の病で、一度かかると一生治らないと思われていましたが、
    これからは完治できる病気のひとつといえるかもしれません。