睡眠と寝相の微妙な関係

人々の一日の生活の中で睡眠は欠かせない時間です。睡眠の妨げになったりそして起きた後に影響を与えかねない寝相をフォーカスしてみました。

view201

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寝相が悪いとどうなってしまうか?

  • 人は同じ体制で長時間眠るのは不可能

     

    寝相が悪いと寝違え、肩こり、腰痛、むくみなどが起こります。寝相の悪さというのは、寝具選びからも起こります。やわらかい寝具では体重を支えきれずに腰痛の原因になります。

    寝相は日々の体調の疲れ加減で毎日変化してゆきます。

  • 寝相のパターン

  • うつ伏せ

     

    神経質な方が多いといわれております。
    ただ最近ではうつ伏せ寝が一番体に良いといわれております。

  • 王様型

     

    仰向けで手足を伸ばして寝ている状態。自分に自信があり、何事に対してもオープンな人です。開放的、積極的に行動が出来ますが、人の気持ちを考えず、自分勝手にふるまうところがあります。

  • 胎児型

     

    母親のおなかの中の胎児のように体全体を丸めて寝ている状態。周囲に対する警戒心が強く、まずは自分を守ろうとする、とても内向的な性格です。

  • 半胎児型

     

    横向きで手足を少し曲げて寝ている状態。バランスが良くて安定した性格の持ち主です。人との距離の取り方が上手で協調性は高いですが、優柔不断な面もあります。

  • 寝相が悪いことにつながる障害

  • 肩こりを誘発することになる

     

    枕の高さを考えましょう。高すぎると肩こりの原因になるので、高すぎず低すぎず寝がえりがうちやすい高さが良いでしょう。 また、抱き枕を使うのも有効です。うつぶせで寝ると呼吸がしやすくなったり、肩こり、腰痛の改善になるとも言われています。

  • 歯ぎしりを誘発する

     

    寝相が悪い人は歯ぎしりも同時にしている事が多いと言われています。
    そもそもなぜ歯ぎしりをするのでしょう。その原因は様々な説がありますが、特に顎骨の問題などがなければストレスから起こっているという説が有力なようです。

    マウスピースを付けて寝る事ですが、歯ぎしりをする限りすりへって消耗品となってしまいます。
    または覚醒時に上下の歯を離すよう意識してリラックスして眠るなどの自己暗示トレーニングも有力と言われています。

  • 寝相の改善方法

  • 寝る前のカフェインはダメ

     

    寝る前にはコーヒーや紅茶などのカフェイン摂取は避けましょう。
    脳を興奮させてしまいかえって眠れなくなり
    寝がえりを繰り返す事になります。
    またお酒を飲んでも睡眠の質は下がりますので
    お酒に頼るのも控えましょう。

  • 寝る前は考えない

     

    寝る前の30分前はあまり考え事をしないようにしましょう。
    ゆったりと落ち着いてクラシックなどの音楽を聴いたり
    アロマを楽しんでリラックスすることが大切です。

  • 部屋の環境

     

    部屋の室温は、夏は25度前後、冬は15度前後、湿度は50%を目安にするとベストな環境で睡眠できます。
    これは自分の来ているパジャマや毛布などを季節に合わせて調整することが大切です。
    特に子供はパジャマを変えるだけ寝がえりが少なくなる場合が多いです。
    寝相が悪い人は特に腹巻などをして寝ると良いかもしれません。

  • 寝具

     

    これは自分に合うものが一番よいでしょう。枕は高すぎず寝がえりがしやすいものを選び、
    マットレスも硬すぎる柔らかすぎない、自分にぴったりくる硬さを選びましょう。
    また毛布も重すぎず軽すぎないものを。寝相が余りにも悪い場合重めの毛布を使うことで寝相を抑える方法もあります。

  • 睡眠に適した明るさ

     

    なるべく明るくしないで、睡眠に適した
    明るさにしましょう

  • 体に負担をかけない寝相とは何か

  • うつ伏せ型が一番いい寝相だといわれております

     

    最もと良い寝相と言われています。これは最もと自然な睡眠体勢とよばれ、肩凝りや腰痛の改善
    咳やたんの減少などの効果もあります。無呼吸症候群という寝ている時に呼吸が止まってしまう方はこのうつぶせ型がおすすめです。 実際に介護の現場やすもう部屋などでも利用されています。