目尻の痛みは濃いアイメイクが原因!?気を付けたいメイク方法

若い女性に多い濃いアイメイクですが、これが目尻の痛みの原因となることがあります。
デカ目メイクが流行している一方で、アイメイクの影響で目尻の痛みを訴える人も増加しているようです。
アイメイクをする時は、こんなことに気を付けましょう。

view37

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こんなメイクをしていませんか?

  •  

    若い女性の間では、デカ目メイクが大流行となっています。
    どの雑誌を見ても、デカ目にするメイク術が紹介されていますね。
    そんなデカ目メイクに欠かせないのが、アイライン、つけまつげ、カラーコンタクトレンズです。
    これらはデカ目メイクで大活躍のアイテムですが、目尻の痛みの原因になりやすいため注意が必要なのです。
    では、それぞれどんなトラブルになりやすいのでしょうか?

  • アイシャドーやアイライン……アイメイクの途中、ペンで黒目(角膜)に傷をつけてしまった
    アイライン……下まぶた縁のアイライナーで、コンタクトレンズが汚染された
    出典 :眼ヂカラ・アイメイクで目のトラブル発生中 [ドライアイ] All About
     

    上記に挙げたアイテムの中でも、最も目尻の痛みの原因になりやすいのがアイライナーです。
    デカ目メイクでは、アイラインを目のギリギリ際の部分に引きます。
    際の部分に引くことによって目が強調されるのですが、目を傷つけてしまうトラブルも少なくありません。
    特に、まつげよりも内側のインサイドラインと呼ばれる部分にアイラインを引くことによって目尻の痛みが出やすくなってしまうため注意しましょう。

  •  

    目をぱっちりと見せる効果があるのがつけまつげやまつげエクステです。
    これらのアイテムは、接着剤による皮膚の荒れが心配されます。
    万が一つけまつげやまつげエクステをして目尻の痛みを感じたら、すぐに外しましょう。
    また、まつげエクステの場合はメイク落としが不十分になる危険性があります。
    まつげエクステをしている場合は、メイク落としを十分に行うことが大切です。
    メイク汚れが残っていると、皮膚が荒れて目尻の痛みに繋がります。

  • また、心配なのがカラーコンタクトレンズの使用方法です。
    カラーコンタクトレンズは目に直接装着するため、目のトラブルが起きやすいアイテムなのです。
    カラーコンタクトレンズの使用期限は守っていますか?
    カラーコンタクトレンズを外したら毎回洗っていますか?
    間違った使用方法を続けると、目尻の痛みどころか失明の危険性もあります。
    そのため、カラーコンタクトレンズは正しい方法で使用しましょう。

  • アイメイクによる目尻の痛みを予防するには?

  • 目の健康のためには、毎日インサイドラインを引くのではなく”特別な日だけ”というようにするのがいいと思います。
    出典 :デカ目メイクは要注意!実はとんでもない悪影響がある
     

    毎日インサイドラインにアイライナーを引いていると、ドライアイになる危険性が高まります。
    インサイドラインには、目の渇きを防止するための皮脂腺があります。
    これをマイボーム腺といいます。
    このマイボーム腺を塞ぐことで目の乾燥が進み、痛みとなって症状が表れます。
    しかし、デカ目メイクが習慣づいている女性にとって、インサイドラインにアイライナーを引かないとメイクが決まりませんよね。
    それなら、メイクをしない日を作りましょう。
    休みの日は極力メイクをしない、長時間メイクをしないなど工夫をすることが大切です。

  •  

    メイクをした日は、クレンジングをしっかりと行いましょう。
    ただし、時間を掛けてクレンジングを行うこと、肌に負担が大きいクレンジング剤を使うことは避けましょう。
    メイク残りだけでなく、これらも目尻の痛みの原因となります。
    クレンジング剤は、拭き取るタイプやオイルタイプを避け、クリームタイプを選びましょう。

  • コンタクトレンズには、ハードタイプとソフトタイプがあります。
    ソフトタイプでも、使用期限によってワンデーと2ウィークに分けられます。
    ハードタイプのコンタクトレンズや2ウィークのソフトコンタクトレンズを使用する場合、使用期限をきちんと守り清潔に保つことが重要なポイントとなります。
    しかし、目に最もやさしいと言われているのはワンデータイプのコンタクトレズです。
    少々お金がかかりますが、目尻の痛みを予防するためには効果的ですよ。