乳がん検診は、女子全員のお約束!

日本人の生活習慣の変化で、乳がんの罹患率は年々上がる一方です。検診で自分のからだを守りましょう。

view554

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳がんは、自己発見出来る数少ないがんです。

  • 食生活の欧米化など、生活スタイルの変化で、日本人の乳がんの罹患率はアップする一方です。しかし乳がんは、自分で発見出来て、早期発見が可能ながんでもあります。

  • 理想は入浴時などに、こまめに乳房に触れて、しこりや変化などに敏感になること。少しでも違和感を覚えたら、すぐに診察を受けることです。

  • 乳房のセルフチェックを習慣にしよう!

  • セルフチェックは、生理開始後1週間ほどしたあたりで行います。乳房全体を指の腹でよく触って、しこりがないか確かめます。

  • 続いて鏡の前で乳房をチェック。両乳房の形、大きさの違いを確認しましょう。さらに、乳頭にへこみ、ひきつれはないかどうかよく見てください。

  • 年に1度の検診を、自分と約束しましょう。

  • 検診は、どうしても億劫に感じてしまうもの。しかしがんから身を守るには、定期的な検診が一番の方法です。誕生日、何かの記念日など、毎年覚えやすい日を決めて、検診デーを設けるとよいですね。

  • 病院では、触診のほかに、必要に応じて超音波やマンモグラフィーといった方法で、より精密度の高い検査が出来ます。医師のアドバイスを受けましょう。

  • 食生活の見直しもしましょう!

  • 動物性の脂肪やたんぱく質は、とり過ぎると乳がんのリスクが高まると言われています。新鮮な野菜や果物の摂取量をもっと増やすよう、心がけましょう。

  • たんぱく質は、大豆製品でとるのが理想!

  • 乳がんのリスクを下げるには、たんぱく質を大豆製品でとるのがおすすめ。ビーフステーキより豆腐ステーキ、牛乳より豆乳。大豆イソフラボンもとれて、一石二鳥です。

  • 乳がんにかかるリスクの高い人は、こんな人です。

  • 初潮が早い、月経周期が規則正しい、月経周期が短い、閉経が遅い、出産経験がない、高齢出産経験がある、高学歴、太っている、家族に乳がんの人がいる。こうした人の罹患リスクは高いと言われています。

  • 早期発見があなたを救うのです!

  • 乳がんは、早期発見、早期治療で9割近くの人が、治癒したと同じ状態になるというデータが示されています。早ければ早いほど、治療法の選択も広がります。毎月のセルフチェック、毎年の定期検診は、女子全員のお約束です!

  • 乳ガン検診 - YouTube

  • マンモグラフィー検査について - YouTube