【セルフチェック】子宮内膜症の症状

自分のカラダは自分が一番よく知っているはず!子宮内膜症の症状をチェックしてみよう。

view4490

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは子宮内膜症について。

  •  

    いつまでも健康な女性で。

  • 子宮内膜症は、主に20~30歳代の女性に多くみられる、病気の1つです。
    では、子宮内膜症は体の中で、どんなことが起こっているのかをお話します。


    月経時に不要となった血液を子宮口から排出します。
    これが生理(月経血)ですね。


    その一部の月経血が、卵管を通って腹腔内に逆流することがあります。
    逆流した血液中には、子宮内膜細胞が浮遊しています。


    その細胞が子宮以外の場所で落ち着いてしまい、子宮内膜と似た組織を作り、広がっていきます。

    この組織は、月経時と同じように細胞から血液が出ますが、子宮口のような排出する出口がないので、その部位に溜まるしかなくなるのです。


    これが子宮内膜症です。
    出典 :子宮内膜症ってなんだろう?
     

    生理のときの経血が逆流するってちょっとビックリ!信じられます?

  • 子宮内膜症の症状

  •  

    生理痛よりもと想像すると・・・。

  • 生理痛よりも重い腹痛

  • 『子宮内膜症の症状って、普通の月経痛との違いが分かるの?』

    と思われる方が多いことでしょう。


    それは、分かります。
    一言でいうと、子宮内膜症で見られる月経痛が、強くなったものであると考えてもらえればいいです。


    子宮内膜症が進行すると、痛みは一般の鎮痛薬では治まらないほどの激しいものになります。


    つまり、子宮内膜症の痛みは耐えがたい程の激痛であるため、普段の生活にも支障をきたすことがあります。


    また、月経時期ではないのに腰部や下腹部の周りの痛みを伴うこともあります。
    出典 :子宮内膜症の症状って、どんな?
  • 普段の生理痛よりも物凄く重いって、想像しただけでお腹痛いです。。。。

  • 主な症状一覧

  • 1.月経痛(月経困難症)
    子宮内膜症による月経痛(生理痛)の特徴は

    かなり強い生理痛
    かなり痛みが強いので鎮痛剤が必要である。
    市販の鎮痛剤を服用しても充分痛みがとれない。
    年々痛みが増強する(5年前よりも3年前、3年前よりも今年というように年々月経痛が増強する)。
    腹痛だけでなく、肛門や膣の奥の方も痛い。
    腹痛だけでなく、悪心や嘔吐を伴うこともあります。

    2.生理痛以外にも時々腹痛がある
    特に排卵期(生理と生理の中間の頃)や生理前にも腹痛がある。

    3.性交痛
    子宮内膜症がダクラス窩にあるとしばしばセックスの時、膣の奥が痛むこと(性交痛)があります。

    4.月経時に下痢をしやすい

    5.月経の血液量が多い(過多月経)

    6.不妊症
    子宮内膜症があると全ての人が不妊症になるわけではありませんが、逆に不妊症の20%位が子宮内膜症が原因といわれています。
    出典 :【銀座レディースクリニック】子宮内膜症について
  • たくさんの症状があります。心配になりますね。

  • 生理痛は全くないよ~!!という人でも!?

  •  

    喜んでる場合じゃない!!

  • 月経痛が全くない人でも内膜症のリスクはあります。月経痛はほとんどないけれど、検診を受けたら内膜症の一種である「チョコレートのう腫」が見つかったというケースもあるのです。内膜症は基本的に月経がある間は進行していく病気なので、できるだけ初期の段階で発見し、それ以上進行しないように治療を始めることが大切です。
    出典 :子宮内膜症の原因・症状・診断方法 [子宮の病気] All About
  • 女性はみんなにリスクがあるんですね。

  • 過多月経・レバー状のかたまり

  • 子宮内膜症に似た病気で、子宮の壁が厚くなっていく「子宮腺筋症」の場合、子宮全体が大きくなって経血量が増え、夜用ナプキンでも短時間で不安という状態に。また、通常は特別な酵素の働きでサラサラの形で排出される経血が、量が多いため酵素の働きが追いつかず、レバー状のかたまりとなって排出されます。
    出典 :子宮内膜症の主な症状|生理痛の原因と治療|おしえて生理痛
     

    生理の量多い人って周りに結構いますね。

  • ちょっと心当たりが出てきました。

  • 悩まないで病院へ!

     

    まずは婦人科へ行って検査をしてもらいましょう。
    初めての方は、婦人科へ行く不安よりも、あなたのカラダが病におかされているかもしれない不安を優先させましょう!

  • 検査して、すっきりしよう!!!!

     

    早期発見が大事です。