飲酒で下痢になるのを予防するには・有効な方法

冷たいものを飲み過ぎると下痢を起こしやすくなりますが、飲酒でそれがさらにひどくなる場合があります。それは、アルコールにより血行が良くなり、刺激された腸が下痢を引き起こしやすい状態となるからです。

view122

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そして、お酒とともに摂取する食事にも注意を払う必要があります。

  • 脂ものを避け、さっぱりしたものを食べる。
    調理で肉の脂が落ちる焼き鳥や、おでんなどの煮物、ある程度食事系のもの(焼きうどんや焼きおにぎりなど)がおすすめです。
    出典 :下痢にならないお酒の飲み方 | 下痢の改善相談室
     

    つまり、飲酒で下痢になるのを予防するためには、唐揚げなどの揚げ物は避けた方が無難であるということですね。

  • さらに、年齢を重ねるごとに飲酒による下痢の頻度が増えてしまうこともあるんです。

  • 以前と比べてお酒を飲むと下痢をしやすくなるのは、アルコールの消化吸収が悪くなっていることが原因として考えられます。
    出典 :お酒を飲むと下痢になる
  • 胃腸機能が低下すると、飲んだアルコールが肝臓で完全に分解されず、小腸の消化吸収を妨げてしまい下痢となります。そのため、お酒を飲む量が多いほど下痢をしやすくなってしまいます。
    出典 :お酒を飲むと下痢になる
  • 飲酒で下痢になるのを予防するためには、まずはアルコールの量を控えめにすること。

  • 飲食後に下痢をしているということは、アルコールが全て消化されていないことが原因として考えられますので、アルコール量を減らすことが有効です。
    出典 :お酒を飲むと下痢になる
  • 若いころよりもお酒の消化吸収が悪くなっていますので、下痢をするようでしたら、お酒の飲みすぎには注意しましょう。
    出典 :お酒を飲むと下痢になる
  • 乳酸菌の私たちの体への、健康への働きは知られたところですが、簡単で、有名なところとしては整腸作用です。下痢の予防や治療の効果もあるところです。例えば、酒を飲み過ぎた朝、その日は下痢になることが多いものです。
    出典 :乳酸菌と二日酔いの関係 | 乳酸菌サプリメント売れ筋ランキング
     

    お酒を飲み過ぎてしまったと感じたら、サプリメントを摂取するというのもひとつの方法ですね。たとえば、成長作用を持っている乳酸菌のサプリメントなどが特におススメです。また、ヨーグルトにも多くの乳酸菌が含まれていますので、お酒を飲む前後に摂取しておくのも良いでしょう。

  • また、アルコールの大量摂取を長期に渡り続けてしまうと、思わぬ病気を発症してしまうこともあります。

  • そして、お酒といえば忘れてはならないのがウコンです。

  • ウコンはしょうが科の植物の根茎です。胆汁の分泌をよくし、肝機能を活発にしてくれる作用のある、クルミンという成分が含まれています。ドラッグストアなどで簡単に手に入ります。
    出典 :【肝臓に良い食べ物】 - 肝臓健康LIFE
     

    ウコンの力って凄いんですね!さらに、アサリ、シジミ、牡蠣なども肝臓機能低下を予防するといわれていますので、日頃から積極的に摂取しておきたいものです。

  • お酒は百薬の長とも呼ばれており、適量を越えなければあなたの健康の味方をしてくれます。くれぐれも、飲み過ぎにはご注意を!