心の病気!?【自閉症】

わけのわからない言葉を大声で言っている人を
見かけたことありませんか?
うーうー唸り声あげていませんか?
自閉症かもしれません

view538

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自閉症とは?

  • 先天性の脳機能の障害による発達障害です。
    自閉症とは生まれつき脳の機能がうまく働かないため、3才以前の早期に症状が現れ、その困難さが生涯に渡って続く発達障害です。
    従って、「いじめのため自閉症になった」「昔自閉症だったけどなおった」「親の育て方が悪くて自閉症になった」「テレビの見過ぎ、ゲームのやり過ぎで自閉症になった」などというのは、全て間違いです。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
     

    心の病気とは違うようです

  •  

    先天性の脳機能障害になる
    自閉症にはいくつかの特徴があるのです

  • 特徴はこちら

  • 〈社会性の発達の障害〉
    自閉症の人は対人関係の質的な違いがあります。
    例えば
    ・目線を合わせようとしない。
    ・注意を受けて困っているのに笑ってしまう。
    ・同年代の子どもと遊べない。
    ・暗黙のルールがわからない。
    ・人とほとんど関われない、または積極的に関わり過ぎる。など人と上手く付き合うことができません。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
  • 〈コミュニケーションの障害〉
    自閉症の人はコミュニケーションの質的な違いがあります。
    例えば
    ・言葉が話せない、もしくは言葉の発達に遅れがある。
    ・言葉が話せても、意味が正確にわかっていない。また、場面にあった言葉が出てこない。
    ・自分の好きな言葉を繰り返す。
    ・話しかけられたことに合った返事ができない。
    ・指差し、目配せなど言葉を使わないコミュニケーションの意味がわからない。
    ・相手の手を使って何かをさせようとする(クレーン現象)。
    などコミュニケーションが上手くとれません。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
  • 〈活動と興味の偏り〉
    自閉症の人は想像力を働かせる部分に障害があるため、変わった行動をすることがあります。
    例えば
    ・ミニカーを一列に並べたり、タイヤをくるくる回して眺めたりそのおもちゃ本来の遊び方をしない。
    ・常同行動(手をヒラヒラさせる、ピョンピョンはねる、ぐるぐる回るなどの行動)を繰り返す。
    ・同じ道を通る、同じ順序でするなど、変化を嫌う。
    ・教えないのに、標識や数字、アルファベットなどに興味を持ち、カレンダーや時刻表を覚えてしまう。
    といった極端な「こだわり」を示します。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
  • 〈活動と興味の偏り〉
    自閉症の人は想像力を働かせる部分に障害があるため、変わった行動をすることがあります。
    例えば
    ・ミニカーを一列に並べたり、タイヤをくるくる回して眺めたりそのおもちゃ本来の遊び方をしない。
    ・常同行動(手をヒラヒラさせる、ピョンピョンはねる、ぐるぐる回るなどの行動)を繰り返す。
    ・同じ道を通る、同じ順序でするなど、変化を嫌う。
    ・教えないのに、標識や数字、アルファベットなどに興味を持ち、カレンダーや時刻表を覚えてしまう。
    といった極端な「こだわり」を示します。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
  • 40年以上、世界中で遺伝子の研究が行われてきました。

    しかし、いまだに原因が解明されていません
    出典 :自閉症の原因と予防
  • 自閉症は治るの

  •  

    治りません・・・
    現代医学では治せないのです

  • 予防の4箇条

  • 1.母子同床
    赤ちゃんは、お母さんの肌のぬくもりと、お母さんの匂いと、お母さんの顔と、お母さんの声といった、諸感覚が統合された、お母さんのイメージが形成されて刷り込むことができるのではないかと推測します。

    この出産直後の最初の母子の見つめ合いの時が、自然が用意していた刷り込みの時にあたるはずです。
    しかし、この時をのがしてもまだ時間の余裕があるように、安全システムが装備されています。
    刷り込みはとても大事なことだからです。
    またそうでなければ、もっと多くの赤ちゃんが自閉症になっているはずだからです。
    出典 :自閉症予防の4ヶ条
     

    母親の存在はとても大切だという事がわかります

  • 2.照明を落とす
    赤ちゃんが眠りにつくまでの2時間ほどは
    分娩室の明かりを落とし
    母子のプライバシーを確保し
    母子の最初の触れ合いがおこなわれるように、配慮する必要があります。

    どれくらいの明かるさが良いのか解っていませんが
    新生児が一番良く見える明るさが、理想の明るさになるはずです。
    研究者の方には、なるべく早くどのくらいの明るさが新生児が一番良く見えるのか、数字を出して欲しいです。

    現代の病院は非常に明るいです。
    昔のように電気代を節約しようという時代ではなくなりました。
    また、薄暗い病院は歓迎されません。
    新生児室など、24時間、煌煌と明るい病院もあるそうです。

    生まれて最初の2時間ほどの母子接触で
    母親の匂いを刷り込み
    母親の顔を刷り込み
    母親の声を刷り込む、というのが理想です。

    人類の長い歴史で、ずっとおこなわれてきた自然の姿です。
    哺乳類としての本来の自然の姿にもどれば、自閉症は予防できると私は信じています。
    出典 :自閉症予防の4ヶ条
  • 3.蛍光灯の問題
    母親の顔を刷り込む前に、蛍光灯を刷り込んでしまうという可能性があります。
    光り輝く物が大好きという自閉症の子どもがいます。
    ひょっとすると、光り輝く物、蛍光灯を刷り込んでいるのかもしれません。

    蛍光灯の新生児への安全性は確認されていません。
    少なくとも新生児のいる部屋では、蛍光灯は使用しないという配慮をしてほしいです。
    出典 :自閉症予防の4ヶ条
  • 4.ヒトの顔
    人見知りした相手に抱かれてあやされて、おっぱいを押しつけられたら、赤ちゃんはパニックになり恐怖を感じるかもしれません。
    そうすると、母親への恐怖感が身についてしまうかもしれません。
    あるいは、母親への恐怖症を発症するかもしれません。

    そうやって、1000人に1人ぐらいは、母親への刷り込みの転移に失敗してしまう赤ちゃんがいないとも限りません。
    可能性は限りなく0にする必要があります。

    看護婦さんが赤ちゃんの世話をするのであれば、看護婦さんが刷り込まれる必要があります。
    しかし、誤刷り込みにならないように、人という種として刷り込まれる必要があります。
    赤ちゃんに接する看護婦さんは、自然のヒトの顔で接するように配慮してください。

    出典 :自閉症予防の4ヶ条
     

    少し難しいですが、母親を刷り込むという事はとても大切だという事です
    どのような形、知識、知能をしていても人間は人間です
    偏見はしないように、地域も温かくみまもってあげましょう