本当にそうなの?実は重曹歯磨きはやり方によっては危険!!

重曹歯磨きが効果が高いということで話題になっているようですが、実は危険だということも言われています。一体なにが危険なのでしょうか?安全に重曹歯磨きはできないのでしょうか?危険といわれている理由を調べてみました。

view27161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜ重曹歯磨きは危険だといわれているの?

  • 歯に優しい!と評判になった重曹歯磨きなのに危険!といわれるのはどうしてなのでしょうか?

  •  

    もともと磨きすぎの人が多いようです、歯を綺麗にしたいと思うがあまりついつい力を入れてゴシゴシこすってしまうのでしょう。普通の歯磨き粉で磨いていても力をいれて磨きすぎると歯ぐきや歯を痛めてしまうのに研磨効果の高い重曹でゴシゴシ磨くのはやりすぎというものです。

  • 重曹の研磨効果が歯磨きによいと誤解している人が非常に多いのが危険ということ。

  • どんどんエナメル質が削られてしまうことになるのです。
    エナメル質は歯を虫歯から守っている、非常に大切なものです。
    そのため、ここが削られてしまうとどんどんその下の象牙質がむき出しになりやすくなり、
    虫歯にかかる可能性が非常に高くなってしまいます。
    出典 :重曹で歯磨きはとっても危険!
     

    この危険性が高いのが重曹歯磨きです、研磨効果が高すぎて必要なものまで歯から削り取ってしまうのです!

  • また、重曹によってエナメル質が削られていくと、
    歯の表面にはたくさんの凹凸ができることになります。
    その結果、その部分に黄ばみの原因となる色素が
    付着しやすくなってしまうことにもつながるのです。
    出典 :重曹で歯磨きはとっても危険!
     

    ゴシゴシと磨くことで磨いた瞬間は歯が真っ白になるため見た目的には効果があるように感じられると思いますが、一過性のもののようです。せっかくエナメル質でツルンとしていた歯の表面が重曹歯磨きで削り取られてデコボコができてしまい、そこに色素がはいってしまうと今度は普通に歯を磨いているだけでは簡単に黄ばみが落ちなくなってしまいますから、かえって歯を黄ばませてしまうことにもなりかねないのです。

  • 重曹で酸を中和することで発生するアルカリはたんぱく質を溶かしてしまう・・・。

  • 重曹などのアルカリを作用させても、唾液の緩衝作用によってすぐに中性近くまで戻されてしまうことが予想されますので、虫歯菌の酸を一定時間中和させる続けることには無理があり、虫歯予防効果は期待できないのでは?
    出典 :重曹うがいについて【歯科相談室】
     

    唾液が予防をしてくれるのは聞いたことがあります

  • 酸性は金属を溶かす性質、ではアルカリ性は?・・・・タンパク質を溶かす性質がある、この事を知っているなら、粘膜そのものと言える口の中に、いくら食品用とは言え、少量とは言え、短い時間とは言え日課の歯磨き代わりに重曹を用いるのは、やはりやってはいけないと結論付ける事に。
    出典 :重曹歯磨き・・アルカリ性の危険性 - 幸せの深呼吸
     

    確かに、虫歯菌の出す酸を中和するのですが、中和し終わった後はアルカリとして残り、タンパク質(粘膜)にダメージを与える恐れがあります

  • 力をいれて磨きすぎ!

     

    きれいな歯にしたいから、しっかり磨く。それが危険です。歯を磨くときに強い力は必要ないのです。

  • 重曹には色々な種類があるのを知っていますか?

  • 食用・工業用・薬用
    とあるのですが、食用はベーキングパウダーなので、歯磨きやうがいには、薬用を使います。
    (食用でもいいんでしょうが、添加物入ってるんで基本は薬用)
    出典 :重曹で歯磨き?うがい?その効果は?危険性は?
     

    添加物も考えておかなければなりません

  •  

    添加物が入っていないものでも、食用の粒が小さい重曹を使わなければいけません

  • 絶対に重曹歯磨きはしちゃいけない訳ではない

  •  

    海外ではよく重曹が含まれている歯磨き粉が多いそうです。重曹の性質を理解したうえで歯磨きに使用すれば問題はありません。

  •  

    それでも重曹を生かした歯磨き粉はあります。もちろん添加物やエナメルを削りすぎないように安全性は配慮されているのでしょう。自分で重曹を買ってきて磨くよりは安全性は高いと思います。ですが、やはりあまり長時間ゴシゴシと磨き続けることはお勧めできません。

  • 重曹歯磨きをする際に気をつける事とは

  • きちんと重曹の性質を理解していれば重曹歯磨きをしても問題はありません。研磨で磨くのではないということです。

  • 歯を磨く時の強さも力を入れ過ぎないように注意しましょう。
    重曹歯磨きは力で汚れを擦り落とすのではなく
    重曹の化学反応を利用していますので
    軽い力でのブラッシングで十分効果を得られます。
    必要以上に強く磨くのは危険です。
    出典 :重曹 重曹歯磨き
     

    するにしても研磨して汚れを落としているのではないことを知っておきましょう。

  •  

    そもそもキッチンのシンクの汚れを落とせるぐらいですから、磨きすぎるのはよくないのです。研磨することで歯を綺麗にするわけではないのだということを、忘れないようにしましょう。
    重曹歯磨きで力をいれて磨いて歯のエナメル質を削り取ってしまうくらいなら、市販の研磨剤がはいっている歯磨き粉を使って磨いた方がよほど歯には優しいのです。歯磨き粉に入っている研磨剤はエナメル質まで削り取ってしまわないように硬さはきちんと計算されたものだからです。