妊婦貧血の胎児への影響とは?たかが貧血と思わないほうがいいらしい

妊婦貧血の胎児への影響とはどんなことなのでしょうか?貧血というとフラフラするだけというイメージですが、実は胎児への成長など影響があるらしいのです。妊婦さんは見逃せません。

view158

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦貧血の胎児への影響

  • 妊娠中に貧血になると気になるのが、胎児への影響でしょう。妊婦さんに貧血は良くあるため、妊娠している方なら誰でも注意したい点なのです。

  • 貧血で起こる胎児への影響

  • 未熟児

     

    母体の貧血で胎児の成長が阻害されます。

  • 貧血が強くなると、妊婦には、めまい・動悸・息切れ・頭痛などの症状が現れます。それに、胎児にも影響が出ます。胎児への影響としては、発育が悪くなって、生後に未熟児・虚弱児・心身障害児となってしまう場合もあります
    出典 :山田産婦人科 よくある質問
     

    体の成長が遅れるだけでなく、体が弱いことにも繋がるかもしれない。

  • 妊娠中に鉄のサプリメントを摂取した女性は摂取しなかった女性に比べて、妊婦の平均ヘモグロビン量が多く、貧血や鉄欠乏、鉄欠乏性貧血、そして、低出生体重児のリスクが低かったことがわかりました。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】関連ニュース|妊娠中の鉄のサプリメントは低出生体重児のリスクを下げる
     

    必要に応じて鉄分の補給を心掛けましょう。

  • 貧血による母体への影響

  • 微弱陣痛

     

    陣痛が弱くなってしまうことがあります。

  • 産婦に強い貧血があったり、子宮筋の生まれつきの弱さ、
    全体として子宮の収縮の調和がとれないタイプが
    原発性微弱陣痛を起こしやすいです。
    出典 :「微弱陣痛」って名前 | 助産院ばぶばぶ 大阪・阿倍野
     

    貧血も陣痛が弱くなる要因のひとつです。

  • 貧血が分娩時に与える影響の中に、微弱陣痛があると聞いています。微弱陣痛はほっ
    ておいても強くはならないそうですよ。むしろほっておくと赤ちゃんに影響が行って
    しまうそうですし、帝王切開にもなりかねないと聞きます。
    出典 :貧血で。-すくすく.COM
     

    あまりにも酷ければ帝王切開になることもあるんですね。

  • 分娩後に産褥熱にかかりやすい

     

    貧血によって免疫力が低下するため、感染症や発熱なども起こしやすくなります。

  • 感染源、感染経路は明らかにできない場合も多いのですが、分娩介助者の手指、使用器具、細菌に汚染された分娩室からの外因性感染と、外陰、腟などの自己性器内細菌の上行感染、産婦の体のほかの部位の病変部からの内因性感染に分けられます。
    出典 :産褥感染症 - goo ヘルスケア
     

    産後の回復を高めるためにも貧血は注意しましょう。

  • 分娩後に抗性物質の予防的投与が広く行われるようになり、典型的な症状を示す例は殆どみられなくなりました。ですが、一度発症すると、重症化する確率も高く、早い段階で原因を区別し、適切な治療を行うことが重要となっています。
    出典 :産褥熱│ビギナーママ│妊娠・出産応援サイト 電子母子手帳 Babys!
     

    昔は感染症で死亡することもあったそうです。

  • 弛緩出血がおこりやすい

     

    産後出血が止まらないなどの症状が出やすくなります。

  • 分娩後、子宮の収縮が悪く800ml出血。脳貧血になり、分娩後、分娩室で約4時間安静にしていました(その間、鉄剤注射や貧血の薬を飲む)。座っての食事は取れましたが、それでも歩いて病室まで行くことはできず、ベッドに寝たまま移動しました
    出典 :弛緩出血|プレママタウン
     

    出血が止まらなければ絶対安静になります。