松嶋菜々子も実践した!【小鉢ダイエット】

産後に7kgもダイエットに成功した
松嶋菜々子もおこなった小鉢ダイエット
すごく簡単なダイエットをご紹介

view178

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 小鉢がダイエットに有効な理由

  • (1)いろいろな食材を少しずつ食べることができるので、栄養バランスが取りやすい

    (2)彩りが良く、視覚的な満足感が得られる

    (3)食べた量がわかる

    (4)食べ過ぎを防ぐことができる
    出典 :松嶋菜々子が産後7kg痩せた「小鉢ダイエット」がいい本当の理由
     

    食べ過ぎを防ぐ事が出来るのは嬉しい点ですよね

  • ひじきやきんぴらごぼう、切り干し大根、ほうれん草、ふきなどの低カロリーなおかずを小鉢に盛り付けて食べるのがベストです。さらに、普段食べているようなお肉や魚も小鉢に取り分けることによって、食べ過ぎを防ぐことができます。
    出典 :松嶋菜々子が産後7kg痩せた「小鉢ダイエット」がいい本当の理由
     

    低カロリーな食事にすると効果がより良いように感じます

  • 松嶋菜々子の産後ダイエットは

  • 食前に豆乳を飲む
    白米を五穀米や玄米に変える
    小鉢(小さめの食器という意味)におかずを盛り付ける
    よくかんで食べる
    おかずは和食中心にする
    出典 :松嶋菜々子の小鉢ダイエットとはどんな方法か?
     

    和食はボケ防止になると注目されています

  • 松嶋菜々子さんが実践した産後ダイエットは、題して「小鉢ダイエット」。食べるということには、通常満足感がセットになっています。けれども実際問題、ダイエット中の理想的な食事の量では、満足には程遠いことがほとんど。それを視覚的にカバーするために、おかずを小さな器に1つ1つ盛り付けて、しかも満腹になりやすいようにゆっくり時間をかけてよくかんで食べる、ということを松嶋さんは心がけていたようです。
    出典 :《松嶋菜々子》小鉢ダイエットで食生活改善※産後ダイエット方法
  • 地味に効果的な部分がある

  • 食前に豆乳を飲むことで、食事の前に満腹感を少しでも満たす。また、豆乳はダイエット中に不足しがちなタンパク質を補うのに役立つ。
    品目の多い小鉢のおかずを食べることは、品目の少ない大皿料理よりも、かむ回数が自然と多くなる。かむ回数が多いと満腹中枢を刺激しやすい。
    出典 :松嶋菜々子の小鉢ダイエットとはどんな方法か?
  • さらに、皿数が多いと、食事にかける時間が自然と長くなり、その分、満腹中枢が満たされやすい(早食いはダイエットの敵です)。
    品目が多いと栄養バランスも自然と取れてくる(1日30品目以上が推奨されている理由ですね)。
    出典 :松嶋菜々子の小鉢ダイエットとはどんな方法か?
  • 小鉢料理のメニューとしては、洋食系よりも和食系のほうがレパートリーが多く、作りやすい。
    品数が多いほうが、視覚的にも満足感があり、心理的に満足しやすい。
    出典 :松嶋菜々子の小鉢ダイエットとはどんな方法か?
  • 育児の合間が問題

  • http://www.legalresearchnig.org/matsushimananako.php(一部引用)

     

    育児のあいまに急いで食べることで満足感が得られず、結果的に食べ過ぎてしまったり、間食が増えてしまったり、というケースはよくあることです。あえて落ち着いて栄養バランスのいい食事をとるようにした松嶋さんのダイエット方法には見習うべき部分が多いですね。盛り付けをするだけでも気持ち的には全然違うはずです。

  • http://www.legalresearchnig.org/matsushimananako.php(一部引用)

     

    小鉢に分けてみると自分が食べている量を把握しやすいのもポイント。和食を基本に、主食は雑穀入りのお米にする、植物性タンパク質を補うために豆乳を飲むなど、ご自分で独自の工夫をされている点も真似したいところです。

  • シンプルなのがよい

  • 食前に豆乳を飲むことや白米を五穀米や玄米に変えること、深さのある小ぶりな食器に和食中心の惣菜を少しずつ盛り付けてよく噛んで食べることなど、普段の食事スタイルをほんの少し変えるだけのシンプルなダイエット法だったのです。

    特に、小鉢を使った食事は、ダイエットに効果的! さっそく試してみたくなる理由は、下記のとおりです。
    出典 :松嶋菜々子が産後7kg痩せた「小鉢ダイエット」がいい本当の理由
  • 小鉢ダイエットの欠点としては、産後という赤ちゃんの世話をつきっきりでしなければならない大変な時期に、たくさんの小鉢料理を作るのが大変ということです。
    そのあたりは、例えば、食材の宅配サービスを利用するなどして、労力を少しでも減らすようにするのが良いでしょう。
    出典 :松嶋菜々子の小鉢ダイエットとはどんな方法か?