人には聞きにくい病気、直腸粘膜脱の治療ってどんなもの?

直腸粘膜脱の治療・・・、病気自体もあまり人に聞きにくいし経験した人も語りにくいもの、そんな直腸粘膜脱にはどんなものがあるのでしょうか?原因などもふくめまとめました。

view117

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 直腸粘膜脱ってどんな病気?

  • 腹圧および排便により、下部直腸の粘膜が肛門下部へ押し下げられた状態です。このような粘膜には、脱出したままのものと、排便時にだけ脱出するものとがあります。
    出典 :直腸粘膜脱| 直腸・肛門の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    内痔核の脱出に伴う場合が多く、痔核じかく、脱肛だっこうと間違えられやすいのですが、熟練した肛門科の専門医であれば容易に診断できます。

  • 直腸粘膜脱

     

    痔核・脱肛とよく似ています。 血管の腫れではなく、直腸粘膜が脱出します。 原因は若い頃からの排便の時のいきみと言われています。

  • 直腸の粘膜がたるんで、脱出してくる状態を直腸粘膜脱という。不完全直腸脱と呼ぶこともある。
    出典 :直腸粘膜脱
     

    一見痔核と似ているが、よく見れば区別することができます。

  • 原因は?

  • 多産歴の高齢の女性に多く,繰り返す便秘のため,排便時に過度の怒責の週間があり,骨盤を支える筋肉や肛門括約筋の弛緩した方にみられます.
    出典 :USCHP(tyokutyoudatu)
     

    通常5㎝くらい脱出しますが,ひどい方は10㎝以上も脱出する事もあります.

  • 直腸の組織を支える支持組織が弱くなることが背景にありますが、大きな痔核やポリープが肛門外に脱出する際に、一緒に引っ張られる事が原因となるものもあります。何度も息む等、無理な排便が原因になります。
    出典 :直腸粘膜脱(おしり 脱出 でる 治療 粘液 ) くるめ病院
     

    乳幼児・高齢者がなりやすいといわれています。

  • 直腸の慢性炎症

     

    そのもとになるのは便秘で排便時に過度にいきむことです

  • 直腸粘膜脱の治療方法は?

  • 直腸脱に対しては、肛門管の周囲を特殊なナイロン糸を用いて縫い縮める方法(Thiersh法)や、ジオン注を用いた手術が行われます。
    出典 :くにもと病院 - 北海道旭川市の肛門外科専門病院
     

    腹圧時の会陰下垂症・肛門挙筋・恥骨直腸筋・外肛門括約筋の随意収縮力の低下や直腸肛門角の開大などを確認するために、肛門内圧検査や排便造影検査が必要になります。

  • いきみの禁止や緩下剤・浣腸などで排便コントロールすることで軽快する症状の軽い不完全直腸脱は別として、お薬だけで治療するのは難しく残念ながら多くの場合は手術が必要となってきます。
    出典 :直腸脱について::西陣病院だより
     

    その手術もヒポクラテスの時代から現在まで多くの記録があり、100種類以上の手術法が報告されております。

  • 予防方法は?

  • 発症のほとんどが便秘症の人。

     

    肛門のうっ血が一番悪いイボ痔の予防と同様に、この病気の予防もトイレは3分以内に済ませることが鉄則だ。

  • ・食物繊維を多く摂取すること・深酒をしないこと・規則正しい排便の習慣をつけること など日常生活の注意と改善だけでも十分対処ができ、予防が大切です。
    出典 :中西医院 痔のはなし
     

    1つの手段として、シャワートイレは肛門を清潔にし、紙による肛門の刺激が少なくなるので極めて効果的な予防方法と言えます。

  • 直腸粘膜脱の原因はトイレでの過度の息みによるため、治療の基本は過度の息みを控える排便習慣を身につけることです。便が硬いと、排便の際に過度に腹圧をかけます。
    出典 :直腸粘膜脱、排便後も便意
     

    痔の外用薬を就寝前に使い、排便時の潤滑油代わりにする工夫や、炭酸ガスで直腸を刺激し、便意を生じさせる座薬を使い、腹圧をかけないで排便する方法などを試みても良いでしょう。

  • 関連リンク集