現代人は運動不足?「妊娠中期の散歩」の効果とは?

妊娠中期の散歩が妊婦さんに良いって知っていましたか?
妊娠中の運動不足を解消することで、お母さん、お腹の赤ちゃん、出産時に良い効果があるそうです。

view433

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 現代人は妊娠中運動不足!?

  • 妊娠中はどうしても運動不足になりがち。体重を必要以上に増やさないようにするためにも、毎日適度な運動をかかさないでいたいですね。それに、適度な運動で体力と筋力を鍛えることは、長時間わたる出産を乗り越えるためにも絶対必要となってきます。
    出典 :妊娠中の散歩を楽しくするコツ | nanapi [ナナピ]
  • 昔は生活の中で骨盤を使う機会がたくさんありました。和式トイレでしゃがんだり、床の雑巾がけをしたり、畳の生活で立ったり座ったり、布団を上げたり下ろしたり……。
    しゃがみこんで骨盤を開き、骨盤内の筋肉や靭帯を伸び縮みさせるようなことを、知らず知らずにやっていたのです。
    出典 :妊娠時のウォーキング|プレママタウン
     

    昔の人は現代の人よりもかなり働き者だったようです。

  •  

    便利な道具がなかったため、掃除などで立ったり座ったりと体力が必要だった。

  • 「いまはベッドに椅子の生活、トイレは洋式。しかも女性はヒールでつま先だけで歩いている。骨盤周りの筋肉を使う機会が、極端に減ってしまったんです」(大葉さん)。
    出典 :妊娠時のウォーキング|プレママタウン
  • 「妊娠中」に散歩が良い理由

  • 妊娠中は、おなかの赤ちゃんの重さで体のバランスが変わります。それは急激な変化ではなく、赤ちゃんの成長とともに、毎日少しずつ変わっています。
    その微妙な変化に合わせて、母体も日々新しいバランスを求めて更新していかなくてはならないのです。そのためには、「週1回」の特別なエクササイズではなく、「毎日」が必要なのです。
    出典 :妊娠時のウォーキング|プレママタウン
  • 妊娠中の運動として一番最適なのは「散歩」。お腹が大きくなってくると激しい運動をできなくなりますが、ウォーキングなら出産直前まで行うことができます。
    出典 :妊娠中の散歩を楽しくするコツ | nanapi [ナナピ]
  •  

    もちろん妊娠中は激しい運動は厳禁。
    ウオーキング以外の運動をおこなう場合は、マタニティや妊婦さん向けなどの名前がついている運動をするようにしましょう。

  • ウォーキングは、体内に酸素をたくさん取り入れながら行う有酸素運動。心拍数を1分間に120~130くらいのペースに保ちながら歩くと、心臓や肺の機能が高まります。
    出典 :妊娠時のウォーキング|プレママタウン
  • 歩くことの効果はたくさんあります。まず、運動量が確保できることと、足腰が鍛えられることです。全身の血液循環や新陳代謝もよくなります。したがって子宮への血行もよくなります。
    身体も締まると同時に柔らかくなります。歩くと重力に従ってとんとんと力が働いて、赤ちゃんの頭がしっかり骨盤にはまって下がります。この効果は絶大です。
    出典 :あたりまえに産む秘訣
  •  

    妊娠中に適度な運動をすることで、安産効果も得られます。

  • 妊娠中のウォーキング(マタニティーウォーキング)には、以下のような効果があります。
      •運動不足、肥満の解消・予防
      •血液の循環をよくし、腰や肩の痛みを和らげる
      •気分転換、リラックス効果
      •心肺機能を高め、分娩までの体力作り など
    出典 :【ウォーキング】- 妊娠to安産.com
  • 「効果的な散歩」の方法とは?

  • どうせ外を歩くのなら、目的があったほうが楽しいに決まっています。そこでおすすめしたいのはお買い物をかねた散歩です。
    お買い物と言っても、いつも通っているスーパーへではなく、普段は行かないようなお店へ足を運んでみるのです。
    出典 :妊娠中の散歩を楽しくするコツ | nanapi [ナナピ]
  •  

    1つのスーパーですべての買物を済ませるのではなく、いろいろな店を歩きまわることで、気分転換にもなります。

  • 八百屋さん、精肉店、お豆腐屋さん、たまにはお花屋さんや雑貨屋さんなど、気になっていたお店をこの際全部回ってみましょう。新しいお店を見つけのぞいてみると、新しい出会いや発見ができるかもしれませんよ。
    出典 :妊娠中の散歩を楽しくするコツ | nanapi [ナナピ]
  • 1人で散歩に行くのが寂しいという方は、音楽プレーヤーを持って音楽を聞きながら歩いたり、家族が休みの日には一緒に散歩へ出かけたりするのもいいですね。
    散歩に楽しみを見つけて、たくさん歩きましょう!きっとお腹の赤ちゃんも喜んでいるはずです。
    出典 :妊娠中の散歩を楽しくするコツ | nanapi [ナナピ]
  • 「散歩」ってどのぐらいすればいいの?

  • 妊娠中、中期以降は1日1時間のウォーキングを勧められたり、体重管理で運動を考える人も多いもの。
    出典 :妊娠中に避けたほうが良い行動7選 | 女子力アップCafe Googirl
  • ところが、それまでふつうの生活、とくに街の暮らしをしていた人は、いきなりそんなに歩けるものではありません。妊娠中に徐々に鍛えて、お産までに楽々歩けるようになってください。
    出典 :あたりまえに産む秘訣
  • 15分から始めて朝30分、夕方30分。それができるようになるのは、すぐです。そのころには持久力も実感できるように。
    お産に必要なのは、気長に陣痛と付き合い、生まれ出るそのときを待つ、持久力。瞬発力ではありません。育児もそう。親に必要なのは、子どものペースに合わせて、じっくり見守る持久力です。
    出典 :妊娠時のウォーキング|プレママタウン
  •  

    朝、晩などの空き時間に、こまめに歩く時間を設けるのも、ウオーキングを続けるコツ。

  • 「ちょっと疲れたけど、もう少し歩いてみよう、とがんばることでキャパシティが広がっていきます。時間が来たから終わり、というのはなく、自分の体の声を聴きながら、もう少し、あと少し、と歩きましょう。
    体調の許す限り、産むその日まで。歩くほどに赤ちゃんを産み育てる体と心がつくられますよ」
    出典 :妊娠時のウォーキング|プレママタウン