HIV・エイズに立ち向かう!今日からできる予防と治療法最前線

HIV・エイズの感染者・発症者は治療法、治療薬の進化もあり世界的には減少傾向ですが、日本では先進国では唯一増加していると言われています。
今、もう一度HIV・エイズの予防と治療法を確認しておきましょう。

view799

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • Living with AIDS/HIV!

     

    レッドリボンは「HIV・エイズを正しく理解し、HIV・エイズと共に生きる人を応援します。」という意思表示のシンボルです。

  • そもそもHVI・エイズってどんな病気なの?

  • 実はそれぞれに別の病気なのです

  • まず、HIVとはウイルスの名前です。「ヒト免疫不全ウイルス(Human Immunodeficiency Virus)」の頭文字をとって「HIV(エイチアイブイ)」と呼ばれています。HIVというウイルスは、ヒトの免疫に関係する細胞に感染(免疫細胞の中に入り込む)します。そして、その免疫細胞を破壊してしまうので、ヒトの免疫機能が低下します。

    virus

    ウイスルがヒトの免疫細胞に感染していく状態のイメージ写真です
    そのため、通常では感染しないような菌やカビ(真菌)などが、皮膚や粘膜などに付着しても病気を発症してしまいます。

    このように後天的な原因により免疫が低下してしまう状態が「後天性免疫不全症候群(Acquired Immune Deficiency Syndrome)」という病気。頭文字をとって「AIDS(エイズ)」と呼ばれています。

    すなわち、HIVというウイルスによって引き起こされる状態がAIDSです。HIVに感染しても、すぐにAIDSになるとは限りません、数カ月から数年、治療が奏功すれば数十年も発症しないこともあります。
    出典 :HIV・AIDSの症状・治療法 [感染症] All About
     

    意外とここまで正確に知っている方は少ないようです。
    予防にはこのような知識を持つことも大切です。

  • HIV・エイズを予防するために大切なこと

  • 予防として必ずやらなければいけない基本的なことがあります

  • それでもHIV・エイズにかかってしまったのでは?と不安になったときは迷わずに受診・検査をしましょう。

  • HIV・エイズの検査はどこで受けられるの?

  • (陽介)おじさん、HIV検査はどこで受けることが出来るんですか?

    (私)全国の保健所、それに病院でHIV検査を受けることが出来るよ。まず、保健所の場合は無料・匿名でHIV検査が受けられるんだ。何しろお金がかからないし、自分の名前や住所を言わなくていい。年間に13万人くらいの人が保険所でHIV検査を受けているよ。

    (陽介)それは便利ですね。自分の住んでる場所の保健所に行けばいいんですか?

    (私)いや、どこでもいいよ。沖縄に住んでる人が北海道の保険所に行ってもHIV検査を受けることができる。ただし、保健所の中には予約が必要な場合があるからね、そこだけ要注意だね。ホームページを見れば予約が要るか、要らないか書いてあるよ。

    (陽介)分かりました。じゃ、病院の場合はどうです?

    (私)こちらは無料・匿名という訳にはいかないね。基本的に自分が希望してHIV検査を受ける場合は治療目的じゃないから検査費用は保険が適用されないんだ。全額自己負担だね。だいたい3000円から7000円くらいかかるよ。
    出典 :HIV検査とは?検査の受け方とは? | 検査共通編 | HIV感染症(エイズ)の検査・症状100問100答
     

    保健所では無料でプライバシーにも配慮されて検査を受けられます。
    一方、病院では保険適用がなく、全額自己負担。

  • 輸血用の血液として患者さんにお届けするために、献血された血液に対しては非常に厳格な検査を行っています。しかし、献血は検査をすることが目的ではありませんので、HIVの検査結果は通知しておりません。検査を目的とした献血は固くお断りしています。エイズ検査は保健所などで無料、匿名で行われていますので下記でご確認ください。
    出典 :献血のQ&A|大阪府赤十字血液センター
     

    献血で検査が受けられると誤解している方がいらっしゃるようですが、これは絶対にやっては行けないことです。

  • HIV・エイズにかかっていることが分かった時にすることは

  • 治療のためにも病のことをよく知り、病院で治療を受けましょう。