酒の肴を付けるとどれくらい健康に好影響を与えるの?

酒を飲む場合、肴を付けなきゃいけないとよく聞きますが、なぜ付ける必要があるのでしょうか?もし付けないと健康に影響があるのでしょうか?

view151

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜ酒を飲む時に肴を付けるべきなのか?

  • アルコールを飲むときに気をつけたいのは、すきっ腹で飲まない、ということ。空腹時に飲むと、アルコールの吸収が早く悪酔いしやすくなります。何か食べてから飲んだり、おつまみなどと一緒に飲むようにしましょう。
    出典 :からだに良い酒の肴 | からだ健やか元気レシピ | サッポロビール健康保険組合
     

    酒の肴は悪酔いしないために付けるのですね。

  •  

    悪酔いすると、かなり高い確率で二日酔いになりますから、肴を付けた方が無難ですね。

  • 存在意義は
    ①酒だけだと飲み辛いから、ちょっとブレイクで ②酒だけだと体(肝臓)に悪いから、何か食べて回るのを遅らせる

    無いと
    ①酒単品で飲み続けるので、飽きちゃう、飲み辛い ②酒だけ飲むから、肝臓に負担が掛かる、体壊す
    出典 :酒の肴の存在意義はなんですか?ないとどう困りますかね?? - Yahoo!知恵袋
     

    やっぱり肝臓に負担をかけないためなんですね。

  •  

    健康的に飲みたいのなら、肝臓に負担をかけないように飲まなきゃいけませんね。

  • 酒の肴はどんなものがよいの?


  • 1,新鮮な魚や植物性良質の蛋白質をとる
    2,ナトリウムを取りすぎないよう塩辛いものを控える
    3,マグネシウムや亜鉛などのミネラルの補給に役立つもの
    4,ビタミン特にビタミンB1やビタミンCを含むもの
    5,食物繊維の多いもの 6,さまざまな障害をひきおこす活性酸素を取りのぞくポリフェノールを含むもの
    出典 :泡盛・驚く効果発見
     

    好きなものを食べたいと思うのは私だけでしょうか。

  •  

    すべての項目を満足させる酒の肴って限られてきますよね。

  • 酒の肴にトマト!?飲む前に食べて悪酔いを防ぐ、旬のミカタ




    お酒を飲む直前、またはおつまみとしてトマトをアルコールと同時に摂取する事によって、酔いのまわりが緩やかになる効果がある様です。

    出典 :酒の肴にトマト!?飲む前に食べて悪酔いを防ぐ、旬のミカタ | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
     

    トマトを食べるのと食べないとのでは30%もアルコール濃度が留まる量が変わってくるのですね。

  •  

    焼酎のストレート100mlあたり、トマトジュースで480ml必要だそうなので、ちょっと現実的ではありませんね。

  • 野菜を意識的に摂取しよう!


    オススメなのが、野菜を利用した料理を注文するということ。野菜は、尿をアルカリ性に近づけて、尿酸の排泄量を増やしてくれます。


    これに対して、焼き鳥、ホルモンなどは最悪だと言われています。プリン体も多いですし、脂の質もタンパク質も良くありません。

    出典 :お酒の肴にも要注意 | 30代からの健康生活ブログ
     

    焼き鳥やホルモンは美味しいんですよね。

  •  

    野菜でも手をちょっと加えるだけで美味しくなるものがたくさんあります。

  • 肝臓にやさしいお酒の肴



    大豆には、良質な植物性たんぱく質が豊富に含まれており肝細胞を修復、再生するのに使われています。

    また植物性たんぱく質には、アルコールの代謝に必要な成分ですので、大いにお酒の肴として食したいものです。

    出典 :肝臓にやさしいお酒の肴(2): 生き生きとヘルシーライフで過ごすには健康が一番!
     

    大豆でできた食材も酒に合いますよね。

  •  

    枝豆と冷ややっこは夏の酒の肴の定番ですね。でも冬は・・・

  • 体に良い酒の肴のレシピ

  • たこのマリネ

    材料

    ゆでだこ…200g たまねぎ…1/2個(100g) セロリ…1本 レモン…1/2個

    たれ
    酢…大さじ2 白ワイン…大さじ1 オリーブ油…大さじ3


    出典 :からだに良い酒の肴 | からだ健やか元気レシピ | サッポロビール健康保険組合
     

    どれもすぐに用意できるものばかりです。

  • 作り方

    (1)たこは薄いそぎ切りにします。
    (2)たまねぎは薄切りにして、水にさらし、水気をきります。
    (3)セロリは筋をとって薄切り、レモンも薄い半月切りにします。
    (4)たれを合わせ、(1)~(3)をつけ、2時間以上おきます。器に盛って、オリーブを散らします。


    出典 :からだに良い酒の肴 | からだ健やか元気レシピ | サッポロビール健康保険組合
     

    時間はちょっとかかりますが美味しそうですね。

  •  

    冷蔵庫に入れておけば3~4日くらいもつそうです。

  • 帆立のアボカドソース

    材料

    ・帆立(ボイル冷凍)・アボカド ・マヨネーズ ・オリーブオイル ・塩 ・コショー  ・レモン果汁 ・味の素


    出典 :晩酌レシピ 王道の肴 帆立のアボカドソース
     

    ホタテは今では一年中入手できますね。



  • ①帆立は解凍してウロとえらを取り、貝柱、肝、ひもを分けて適当な大きさに切っておきます。 解凍したとき出る汁は後で使いますのでとって置いて下さい。

    ②アボカドは半分に割って中をくりぬきます。

    ③アボカドとマヨネーズをボウルに入れ、つぶしながら混ぜ、帆立の解凍時に出た汁を適量 加えて伸ばします。アボカドは完全につぶさず、2cm角程度のものがごろごろ残る状態がベスト です。

    出典 :晩酌レシピ 王道の肴 帆立のアボカドソース
     

    さっさとやってしまいましょう。

  • ④③に切った帆立、オリーブオイル、塩、粗挽きコショー、味の素、レモン果汁を加え味を調えます。

    ⑤④を皿に盛り付け、付け合せのフルーツ(この日はリンゴ)を添えて出来上がり。

     解凍時に出た汁を加えることで、クリーミーな味と磯の香りのハーモニーを楽しめます。 そして、粗挽きコショーとレモン果汁でアクセントをつけるのがこのレシピの重要な部分。 これで味がぐっと引締まります
    出典 :晩酌レシピ 王道の肴 帆立のアボカドソース
     

    磯の香りがあまり好きではないのなら、解凍時に出た汁は加えないほうがよいでしょう。

  •  

    お酒がすすみ過ぎる気がするのがちょっと問題かも。