悪性神経膠腫の特徴と予後 術中MRIで術後生存率が劇的向上!                   

悪性神経膠腫は手術で完全に摘出することが大変困難で、予後の良くない病気だそうです
しかし、東京女子医科大学脳神経センターでは、手術中のMRI検査が可能になり術後の5年生存率が劇的に向上しているとのことです

view279

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 悪性神経膠腫とは

  • 脳には神経細胞とそれを骨組みのように支える神経膠細胞があります。神経膠腫はその神経膠細胞から発生する腫瘍で正常の脳との境界がはっきりしないため、手術できれいに摘出することが困難な腫瘍です。
    出典 :公益財団法人 医用原子力技術研究振興財団 | 悪性脳腫瘍
     

    悪性の場合は正常の脳の中をかなり離れたところまで腫瘍が浸潤しているため、手術だけで完全に治すことが極めて困難で、抗がん剤や放射線治療も他の悪性腫瘍に比べ効きにくいとのことです

  • 悪性神経膠腫の発生頻度

  • 国内における脳腫瘍(転移性脳腫瘍を除く)の発生頻度は、人口10万人に対し12人程度とされ、欧米とほぼ同じであるといわれています。神経膠腫はそのうちのおおよそ30%を占め、最も多い腫瘍です。
    出典 :神経膠腫:[がん情報サービス]
     

    神経膠腫の中で最も多いのは星細胞腫で、その悪性度によって大きく4段階に分けられています

  •  

    悪性神経膠腫は、成人の大脳に発生することが多く、脳組織を壊しつつ発育します
    周りの脳へしみ込むように伸びているため、腫瘍浸潤部までも手術で摘出するのは困難です

  • 悪性神経膠腫の分類

  • 神経膠腫の悪性度

     

    脳腫瘍には他の癌のようにTNM分類やステージ分類といったものがありません
    その代わり悪性度(グレード)が1~4まで分類されています
    良性腫瘍のほとんどは悪性度が1で、小児に多く発育も緩徐で全摘出できれば放射線・化学治療の必要性はありません

  • 最も悪性度の高い膠芽腫(こうがしゅ:グリオブラストーマ)

  • グレード4の悪性神経膠腫 膠芽腫

     

    発育が非常に速く、手術だけではほとんどが数ヶ月で再発するために放射線治療や化学治療を行います
    患者のほとんどは60歳以上で、治癒が困難な腫瘍です

  • 特に悪性度の高いグレード4は低い生存率であります。またグレード2や3であっても再発した場合は治療の選択肢が限られるのも、治療の難しいところです。
    出典 :神経膠腫(グリオーマ:glioma):東京女子医科大学脳神経センター脳神経外科
     

    日本脳腫瘍統計における5年生存率はグレード2が69%、3が25%、4が7%だそうです

  • 膠芽腫の症状

  • 頭痛、けいれんが良く起こるようになり、性格変化が見られるようになります。 その後、片麻痺、感覚障害、視野障害、言語障害などの局所神経症状が起こり、次第に悪化してきます。 ついには腫瘍と脳の腫れ(脳浮腫)により頭蓋骨の中の圧が高くなり、朝に強い頭痛、嘔吐、意識障害が起こってきます(頭蓋内圧亢進症状)。
    出典 :脳腫瘍2(実質脳内腫瘍)| リハビリ(回復期リハビリテーション)の鶴巻温泉病院(神奈川県)
     

    初期には軽い頭痛、ゆっくり進む性格変化、けいれん発作などを見ることも稀にありますが、殆ど症状がなく、かなり広範に広がった場合や、袋を形成して水が溜まった場合、出血を起こした時にはっきりした症状がでてくるとのことです
    進行が速いのが特徴です

  • 悪性神経膠腫の治療に秀でた病院

  • 術中MRIで術後生存率向上【東京女子医科大学】

     

    通常、脳腫瘍の摘出手術では、術前にMRIで脳画像を撮り、腫瘍の位置を確かめてから執刀を行いますが、頭蓋を開くと脳が沈み込む「ブレイン・シフト」という現象が起きます
    術中MRIで、正確に腫瘍の位置を捉えられることで手術後生存率が劇的に向上したとのことです

  • 腫瘍の体積を手術摘出後の体積を比較した96例の神経膠腫の平均摘出率は93%であり、麻痺や失語症などの後遺症は14%でした。またMRIでの画像上で異常と思われるところが全部摘出できたのが44例(46%)でした。
    出典 :神経膠腫(グリオーマ:glioma):東京女子医科大学脳神経センター脳神経外科
     

    手術中にMRI検査ができることにより取り残しが少なく腫瘍自体を最大限に摘出することが可能になったとのことです

  • グレード3のグリオーマは、一般的には予後があまりよくありません。でも、僕が今回お世話になった東京女子医科大学病院で治療を受けた患者さんの場合、この5年生存率が78%と3倍以上になります。つまり8割方、5年以上生きられるということですね。
    出典 :退院のご報告。|オーシャンブリッジ高山のブログ
     

    東京女子医大は他の病院と比較してグリオーマの治療成績が圧倒的に優れていて、国内ではダントツだそうです