コーヒー、紅茶、緑茶もNG!避けるべき【妊娠中の飲み物】とは!?

妊娠中の飲み物は、お腹の赤ちゃんに影響を与えることがあるため、気をつけなくてはなりません。ここでは、どのような成分が赤ちゃんにとって良くないのか、またそれらが含まれる飲み物についてご紹介します。

view189

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • NG成分その① カフェイン

  • コーヒー紅茶、大好き!

     

    カフェインが赤ちゃんに良くない理由とは?

  • カフェインは、流産や早産、低出生体重児の原因になると考えられています。また、妊娠中はカルシウムの摂取は必要不可欠ですが、カフェインは、尿に排出されるカルシウムの量を増やしてしまいます。せっかくカルシウムを摂取しても、カフェインによりカルシウムが流れ出てしまうと言う事です。カフェインは鉄分の吸収の妨げにもなります。
    出典 :妊娠中はカフェインを控えましょう-赤ちゃんの部屋
  • カフェインを摂取すると、胎盤を通じてママと同じカフェイン濃度でお腹の赤ちゃんに与えられます。身体も小さい赤ちゃんには大変な量のカフェインであり、またまだ内蔵が充分にできていない赤ちゃんにはカフェインを体内で分解して排出できません。カフェインは大量摂取すると、不眠や興奮、おちつきがないなどの副作用があります。
    出典 :【妊娠中のカフェイン】- 妊娠to安産.com
  • 胎児の発育障害や胎児が死亡する原因としてカフェインが関係する場合があるという説があります。カフェインは、母体のアドレナリンを増やし、血流を減らしてしまいます。その為、胎児へ酸素と栄養が送られにくくなり、胎盤の血管が収縮し胎児が低酸素状態を起こし、発育障害や胎児の死亡へ繋がると考えられています。
    出典 :妊娠中はカフェインを控えましょう-赤ちゃんの部屋
  • カフェインを含む飲み物とは?

  • 意外にも知られていない飲み物にも…

     

    ちゃんと調べておかないといけませんね!

  • 種類 量 カフェインの含有量
    玉露 150ml 180mg
    コーヒー(ドリップ) 150ml 100mg
    コーヒー(インスタント) 150ml 65mg
    ココア 150ml 50mg
    出典 :カフェイン含む飲み物含有量一覧!お茶やコーヒーの取り過ぎ注意!
     

    ココアにもカフェインが!!

  • 抹茶 150ml 48mg
    コーラ 350ml 34mg
    紅茶 150ml 30mg
    緑茶 150ml 30mg
    ほうじ茶 150ml 30mg
    出典 :カフェイン含む飲み物含有量一覧!お茶やコーヒーの取り過ぎ注意!
     

    コーラにもカフェインが含まれているなんて、ご存じない方も多いのでは?

  • とは言え、カフェインを含む飲み物を「一口も飲んではいけない」というわけではありません。

  • 妊娠中のカフェイン摂取は絶対にダメというわけではありませんが、1日に100mgを超えるようだと危険だと言われています。
    100mgというと普通のコーヒーでおよそカップ1杯程度でこの水準に達します。
    出典 :妊娠中はコーヒーなどに含まれる「カフェイン」の過剰摂取に注意
     

    カフェインの摂取量を一日100mg以下に抑えるように心がけましょう!

  • NG成分その② タンニン

  • 緑茶やウーロン茶には、鉄分の吸収を妨げるタンニンも含まれています。
    貧血ぎみの方、貧血指導を受けている妊婦さんの場合は、できるだけ摂らないほうがいいでしょう。
    出典 :妊婦さんの飲み物♪ で注意すること!
  • NG成分その③ カテキン

  • 緑茶に含まれるカテキンですが、殺菌作用、抗酸化作用、抗がん作用も報告され、大変よいものとされていますが、カテキンには、胎児の形成に不可欠なビタミンB群の水溶性ビタミンである「葉酸」の働きを阻害する作用があると言われているようです。
    出典 :妊婦さんの飲み物♪ で注意すること!
  • NG成分その④ アルコール

  • 妊娠中の飲酒は、流産、死産、先天異常、中枢神経障害が起きやすいと言われています。アルコールを習慣として飲んでいるプレママに脳の障害や奇形のある赤ちゃんが生まれることがあります。
    出典 :妊娠中のアルコール (MoonBaby:ムーンベビー)
     

    アルコールが赤ちゃんに良くないことは周知の事実ですね。

  • コーヒーや紅茶だけでなく、緑茶やウーロン茶も大量摂取しないように気をつけなければなりません。妊娠中の飲み物には十分注意しましょう!