【やり方次第であなたの肌が変わる!!】洗顔で毛穴すっきり

あなたは洗顔で毛穴の汚れをきちんと落とせていますか?
毛穴が目立つのは、毛穴のなかに汚れがぱんぱんにつまった状態になってしまっているからです。こんな状態の毛穴を何とか元に戻したい、毛穴を目立たなくしたい!とお思いのあなた。これからご紹介する正しい洗顔方法を是非試してみてください!

view155

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『洗顔で落とすべき汚れ』の正体は?!

  • ではまず、私達が『洗顔』で落とすべき汚れの正体について探っていきましょう。

  • 小鼻や頬にポツポツと見える黒い毛穴。 実は毛穴に詰まった角栓が、酸素に触れて酸化して黒く見えているんです。酸化とは、物質と酸素が反応して変化すること。 鉄が錆びたり、皮を剥いたりんごが茶色くなったりするのも一緒です。その現象が皮膚の上でもおきているんです。
    出典 :黒ずみ-毛穴をきれいにする洗顔
     

    毛穴1つ1つにたまった黒ずみ。見ているだけで嫌になりますよね。実はこれ、酸化してしまった角栓なのです!

  • 角栓の元になっている皮脂や化粧品の脂分が時間が経つにつれて酸化して、過酸化脂質というものに変化。 これが肌にダメージを与えて、細胞をジワジワ破壊していきます。 空気中には酸素がありますから酸化は避けられません。 だから酸化しやすい脂分を洗顔できちんと落とすことが重要になってきます。
    出典 :黒ずみ-毛穴をきれいにする洗顔
  •  

    左図をご覧ください。過酸化脂質は『毛穴の黒ずみ』だけでなく、『肌の老化原因』にもなってしまうのですね。

  • 【しっかり事前準備!!】いざ洗顔…のその前に

  • さて、汚れの正体を知ったところで『いざ、洗顔!』といきたいところですが…ちょっと待ってください。洗顔にも事前準備があるのです。

  • 毛穴のつまりや出来てしまった黒ズミは、丁寧な洗顔と皮膚のターンオーバーで地道にケアしていけば効果は出て来ます。しかし、毛穴をきれいにするには毛穴を開いて汚れを浮き上がらせなければいけません。そこで、洗顔をはじめる前に少し工夫が必要です。
    出典 :正しい毛穴ケア洗顔方法-洗顔する前に- | キレイな毛穴になりたい
  • まず…自分の手をキレイに洗いましょう。毛穴洗顔をする前には必ず手を洗う事からはじめましょう。案外見逃されがちですが、汚い手のまま顔のお手入れをはじめる事は手についた汚れや細菌を顔にすりつけてしまうようなものです。
    出典 :正しい毛穴ケア洗顔方法-洗顔する前に- | キレイな毛穴になりたい
     

    洗顔時には水で顔をすすいだり、洗顔フォームを使用したりするのでついつい『事前に手を洗う』という行為を疎かにしがちですよね。ですが確かに、バイキンだらけの手を顔にこすりつけるのだと考えるといけませんね。

  • 洗顔前にまずすべき事それは…「毛穴を開かせる事」これに尽きます。しっかり毛穴を開かせてから洗顔する事で毛穴に詰まった汚れやポツポツ毛穴となる原因の角栓が除去しやすくなります。
    出典 :正しい毛穴ケア洗顔方法-洗顔する前に- | キレイな毛穴になりたい
     

    毛穴を開かせるには『蒸しタオル』を使用したり『沸かしたお湯』の水蒸気を顔に当てるなど、様々な方法があります。自分のやりやすい方法で構いませんので、洗顔前にしっかり毛穴を開かせるようにしましょう。

  • ●毛穴の中の酸化した皮脂、メイクの油分を落とす
    ●過剰な皮脂を抑える
    ●大量の合成界面活性剤に頼らない
    ●うるおいは残す
    これらの条件を満たす洗顔料を選ぶといいでしょう。
    出典 :黒ずみ-毛穴をきれいにする洗顔
     

    洗顔料のチョイスも大切な事前準備の一つです。よく吟味して、自分の肌にあうものをみつけましょう。

  • 【実践】正しい洗顔で毛穴の汚れを落としきる!!

  • まず、ぬるま湯で顔を4~5回素洗い、毛穴を開かせて汚れを落としやすくします。ここで注意することはお湯の温度。皮脂は大体34度程度で溶け出してしまいます。ということは、34度より高い温度ですすぎつづけると、お肌から皮脂が流れ出てしまいます。そうなると、乾燥やつっぱり感の原因となってしまいます。
    出典 :美肌ラボ・ニイザト/正しい洗顔方法
     

    すすぎは『ぬるま湯』がベスト。熱すぎず、冷たすぎずが肌に一番良いのです。

  • 洗顔料を手に取り、モコモコになるまでを泡立てましょう。 洗顔料の泡がきめ細かいほど、お肌のすみずみまできれいに洗うことができるからです。どんなタイプの洗顔料であれ、泡立てないことには、汚れを落とす力を発揮できません。よく泡立っているかどうかの一つの目安は、お肌にのせたときに指と肌の間に泡が きちんと感じられること。
    出典 :美肌ラボ・ニイザト/正しい洗顔方法
  •  

    手だけできめ細かい泡をつくることも可能ですが、かなり大変です。洗顔用の泡立てネット等を使用すると比較的楽に理想的な泡が作れます。

  • お肌の中心から外側に向けて、円を描くように洗います。 力を入れすぎず、丁寧に目のまわりや唇、髪の毛のはえぎわも忘れずに、やさしく洗います。この時、泡でマッサージするような感覚で行うのがポイントです。 何秒間で洗うという目安はありませんが、長く泡をつけていると洗いすぎになりますから10秒以内ぐらいで良いと思います。
    出典 :美肌ラボ・ニイザト/正しい洗顔方法
     

    皮脂の多い眉間や鼻の頭は、最初に泡をつけておき、脂が浮き出してから洗うようにしましょう。

  • 【プロがやっているすすぎ方】
    ①ぬるま湯で洗う(33度前後の温度)
    ②手にお湯をためる
    ③そのお湯で30回すすぐ
    出典 :顔のすすぎが肌の分かれ目!洗顔後の丁寧なすすぎ方とは? | 福山雅治に学ぶメンズ美容
     

    最後は『すすぎ』です。洗顔前の事前準備のすすぎ同様、洗顔後の『すすぎ』も非常に重要。洗顔料が皮膚に残らないよう、丁寧にしっかりすすぎましょう。

  • いかがでしたか?
    ちょっとひと手間加えることで、洗顔効果が驚くほど変わってきますよ!正しい洗顔で毛穴レスの綺麗なたまご肌を目指しましょう!