これで迷わない!コントロールカラーの選び方

コントロールカラーの選び方を知っていますか?大人の女性ほどコントロールカラーを使用する頻度が高くなりますが、今はBBクリームなどこれ1つだけで済ませている人も多いのでは?と思います。けど、本当はコントロールカラーは大切。上手に使ってクリアで透明感のある肌にみせるには欠かせない物なのです。

view54

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コントロールカラーって何?

  • コントロールカラー

     

    コントロールカラーを知っていますか?
    何やら肌の色とは関係のない緑や紫、ブルーなどの色も揃っていて、これを顔に塗ると顔の色がおかしくなるのでは?と思う人もいるかと思いますが、これらを使って顔の色味を調節するのがコントロールカラーなのです。

  • 『コントロールカラー』って、『化粧下地』のことなんですよね・・。
    出典 :コントロールカラーとは?化粧下地との違い - ベースメイクのコツ!ファンデーションの塗り方・選び方
     

    化粧下地は色の付いていない物がありますが、コントロールカラーはいろんな色がついていて、それを塗ることで顔の色を明るくみせたりくすみをなくしたりする物なのです。

  • どうやって使うの?【コントロールカラーの選び方】

  • 化粧下地と同じようにノーメイクの時に地肌に塗ります。ただし化粧下地は顔全体に塗っていましたがコントロールカラーは顔の気になるところだけに塗ります。

  • オレンジのコントロールカラー

     

    オレンジのコントロールカラーは目の下のクマに有効。
    黒ずみを目立たなくしてくれるそうです。

  • 1.あずき大くらいのコントロールカラーを利き手ではない方の手のひらにしぼる
    2.そこから利き手の指の腹にコントロールカラーを取ってTゾーン、頬骨の上、顎の下にのせる
    3.頬、アゴ、鼻、額、目の周りの順番で塗っていく
    出典 :メイク上級者になれるコントロールカラーの使い方 | 美肌マニアの美容情報
     

    Tゾーンや目、基地の周辺に塗るときは崩れを防ぐために薄付きにしましょう。
    コンシーラーのように肌を指の腹でトントンと叩きながらつけましょう。

  • 肌色を調節してくれるコントロールカラーですが、何色も重ね塗りするのは厳禁。重ねづけすると逆に化粧崩れが起きやすくなるんです。また、いろんな色見を乗せたからってキレイになるわけではありません。適材適所、正しいやりかたで、正しい量をつけるようにしましょう。

  • 色の種類【コントロールカラーの選び方】

  • 沢山のコントロールカラー

     

    濃いシミなどを目立たなくするならやっぱりコンシーラーがベストですがコントロールカラーはコンシーラーの代わりにも使えます。もちろんベースメイクの化粧下地にもOKです。

  • グリーン系
    肌の赤みをおさえる

    イエロー系
    肌のくすみをおさえる

    ブルー、パープル系
    肌に透明感を与える

    ピンク系
    顔色がさえない時、肌に血色を与える

    オレンジ系
    目の下のクマを目立たなくする
    出典 :メイク上級者になれるコントロールカラーの使い方 | 美肌マニアの美容情報
     

    【補足】
    イエロー系は、日焼けした肌にもオススメですが、もともと肌が黄色い人がつけるともっとくすんでしまうので、その場合コントロールカラーを使うのではなく、パープル系で肌に透明感を出してあげるか、もしくはくすみ補正のあるBBクリームなどで補った方がいい場合もあります。
    ピンク系は肌に血色をもたらしてくれるので、色白の人や顔色が優れないときに使うと肌がイキイキした感じになります。使いすぎると変な赤ら顔になってしまうので注意が必要です。
    グリーン系はつけすぎると顔色が悪くなってしまうので、顔の赤い部分にだけ乗せることが大切です。
    オレンジ系は皮膚の黒ずみに有効ですが厚く塗ると化粧崩れが目立つので気をつけましょう。

  • なるほど、自分の顔のタイプに合わせて何本か用意し、その気になる箇所だけに塗るのですね。
    例えば、クマとほおのくすみが気になる場合は、クマの部分にオレンジ色を乗せ、ほおの部分のくすみにはイエロー系の色味を乗せればいいのですね。
    他に、くすみと顔に透明感がない場合、パールとイエローを同時に塗るのではなく、パープルで肌の透明感を補い、黄色みの強いファンデーションをつけることで全体のくすみをカバーする方法もあります。
    様は色と色の組み合わせ方です。

  • パール&ホワイトのコントロールカラー

     

    パールのコントロールカラーもあるんですね。どういうときに使うのかというと、パーティーシーンなどの華やかな場所に最適です。肌を艶やかに、華やかにみせてくれます。
    使い方は、ほおの高いところにパールを乗せるだけ。これだけで素肌がツヤ肌になるそうです。まちがっても顔全体には塗らないように。ギラギラしてしまいますから(笑)上品にサラッとつけるのがいいようです。